ルイ・ヴィトンジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ルイ・ヴィトンジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 24件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 16.1 29.7 55.4
平均給与(万円/年) 472.2 440.2 51.7
有給休暇消化率 53.0 50.1 50.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ルイ・ヴィトンジャパンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ルイ・ヴィトンジャパンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ルイ・ヴィトンジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

昼休みや休憩時間もしっかりと取ることができ、残業も上司や会社がきちんと対応してくれました。

voice

世界No.1ブランド、7時間労働で残業少なめ。

voice

残業はほとんどなく、自主的に残業したい場合は申請しなければなりませんでした。

voice

早番・遅番、残業、平日休みなど、家庭と仕事の両立が大変でした。

voice

毎月の棚卸しはもちろんのこと、付帯業務の残業代も当日に申告すればもらえました。

voice

もちろん、接客で仕事が延びることもありましたが、残業せずに定時に起きていたので、仕事終わりに予定を入れることができました。

voice

残業や休日出勤が多い人はあまり評価されず、非効率的な働き方をしている人というネガティブなイメージを持たれていたと思います。

voice

営業業界の大手なので、有給休暇もなく、サービス残業もほとんどなく、営業に集中できる体制が整っています。

voice

接客業のため、土日やクリスマスなどの繁忙期には残業が当たり前になります。

voice

そうでない人でもサービス残業が多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

クリスマス前の繁忙期は混雑しますが、それ以外の時期は有給休暇を取得することができます(事前に申請して承認されれば)。

voice

店舗にもよるが、全体的には有給休暇が取りやすく、プライベートも充実していた。

voice

基本的にはチームで仕事をしているので、周りに迷惑をかけるような休憩を取らないように、普段から体調を整えている人が多かったです。

voice

有給休暇が年に2回取れるので、海外に行く人も多いです。

voice

店舗勤務はシフト制のため、例外(慶事・病気等)を除き、急な休暇取得は困難です。

voice

連休もあり、年2回の海外旅行を楽しんでいる社員もいます。

voice

年に一度は必ず長期休暇と短期休暇が取れるので、一年全体で見ればワークライフバランスは比較的良いと思いました。

voice

他社と比べても遜色ない社風や待遇に特に不満はなかったのですが、土日祝日の休みがほとんどないこと、年末年始の連休がないこと、立ち仕事で足腰が悪くなったことなどから転職を考えました。

voice

土日祝日の休みが取りづらいため、家族の協力がないと子育てとの両立が難しい。

voice

毎日何十人もの人が店舗で働いているので、一人の欠勤をカバーしやすく、休みが取りづらいということはないと思います。

voice

シフト制なので急な休みは取りづらく、辞めていく人もいるので、育児に良い会社かどうかは一概には言えません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ルイ・ヴィトンジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与・ボーナスは大企業の割にはしっかりしていました。

voice

転勤はありますが、福利厚生はありませんし、そもそも幹部職だけあって給料が非常に高いので、平均年収で300万台のところがほとんどです。

voice

仕事を辞めてからもアンケートをお願いしていましたが、給料もそれなりに良かったです。

voice

どうやら人によって給料は全く違うようで、職場で給料の話をしてはいけないようです。

voice

優秀な人材の流出を防ぐために、ボーナスが良いので、年収は控えめですが、基本給がガタガタと上がることはありません。

voice

昇給もあまり良くないし、経営者の3割くらいは最初の2~3年で辞めてしまったので、長く働ける環境ではないと思います。

voice

ボーナス以外にもインセンティブがあった時期もあり、自分の成績が給料などに反映されることでモチベーションが上がりました。

voice

インセンティブのような年に一度の評価はありましたが、ボーナス額よりも少なく、良い意味で頑張りすぎなくても結果に関係なく年収は安定していました。

voice

自分の評価がきちんと数字や実績に反映され、昇給や特別ボーナス、インセンティブももらえたのが嬉しかったです。

voice

学生時代とはいえ、未経験の私にはそれなりの給料だったと思います。

voice

給料はほとんどの人が平均以上で、ボーナスも平均以上だったのではないでしょうか。

voice

正社員になった時には、ボーナスなどの手当がありました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

ハラスメントのようなものがあり、女性社会ではしっかりと振る舞えるようにならないと続かない。

voice

女性が多い環境なので、人間関係のトラブルや年下の子への嫌がらせが陰湿になることがあります。

voice

いい人なら評価してくれるけど、意地悪な女上司だといじめられる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

帰国子女が多いせいか、日本の上下関係や体育会系とのコミュニケーションが苦手な傾向があり、経験が浅くても上司や先輩よりはできることが多いので、そういう意味では衝突があったり、評価されなかったりすることが多いですね。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社にいた頃は上が詰まっていて、実績があってもなかなか上に行けなかったので辞めました。

voice

人事部や上司に気に入られなければ、黙って退職させられる人が続出していました。

voice

辞めた理由は、学校とアルバイトを両立させていたので、学業に専念するために立ち止まっていたからです。

voice

上司から残業の内訳を細かく聞かれるようになり、将来性に不安を感じて退職しました。

voice

理不尽さを感じて辞職を考えました。

voice

この日を機に、かなりの数のスタッフが退職します。

voice

出産後に退職する人はほとんどいません。

voice

上司や上層部の行動についていけず、退職を考えました。

voice

社長が退職して変わってから人事制度などが変わったと聞いたことがあります。

voice

退職後、同業他社へ転職しましたが、やはりこちらの方が優れていたので、メガフーブランドの力を感じました。

voice

中途入社の方は学校みたいだとおっしゃる方が多いですが、退職した今、社員教育が徹底されていたからこそ、顧客満足度(知識や行動も含めて)の高いパフォーマンスができたのだと感じています。

voice

頑張らないスタッフは降格させられる可能性があります。

voice

アパレルや女性中心の事業で離職率が高く、顧客依存の風潮があるため、「この人以外は買いたくない」という一見合理的に見える引き継ぎがうまくいかず、顧客の離職につながっているようです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。