エンバーポイントのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに エンバーポイント について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.8 29.7 51.5
平均給与(万円/年) 583.3 440.2 57.7
有給休暇消化率 55.0 50.1 51.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

エンバーポイントに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、エンバーポイントと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。エンバーポイントの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業も部署によりますが、それほど多くはないと思います。

voice

他の部署では、残業時間が非常に長い部署もあります。

voice

経営陣の多くは、「遅くまで残業して頑張っていることは素晴らしいことだ」「残業が少ないならもっと頑張れる」と考えているので、結果を出していることが前提になっています。

voice

部署や役割にもよりますが、一般的には業務部門、管理部門ともに残業が多いです。

voice

プロジェクトメンバーと徹夜で大規模な開発プロジェクトを完成させた時の達成感と満足感は、他に類を見ないものがあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は取得しやすく、休暇中の社内フォローを調整しておけば、連続して長期休暇を取得することも可能です。

voice

エクスペリアンでは、有給休暇の他に鎌状細胞(病欠手当)がありました。

voice

近年では、会社が付与する休暇の数が大幅に増加し、人事部を中心にワークライフバランスが徐々に改善されてきています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。エンバーポイントの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

入社後の給料はなかなか上がらないので、入社時に交渉した方が良いでしょう。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。エンバーポイントはどうでしょうか。

voice

勤務時間については、基本的には定時退社が可能です。

voice

部署にもよりますが、就業時間外でも定時であれば気兼ねなく退社することができます。

voice

良くも悪くも個人主義なので、しっかり生産していれば、定時で帰っても特別なことは言われません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

逆説的に言えば、評価は政治的要因によって部分的に決定されるため、成果主義的なシステムではない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

将来を見据えて長く働ける会社とは言い難い。

voice

ここ3年ほどの間に優秀な社員が大量に退職している。

voice

夜間や休日の緊急時の対応が多く、私自身も体調を崩してしまったため、退職を決意しました。

voice

退職理由は、減員・減給を実施したことで会社の将来に希望が持てなくなったこと。

voice

ベンチャー企業の宿命でもあるが、成果を上げたメンバーややる気のあるメンバーが早期に上層部に昇格したり、人間として成熟していないメンバーがその管理職の下に置かれ、休職や辞職するケースが多い。

voice

人材の流出も大きく、勤続年数が長い人も多いが、優秀な人が早々に辞めてしまうケースもある。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。