CBホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに CBホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 5件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.0 29.7 46.3
平均給与(万円/年) 403.0 440.2 48.0
有給休暇消化率 30.0 50.1 44.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。CBホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

基本的には20時までの勤務で、場合によっては22時頃まで残業することもあります。

voice

残業の多さと過酷な仕事の割には、給料は少ない。

voice

以前は早帰り日(残業なし)が設定されていましたが、現在は廃止されています。

voice

(当時は残業や休日出勤が当たり前だった)。

voice

職種によっては毎日残業している印象があるので、選ぶ職種にもよるようです。

voice

残業や土日もありましたが、自分の柔軟性をうまく調整して働けたので、あまりストレスを感じなかったと思います。

voice

残業申請をして、またパソコンを入れて残業しなければならない雰囲気でした。

voice

終電まで残業したことはありますが、年に一度しかなく、定時で帰ることもありましたが、仕事の進み具合によっては週に何度か残業することがほとんどでした。

voice

時短勤務の社員は、役職が決まっていたので残業をしなければならず、他の社員とほぼ同じ時間に帰宅していました。

voice

人事部は「水曜日はノー残業デー」と公言していますが、裏方でなければ関係ありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

最近では、有給休暇の取得を推奨しています。

voice

全体の有給休暇取得率を見ても、それほど高くはありません。

voice

退職すると、有給休暇が使えないだけでなく、最短で辞めさせられる。

voice

そうすれば、みんな同じ数の休みがあるので、自分だけが休んで気まずい思いをすることはありません。

voice

20時には強制終了と言われましたが、申請すれば22時まで使えるとのこと。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。CBホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは査定にもよりますが、平均して1~2ヶ月程度で、それほど多くはなかったと思います。

voice

給料をもらうこと以外に働く動機がなかった。

voice

ボーナスは給料の3ヶ月分と聞いていたのですが、業績によってなかったり少なかったりと大きく変動し、ローンを組めなくなった家庭を持つ男性が定年退職するケースが増えていました。

voice

その年によっては、金銭的なボーナスが出ることもあります。

voice

先輩社員から「2011年度は過去最高の営業成績だったが、ボーナスは最低だった」と言われました。

voice

20代で30代の私よりも給料が高い人がいるので、イライラしながらも。

voice

年を追うごとに相談できる年齢層が減っていき、相談できないことに苦しさを感じていた部分もありました。

voice

給料がモチベーションになるほど、堅実な成果主義ではありませんでした。

voice

仕事内容の割には給料は良かったと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。CBホールディングスはどうでしょうか。

voice

メンタルや電話の数、訪問の数だけ教えてもらっていたので、営業マンとして成長して他社で活躍できるようになるのは大変かもしれません。

voice

みなし残業代が支給されているので、定時で帰宅する雰囲気はありません。

voice

目標達成のためにそれぞれが担当したプロジェクトを順調に進めていれば、定時で帰宅しても何も言われませんでした。

voice

ライフワークバランスは個人の裁量で十分に実現できます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

陰湿な社風、やりがいのない仕事内容、自己中心的な経営者、素人集団、向上心も人気もないトップ。

voice

会社や組織の改善(もっとこうすべき)について意見を言いすぎると、上司や上層部から口うるさく言われ、どんなに正当な仕事をしていても、煙たがられて平社員として放置されがちになり、上層部からの陰湿な組織いじめに遭うことになります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私がいた頃は、上司に怒られることもありました。

voice

つい最近、まだ働いていたスタッフから罵声を浴びせられていた所長が辞任したと聞いたので、そういう意味では環境が良くなっているのかもしれませんね。

voice

木曜日には各チームで一般社員数報告会があり、金曜日にはチームリーダーが部長や役員に報告するのですが、いつも罵声が飛び交っています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ここでの営業経験は、アポイントや根性論ばかりなので、底辺の営業会社でしか働けそうにない。

voice

イエスマンとか洗脳されそうな人が残っていたような気がする。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

新卒者の早期退職が気になるところですが、販売会社としては一定数は仕方ないのかもしれません。

voice

ボーナスの廃止や給料の引き下げを決めたことで、いよいよ会社が潰れると思い退職しました。

voice

私がいた時もそうだったので今はわかりませんが、退職時に有給休暇の残りをほとんど取ってくれないし、辞める人はすぐに辞めろというスタンスです。

voice

問題を指摘しても、退職を余儀なくされるだけです。

voice

今はわかりませんが、当時はあまり良い商品ではなかったので、売るのが嫌で辞めました。

voice

若いうちはいいけど、退職金がないからずっと働く会社ではないという印象。

voice

そのメリットを理由に入社を決めた人、辞めていく人がいたと認識しています。

voice

退職者数の関係で事務所が多いので、退職者の穴埋め要員&玉砕要員が多い。

voice

100人くらいの従業員で、毎年4割が退職しているようです。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

ベンチャーのように思われがちですが、実はバランサーは経営者・管理職レベルで着地しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。