オービックオフィスオートメーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに オービックオフィスオートメーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 43.5 29.7 44.5
平均給与(万円/年) 381.7 440.2 46.9
有給休暇消化率 12.7 50.1 39.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日はお休みが取れます。

voice

男性の場合は、営業職は土日休みにする権利があります。

voice

有給休暇が取りにくい(取れる雰囲気がない)。

voice

営業職は有給休暇を取得することはほとんどありません。

voice

営業の場合は、有給休暇を積み立てて退職時に消化するようなものでした。

voice

管理部門であれば、定時に帰宅して有給休暇を取得することは比較的容易です。

voice

特別な事情がない限り、取得している人を見たことがありません。

voice

有給休暇は申請すれば取得できますが、毎日の帰宅時間と合わせて職場の雰囲気や、周囲に合わせるために控えていた方も多かったと思います。

voice

営業マンは通常、直行直帰で有給休暇を取得していましたが、目標を達成できなければ、この直行直帰も会社からちょっとした突っ込みを受けることになっていました。

voice

外回りは自己管理が行き届いているので、プライベートでやらなければならない雑務(銀行振り込みなど)は、営業時間内であれば問題なくこなすことができます。

voice

残業代は全く出ないので、見積書作成などの内勤業務をうまく消化できるスキルがないと、60時間以上/月の残業になってしまうこともあります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。オービックオフィスオートメーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

平日も残業はありますが、19時頃には退社できます。

voice

営業マンの残業は20時から21時までが一般的なので、早すぎても遅すぎても困ることはありません。

voice

成績優秀な営業マンであれば、残業はほとんどありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。オービックオフィスオートメーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給はほとんど上がらない構造になっているようです。

voice

新卒の男爵からボーナスをもらい、基本給が低く抑えられていたにもかかわらず、それなりのボーナスをもらっていた。

voice

当時は、残業してもしなくても、残業が当たり前のように行われていたので、給料は同じでした。

voice

半年ごとに営業成績に応じて基本給が見直される制度ですが、結婚して子供ができた時までに給料がもらえるというのは、よほどレベルの高い営業マンでない限り厳しいと思います。

voice

役職がなければ、ボーナスもほとんど上がらず、正当に評価されているとは思えませんでした。

voice

給与は基本給+営業手当+住宅補助とかなり良かったです。

voice

先輩から聞いた話では、会社の業績が悪ければ、どんなに利益が出ていてもボーナスが大幅に減額されるとのことでした。

voice

私たち一般社員には、どのような評価方法で給与が決定されているのか、よくわからないことが多いように感じます。

voice

ボーナスの支給方法も、ほとんどが営業成績に基づいています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

オービックの冠をかぶっていますが、全く別物で、昔ながらの体育会系な営業中心の構造です。

voice

良くも悪くも、体育会系の厳しい社風なので、3年も続ければ、ほとんどの業界に入る忍耐力はあると思います。

voice

親会社が大きく、社内体制が整っているように見えるが、実は昔からある体育会系の会社(取引先の担当者も強く同意するほど)。

voice

営業スタイルは全くの新規参入なので、メンタリティが重要です。

voice

親会社の製品や会社の規模、取り扱っている製品を見ていると、業務や仕事の流れがシステム化されていて合理化されていると思っていたのですが、実際は昔ながらの体育会系ダイブです。

voice

経営者のほとんどが関西出身で、体育会系の営業マンがほとんどなので、関西で働いたことがない人には意外かもしれません。

voice

ガッツがあれば、やってみるのも一つですが、体を壊す可能性もあります。

voice

かなり体育会系の会社なので、自信がなければ福利厚生は期待しない方がいいでしょう。

voice

営業にはノルマというよりも目標があり、毎年上がっていく仕組みになっています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司を信用できなくなったので、どんなに成績が良くても自分の成績が正当に評価されているのか疑問に思い、退職することにしました。上司を信用できなくなったので、退職することにしました。

voice

わずか3年でやめてしまったため、退職金は支給されなかったが、有給休暇を使っていなかったため、半分しか支給されなかった。

voice

同社の主要幹部は大阪出身者が多く、関東の有望な営業マンが将来を悲観して若くして辞めていくケースが続出している。

voice

美味しいお客さんをうまく掴んだ運のいい営業マンにとっては居心地のいい会社だったりもしますが、手法はいいけど結果が出ない人は最短半年で辞めざるを得ないような雰囲気を醸し出しているちょっと怖い会社だったりもします...たぶん。

voice

長期的に安定して目標を達成できなければ、退職は避けられません。

voice

親会社が東証一部上場企業ということもあり、色々な意味で硬直的で融通が利かない状況になっており、社員の考え方が上場企業の社員と十分に一致していないと感じ、働き方への違和感が大きくなっていたことも退職を決意した理由の一つでした。

voice

定年まで働くことが難しいと感じて辞めてしまう人も多く、離職率が非常に高い会社だと思います。

voice

親会社も含めて、組合を作ろうとした社員はことごとくクビにされていると聞いたことがあります。

voice

下位グループは目標達成率の15~40%程度で、毎年数名の社員が離職しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。