ビジネスコンサルタントのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ビジネスコンサルタント について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 29件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 51.5 29.7 41.3
平均給与(万円/年) 496.6 440.2 53.0
有給休暇消化率 31.6 50.1 44.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ビジネスコンサルタントの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事はかなりハードで、残業を含めると80~100時間程度の仕事がありました。

voice

土日祝日も仕事があり、平日は朝早くから夜遅くまでやっています。

voice

最近は監査などで本社の残業が厳しくなっていると聞いたことがあります。

voice

みなし労働時間制を採用しているため、残業代は発生しません。

voice

長時間労働が当たり前になっているので、転職は「楽」に感じます。

voice

基地長にもよりますが、当時私が働いていたところは、21連勤を含む無限の残業がありました。

voice

コスト意識が高く、長時間の残業を避ける傾向にあります。

voice

子育てをしながら仕事をするのは、残業が多くて大変だと思います。

voice

残業代はなく、長時間労働が当たり前で、労働生産性はパートタイム労働者よりも低い。

voice

目標達成のためには夜遅くまで仕事をすることが当たり前になっていたり、自分を律しながら他人に厳しくフィードバックすることが求められています。

voice

基本的には労働集約型の事業であるため、長時間労働ができない社員は不要と判断した。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

最近では事前に申請しないと残業できないほど、外部環境に適応しようとしているようです。

voice

残業代が出ない(正確には申請すれば出ますが、申請するのは難しい)のに、残業が多すぎる。

voice

有給休暇や休暇を取得している営業マンはほとんどいません。

voice

どうやら応募すると、営業部長から「今何をしているのか」という鬼のような電話がかかってくるらしい。

voice

長期休暇制度や金属の年数に応じた報奨旅行などがありますので、繁忙期や休みのコントロールができる方には向いている会社だと思います。

voice

入社前は「残業代は全額支給」と言われていましたが、実際に営業所に配属されてみると、誰も申請していませんでした。

voice

時間的な観点から、プライベートの時間を重視したい場合は、労働時間が長くなりがちで有給休暇が取りづらくなるため、あまり向いていないかもしれません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ビジネスコンサルタントの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年収が低ければ低いほど、採用される会社が大きくなり、採用される会社の数も多くなり、自然と給料も高くなっていきます。

voice

固定給の見直し、業績給の見直し、下げた給料から強制的に会社の株を買わされるなど、とても人材育成を売りにしている会社とは思えませんでした。

voice

当時の給料は、新卒で残業代を含めて月30万円以上、住宅手当5万円でした。

voice

業績が高ければ高いほどインセンティブがあり、業界を問わず勤続年数に応じて昇給もあります。

voice

ボーナスは非常に安く、大手に比べて恥ずかしいです。

voice

営業では、ボーナスは会社の業績に連動しているので、ほとんど存在しないと考えていいでしょう。

voice

ボーナスは売上の結果にも左右され、やればやるほど高くなる。

voice

自分でお客さんを作って売らないと、基本給以外はもらえないし、出世の余地もない。

voice

営業部長になれば給料はかなり上がりますが、一般職ではかなりの営業成績を残していても500万くらいです。

voice

非常にわかりやすい給料の評価制度です。

voice

営業時代は、場所によって給料が異なります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ビジネスコンサルタントはどうでしょうか。

voice

当社は研修会社なので、お客様には「コンプライアンス」「プロセス営業」と言っていましたが、左右で違いすぎる完全な「ブラック企業」になってしまった会社でした。

voice

営業から帰宅すると、18時から20時までの2時間、その日の報告書に書かれているOJT担当者へのパワハラ的な発言で心がボロボロになる。

voice

自殺願望のあるマゾヒストか、時給300円で我慢できる人以外にはお勧めしない。

voice

育児のために定時で帰宅できる雰囲気ができていると思います。

voice

ライフワークバランスがうまくとれていれば、面白い会社だと思います。

voice

若くして成長したい人向けの会社ですが、定時で帰りたい人向けではありません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ビジネスコンサルタントではどのような現状でしょうか

voice

同僚も後輩もノイローゼになっている社員が数名いました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラなどの事件があったと聞いたことがありますが、それが明るみに出なかったのは、会社の倫理観が著しく低かったからだと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

超体育会系の社風ですが、女性もたくさん働いていました。

voice

体育会系で、かなりの成果主義ですが、営業マンとしてのトレーニングになりますし、営業マンとしてのやりがいを感じることができます。

voice

ここの会社は本当に変だし、毎日12時までの残業が当たり前だし、団体の体育会系は全般的に変だし、新入生が飲み代を全部払わないといけないシステムが、本当に多くの人を辞めさせていると思う。

voice

体育会系なので、礼儀作法にはとても厳しい。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由は、職場環境が大変だったから。

voice

極めて経済的な企業体であることに嫌気がさし、退職を決意しました。

voice

私が退職を決意したのは、営業主導の社風でした。

voice

私は退職して独立しましたが、この会社での経験は今でもとても役立っています。

voice

定年後は消化できないと思っておいた方がいいですよ。

voice

それ以外にも、残業が当たり前になっていて、毎年何十人も採用しているのに、同じ金額で何十人も辞めてしまうという異常な離職率をどうにかしないといけないと思います。

voice

全体的には良い会社だったのですが、若いうちにもっとベンチャー企業でチャレンジしてみたいと思い、退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。