ウシオライティングのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ウシオライティング について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.8 29.7 50.4
平均給与(万円/年) 500.0 440.2 53.2
有給休暇消化率 62.5 50.1 53.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ウシオライティングの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業を減らすように言われて、実際よりも早くタイムカードを切っていた人もいたと思います。

voice

労働時間もマスコミなどの残業時間より少ない。

voice

残業・休日出勤した分はきちんと支給されます。

voice

残業や休日出勤は、部署や役職にもよりますが、ほとんどありませんでした。

voice

私の部署は残業や休日出勤はありませんでしたが、部署によっては多いと思います。

voice

残業しても給料がもらえるので、忙しい職業でも利益があると思います。

voice

基本的には週休二日制で、当時は休日出勤などということはほとんどなかったようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

残業は部署によっては有給休暇が取りにくい雰囲気で、自分には向いていないと実感しました。

voice

不満があるとすれば、G.W.や年末年始の休みが他社に比べて少ないことかな。

voice

福利厚生がしっかりしていて、各種手当も充実していて、産休や有給休暇も取りやすかったです。

voice

有給休暇もあまり使わない人がまだ社員になっていないので、明らかに好きなのかな?

voice

一番良かったのは、休みが充実していたことです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ウシオライティングの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与は経験の少ない若手と大差ないし、ボーナスも最初の10年は同じなので、モチベーションを上げるのが難しい。

voice

残業はほとんどなく、住宅手当などもありませんので、高収入は期待できません。

voice

給料に関しては、良くも悪くもないと思います。

voice

非管理職の場合は約3ヶ月(夏・冬各1.5ヶ月)で、メーカーの技術力・開発力が不足しているにも関わらず、営業・販売実績をボーナスに反映させるようにしています。

voice

改善してほしい点まず、ボーナスを増やしてほしい。

voice

仕事の量や求められるスキルが高度で、給料に見合わないと感じました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ウシオライティングはどうでしょうか。

voice

私の部署では、ほぼ毎日定時で帰宅することができました。

voice

人が帰らないから帰れない、水曜日が定時なのにその前後の負担が大きい、という悪循環。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職にあたっては、退職に至った経緯への対応が甘く、多くの退職者を出している。

voice

出産・育児・介護に関しては、当時は出産・育児に入る女性社員はほとんどいなかったと記憶していますが、親の介護を退職理由に挙げている人はごくわずかでした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。