インテージのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに インテージ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 31件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.1 29.7 49.4
平均給与(万円/年) 562.5 440.2 56.5
有給休暇消化率 50.5 50.1 50.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。インテージの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

今と昔では大きな差があったと思いますが、仕事量が多くて残業時間が100時間を超える人もいました。

voice

マーケティングリサーチ業界は残業が多い傾向にありますが、大量の仕事をこなすために長時間労働をするよりも、効率性が高く、残業をしない方が楽になってきていると思います。

voice

労働条件は厳しいですが、残業代は希望時間に対して全額支給されるので、待遇面では問題ありません。

voice

繁忙期には終電で帰宅したり、休日出勤があったりと、毎日のように残業が多い。

voice

休みがちですが、顧客の要望に応じて過剰な残業が発生し、なんとか帳簿をつけています。

voice

仕事量がそれほど多くない部署や、自分の裁量で仕事をコントロールできる部署では、ワークライフバランスに満足している人もいるようですが、仕事量が多い部署では深夜残業が当たり前のため、帰宅して寝てしまうこともありますし、土日祝日も体調を崩さないように寝てしまうこともあります...。

voice

このままこの業界にいても、他の業界で通用するスキルは身につかないのではないかと考えるようになりました。また、比較的残業が多いのが常態化していたので、もう少し余裕のある会社に行ってじっくり考えたいと思っていました。

voice

仕事量の多い部署では、毎日最後まで仕事をしているチームもあれば、休日も仕事を続けているチームもあり、体調を崩す人(休職。休職・退職)で体調を崩す人も多いと思います。

voice

残業代は請求しなければならず、会社は22時には電気を消すなど早く帰るように促していますが、22時を過ぎてしまうと真っ暗闇の中で働かなければならず(目に悪い)、残業の請求が認められるかどうかは上司の判断にかかっています。

voice

その代わり、男女関係なく、かなりの残業をしているふりをすることができます。

voice

長時間の残業や休日出勤が日常化し、ワークライフバランスも悪く、精神疾患を理由に退職する社員も少なくありませんでした。

voice

もともと残業が多い会社ですが、残業を減らしたり、プライベートの時間を充実させることで、モチベーションを高め、結果的に効率化を図ることで、人件費の削減を図っています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

リフレッシュ休暇という長期休暇制度があり、会社全体で年に1日は休むことを奨励(半強制)されていました。

voice

休暇を取るのが難しいとは全く感じませんでした。

voice

年に1回、最低1週間の休暇取得が義務付けられています。

voice

4日間の連続休暇取得を推奨するなど、休暇や有給休暇の取得を奨励しようとする会社の姿勢を感じました。

voice

有給休暇を取りたくても、あまりできないかもしれないこと。

voice

年に一度、5回の長期休暇を取得することが奨励されており、定期的に何人が取得しているかの統計が公表されているので、取得しやすい環境です。

voice

有給休暇は支障なく取得できました。

voice

配属された部署にもよりますが、基本的には気兼ねなく自由に休むことができます。

voice

残業を申請しなければならないというプレッシャーがあり、暗黙のうちにサービス残業を強いられている。

voice

全体的に仕事は大変ですが、休暇制度が有給休暇の取得を奨励しており、労働時間、残業チェックともに厳しくなってきているため、全体的に労働時間は減っていると思います。

voice

有給休暇が取りづらく、休暇中もパソコンを持ち歩く社員が多い。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。インテージの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業代はさておき、ママでも給料は全く変わりません。

voice

正社員の年収は、基本給+残業代+住宅手当などで構成されています。年俸は、残業の有無によって異なります。

voice

⇒給与やボーナスは高くはなかったが、福利厚生は良かった。

voice

その多くはボーナスによるもので、会社の業績によっては、業績が良くても給料水準がどんどん下がっていきます。

voice

年に2回は最低でも10日は休みを取っていますし、お給料も十分なので、私生活ではお金の心配はありません。

voice

若手社員の給料は良いが、中堅社員の給料の伸び率が悪く、良い中堅社員が転職してしまうことがよくあります。

voice

労働時間は自己申告制ですが、会社は労働時間に対して適正な賃金を支払おうとしており、残業をしていると上司から「きちんとつけなさい」と注意されるほどです。

voice

年月が経ち、経験を積んでくると、接客部門(希望すれば)から社内の調整部門やインフラ整備部門に異動してくる人も多く、責任が軽く、仕事が少なく、給料が高いという贅沢を味わうことができます。

voice

(北海道は東京より低く、燃料代がない)。

voice

比較的評価が甘く、手を抜いて仕事をしてもそれなりの給料がもらえるので、できる人に仕事が集まりやすい。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

生涯賃金の観点から見ると、退職金の水準は明らかにワンランク低いので、このあたりを理解した上で入社した方が無難です。

voice

すでに退職しているので今はわかりませんが、役員のマネジメント能力が高いとは言えません。

voice

自分の部署の部長が変わった時も、辞めようと決めていました。

voice

キャリアの全てに満足していましたが、家庭の事情で帰省を余儀なくされた時は、涙をこらえて帰ってしまいました。

voice

上司の言いなりにならない人は辞職に追い込まれる。

voice

モチベーションが維持できず、今後のキャリアの方向性が定まらなかったため、退職を考えた。

voice

これまでも、勤続年数の長い高年齢者については、通常の退職金に加えて、かなり多額の退職金が上乗せされていました。

voice

今後の気力と体力がないと感じたため、退職しました。

voice

若年層や中堅層の退職者が増えていると聞いています。

voice

人間関係も良く、「人」の問題も全くなく、退職者も少なく、本当に良い会社だと思います。

voice

人との関わりが少なく、仕事にやりがいを感じなくなったため退職しました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。インテージはどうでしょうか。

voice

会社だけでなく、同僚や上司との助け合いの精神で個人的な状況を把握しやすく、ワークライフバランスが取りやすかったです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

芯の通った良い人たちで、威圧的な上司や先輩との人間関係で苦労しているという話は聞いたことがありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

仕事量が多く、精度が要求されるデータを扱わなければならないため、責任の重さと仕事量の多さから精神的に病んでしまう人が多い印象を受けました。

voice

性別による分類がなく、部署にもよるが体育会系の方が多い場合もあるので、「男並み」であることが求められる仕事であることの改善があれば良いと思います。

voice

社員と管理職の役割分担はあるが、メーカーほど上下関係は厳しくない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。