ヒューマンシステムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ヒューマンシステム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.2 29.7 47.0
平均給与(万円/年) 357.7 440.2 45.6
有給休暇消化率 45.5 50.1 48.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ヒューマンシステムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

本社では残業が多く、ワークライフバランスが実践されているとは感じません。

voice

開発ベンダーなので、各業務のスケジュールがタイトなことが多く、休日出勤も珍しくありません(残業代は定期的に支給されます。

voice

経験不足を残業や休日出勤で補うことが多く、質はかなり低かった。

voice

徹夜や部署全体が辞めるなど、改善のきっかけがあったにもかかわらず、特に私が辞めるまでは変わっていませんでした。

voice

残業が多ければ多いほど、時間が少なくて済むので、お金が貯まります。

voice

残業や休日出勤が比較的多いプロジェクトに配属される傾向があったので(おそらくプロジェクトを効率的に運営できるマネジメント能力を持った人がいなかったからだと思います)、有給休暇や定時帰宅は期待しない方がいいでしょう。

voice

残業が当たり前の会社なので、残業が気にならない方、時間がなくてもお金が欲しい方にはピッタリです。

voice

残業時間はプロジェクトによって異なります。

voice

モチベーションが上がらない社員もいるので仕方がないのですが、技術力があればあるほど仕事量が増え、残業も多くなります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

子供の体調不良や行事などで休みが取りやすい職場だと思います。

voice

有給休暇も自分の裁量で取れる時は自由に取れました。

voice

休みがちな人やミスを繰り返す人でも、上司と仲良くしていれば評価が下がることはないという印象を受けました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ヒューマンシステムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスはそれほど高くはありませんが、納得のいく金額が支払われていたと思います。

voice

年俸制というのは、年俸を17とか14とかで割って、残りは保証されたボーナスというのが一般的だと思うのですが、この会社の場合はボーナスが変動する(評価によって変動する)ので、全く保証はありません。

voice

私の場合は、基本給も年々少しずつ上がっていました。

voice

元々の基本給が少ないので、残業代は時間単位で計算するとアルバイトと同じになります。

voice

給料に関しては、ボーナスや昇給もきちんとしていて、良い会社だと思います。

voice

昇給で等級が上がったとしても、大幅な昇給はありません。

voice

資格手当は、一時金に加えて毎月の給与に反映されます。

voice

本来、残業時間のベースには一律賃金(都市手当、役職手当など)が含まれているはずなのですが、そうではないので、労務面からすると...どうなんでしょうか?

voice

業績が悪くてもボーナスはそれなりにありましたし、中小企業にしては月々のベースは良かったと思います。

voice

多くの仕事をしてもすぐに給料に反映されることはまずありません。

voice

旅行の積立金として毎月2,000円が給料から引かれているので、タダでは行けません。

voice

同じ学年でも学歴によって給与は異なります。

voice

住宅手当や地域手当があり、ベースが高い。

voice

月給制では、残業代のほかにインセンティブや特定資格(IT関連国家資格)取得者には資格手当が支給されます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ヒューマンシステムはどうでしょうか。

voice

内勤の方は終電に乗る方が多く、外勤の方は定時で帰る方が多い印象です。

voice

社員のことを真剣に考えていた時期もありましたが、労働時間も過酷で、家に帰って寝るだけということも多々ありました。

voice

当初は長時間の残業が当たり前でしたが、世間の流れに合わせて、今ではほとんどの社員が定時から1時間程度で退社するようになっています。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ヒューマンシステムではどのような現状でしょうか

voice

育児休暇や産休も取得しやすく、復職後の待遇にも違いはないようでした。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

社長の説教は怖いし、謎の理由で大声で説教が始まることもあるので、そういうのが苦手な人にはお勧めできません。

voice

大手IT系ゼネコンの下請けとしてしばらく社外常駐で働いていましたが、プロジェクトに入ってからは、平日は終電まで残業、土日出勤が続くなど、すでに死に体の状態でしたが、リーダーがうつ病で退職し、自社のプロジェクトマネージャーが責任を放棄したことで、ジワジワと押し下げられているような感じでした。会社は何もしてくれず、ずっと理不尽な働き方をしていました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

小さな会社でしたし、上司が感情的になっていたので、それも理由の一つでした。

voice

過去の管理職の多くが退職した結果、必然的に下の人間が管理職になってしまったのですが、これは非常に幼稚なことです。

voice

重鎮クラスのメンバー(創業メンバー)が社長と対立して脱退するケースが増えている。

voice

女性の多くは、体力が尽きたと感じたときに、3年ほどで退職します。

voice

人格重視の採用が多かったため、エンジニアの育成に時間がかかることが多かったが、スキルを身につけたエンジニアが早々に離職してしまい、チームとしてのレベルアップが難しい。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

他のステージの下請けが多い業界で、一次請けができるのは力の表れです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。