リバース東京のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リバース東京 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.4 29.7 45.3
平均給与(万円/年) 332.0 440.2 44.2
有給休暇消化率 42.0 50.1 47.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

リバース東京に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、リバース東京と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リバース東京の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

問題がなければ、休日出勤はほとんど問題ありません。

voice

朝から夕方までのシフト制のところもあれば、夕方から深夜までのシフト制のところもあります。

voice

優先順位をうまくつけられればいいのですが、残業が多くなる可能性があります。

voice

配属された店舗によっては、深夜勤務になる場合もありますので、その点も考慮してください。

voice

スタッフが少ない店舗で働いていましたが、休みが取りづらく、残業が当たり前になっていました。

voice

サービス業なので、土日祝は稼ぎづらく、休みが取りづらいこともあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休みの日を固定しているスタッフもいました。

voice

第三次産業なので、普通の人のような休みはありません。

voice

私が勤務していた店舗では、当時はスタッフが多かったので、比較的自由に休日を決めることができましたし、土日祝日でも理由があれば月に一度は取得することができました。

voice

受験にはお金がかかるし、シフトの都合で休みの日に受験しなければならないので効率が悪い。

voice

朝まで営業している湯船を担当させられた時は、昼夜問わず連絡があり、トラブルが多く、休むことができませんでした。

voice

もちろん、有給休暇や産休・育休などはありませんので、世帯主や女性には少し厳しいかもしれません。

voice

現在の状況はわかりませんが、業務委託契約なので、労災や有給休暇などの通常の福利厚生はありません。

voice

和気あいあいと楽しく働きたい方には良いかもしれませんが、休みはほとんどありません。

voice

店長と副店長以外は、スタッフ同士で休みを交換していたので、比較的融通の利く職場でした。

voice

出産・育児のために自由に休めるので、自分のバランス次第ですね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リバース東京の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

正直、歩合制なので給料は安定していませんが、頑張れば頑張るほど給料に反映されるので、かなりやりがいがありました。

voice

歩合制でも指名があればお金がもらえるので、一人暮らしでも安心です。

voice

お店によってお客さんの量が違うので、お店が忙しくなければ歩合制なので1日のお給料が0になる日もあります。

voice

繁盛店であれば自然と稼げるようになりますが、そうでない場合はアルバイトよりも給料が少ないこともあります。

voice

給与は歩合制なので、頑張った分は必ずお給料に反映されるので、とてもやりがいのある仕事だと感じました。

voice

子供がいても毎日のお小遣い程度には稼げます。

voice

歩合制の会社だったので、お客さんが増えれば増えるほど給料が上がっていくので、やりがいはありましたが、低い時は給料が激減してしまうので、安定していませんでした。

voice

最近のリラクゼーション業界はどんどん安くなってきていますが、料金が下がる気配がないので、完全に出来高制でもそれなりに稼げます。

voice

風邪をひいたり、休んだりすると給料が減り、保険がきかないのが難点。

voice

指名制度があるので、頑張った分だけお給料に反映されるので、やりがいがあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。リバース東京はどうでしょうか。

voice

基本的に週に1日だけ休みが必要で、環境が悪い場合は、フルタイム(10-2)のような長時間労働でも休みなしで働くのが普通です。

voice

稼ぎたければ、本当に忙しいお店で朝から晩まで、疲れ果ててまで働かなければなりません。

voice

ある程度の休みが欲しい方、定時で帰りたい方には向いていません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラなどは男性よりもはるかに少ない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

私が入社した時は、トレーニングからガッツリとした体育会系の会社でした。

voice

洗脳空間というか、何というか、独特のひどい空間ですね。

voice

いわゆる上下関係のようなものはありません。

voice

研修も選択次第では非常に短く、あとは自分で覚えて、見て、盗んでいくという意欲が必要です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

店長からの嫌がらせや風当たりが強くなり、ストレスに耐えられなくなった。

voice

職場環境に疑問を感じ、退職を決意しました。

voice

平日の昼間はお客さんが少なかったので、何のために働いているのかわからなくて辞めてしまいました。

voice

繁盛している店とそうでない店の差が激しく、自分の手の届く範囲に自分の思うような収入が見込める店がなかったので、退職を決意しました。

voice

東日本大震災以降、施設自体の利用者が減り、月収が半分近くになってしまったため、辞職しました。

voice

ワンマン社長の気分次第では退職金を払わないなど、労働組織に常日頃から参加している会社です。

voice

状況は多少改善されたと聞いていますが、私がいた頃は離職率が高く、大変な環境でした。

voice

とにかく離職率が高かったのですが、最近は労働者保護の動きもあり、私がいた頃に比べて労働環境が改善されたと聞いています。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

お店によってお客さんの数が違うので、忙しくないお店に入ると、全く儲からないまま時間を過ごしてしまうことになってしまいます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。