東京テアトルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東京テアトル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 9件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.2 29.7 51.4
平均給与(万円/年) 408.0 440.2 48.3
有給休暇消化率 37.8 50.1 46.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東京テアトルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事があれば残業や休日出勤をしなければならない雰囲気でした。

voice

管理部門は比較的休みが取りやすく、残業はほとんどありませんが、風俗部門や建設部門は残業ばかり。

voice

忙しいときは休日出勤もありますが、仕事のスケジュールを調整すれば連休も取れます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

サービス業なので、有給休暇は比較的取りにくいですが、休日出勤が先ということはありません。

voice

有給休暇の取得を促すために、年初に全社員に年次有給休暇計画(法定通り5日間)を設定し、人事部に提出しており、意識が高まっていると思います。

voice

管理部門の方が取りやすい傾向にありますが、営業職の方はタイミングが難しいかもしれません。

voice

有給休暇の取得率は部署によって異なりますが、忙しい部署でも、本人の意思があれば取得できないことはありません。

voice

息抜きが必要な人には向かないかもしれませんが、自分のアイデアを活かせる場所です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東京テアトルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料は他の仕事に比べて低いようです。

voice

業績に関わらず、一定の給与が保証されています。

voice

でも、給料がそんなに安いとは聞いたことがないので、そちらの方がいいのかもしれませんね。

voice

年に一度の人事考課がありますが、給与が緩やかに上がることはありません。

voice

自分の能力を評価してくれる会社です。辛くて諦めかけていた時に、先輩方が親身になって相談に乗ってくれたり、不動産部門が新設されたこともあり、本当に貴重な経験ができましたし、給料もしっかりと評価され、残業もありましたが、それだけの価値は十分にありました。人付き合いが好きで、仕事が終わった後はよく飲みに行っていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。