ビーグリーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ビーグリー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 9件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.3 29.7 49.4
平均給与(万円/年) 402.5 440.2 48.0
有給休暇消化率 60.0 50.1 52.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

夏季休暇や有給休暇も取得できますので、長期休暇を取得することも可能です。

voice

入社半年後、12日間の有給休暇を付与し、使い切れない場合は翌年に繰り越す。

voice

有給休暇や休暇が比較的取りやすい会社です。

voice

良くも悪くもドライな社風のため、仕事に支障がなければ有給休暇も取りやすい。

voice

出世したいのであれば、その方が楽かもしれませんが、部署によっては有給休暇や残業代が出にくい場合も多いので、その点で問題ないのであれば良いと思います。

voice

経営者や管理職の中には、夏休みなどの長期休暇を有給休暇と組み合わせて取得できる人もいるようですが、多くの社員にとっては難しい状況です。

voice

部署によっては、他の部署よりも休みが取りやすいところもあります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ビーグリーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

就業時間や残業は一切なく、仕事だけでなくプライベートも充実させたい方におすすめの会社です。

voice

よほどのことがない限り、休日出勤はありません。

voice

時期によっては残業が多いかもしれませんが、許容範囲だと思います。

voice

みんなが残っているから残業しないと気が済まないという雰囲気はありません。

voice

どうしても人数やワークバランスが合わないチームが必死に残業しているので、全社的な一体感がない。

voice

残業するかしないかは社員の裁量に委ねられており、定時後は会議室を有効活用することができました。

voice

あまり残業をしないと評価されないかもしれません。

voice

ワークライフバランスについては、毎月1日だけノー残業デーが設けられています。

voice

カジュアルや派遣社員なので、残業や休日出勤の機会はそれなりにありましたが、残業代は全額支給されました。

voice

会社から残業するな、残業するなと言われたことはありませんでしたが、残業をするという文化が根強く残っていたので、残業をすることの方が重要だったのだと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ビーグリーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業代も出ないし、給料に関しては、給料を貰える人は貰える人で、若い人はもっと低い給料で働かざるを得ない。

voice

ボーナス:業績に応じたインセンティブとして年に数回支給(ただし、1年以上は支給されない場合もある)。

voice

一銭も昇給しなかったり、自分のせいではないのに減給されたりした人がたくさんいました。

voice

入社後に大幅な昇給があるとは思えません。

voice

基本的に紹介で入社しないと給料が低い。

voice

残念ながら、給料やボーナスに満足することはありませんでした。

voice

アルバイトは時給1000円からのスタートが一般的で、何年働いても昇給はほとんどありません。

voice

事務などの支援的な仕事をしていた女性は全員、給料が低いと言っていた。

voice

外資系大企業のような高給取りのように、後継者への引き継ぎや再就職先を探す余裕がないほどの急なリストラをしている一方で、一部の管理職を除いて多くの社員の給料はあまり高くないようです...。

voice

評価制度が変化し、業績評価が曖昧な中で、給与は上司の気分次第。

voice

大きな昇給はありませんが、成果が出なくても(サボっても)減給されることはほとんどないので、入社後は一定の収入を維持しやすいです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

解雇された人から直接聞いたことがありますが、よくわからない理由で退職させられることもあります。

voice

部長クラス以上の管理職が先を見ていなかったことが、退職勧奨という名の大量リストラにつながった。

voice

それまで一生懸命仕事をしていたのに、突然退職を勧められました。

voice

首切り、降格、理由不明の組織変更が頻発していた。

voice

組合もないし、退職を迫られたら個人の裁判で争うしかないし、そのための時間と労力とコストがバカにならないので、ほとんどの人は何もしないで退職したいと思っているので、一時金をもらって退職している。

voice

毎週のように辞めていく人もいますが、ほとんどの人は上記のようなドライな社風のため、切られることを恐れて辞めていきます。

voice

一番お世話になっていた上司が、上層部から「あいつが気に入らない」という理由で閑職に追いやられてしまったのが主な原因です。

voice

退職手続きもスムーズで、退職後の健康保険の任意継続も考慮してくれたので辞めることができました。

voice

転職のために急に退職する社員が続出しています。

voice

以前は月に1回ノー残業デーがありましたが、この制度を導入したスタッフはリストラか自主退社で全員いなくなってしまったので、今もあるのかどうかはわかりません。

voice

その結果、リストラの対象にならなかった社員が自ら諦めて辞めていくケースも出てきている。

voice

業績は悪くないのですが、希望退職という形で会社を辞めることになりました。

voice

沖縄事務所を持っていたが、SNSの失敗を沖縄事務所のメンバーに押し付け、解雇して事務所を閉鎖するなど、その酷さを目の当たりにして辞任を決意した。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ビーグリーはどうでしょうか。

voice

IT企業は人が資産であるはずの会社なのに、その人たちを排除することしか考えていないので、未来はないと思います。

voice

残業が多い部署もありましたが、残業がない部署ではほぼ定時で帰宅していたので、部署によっては仕事量のバランスが取りやすかったです。

voice

部署にもよると思いますが、授業や用事があっても時間通りに帰ることができるので、融通を利かせて働くことができました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

最後は、社長を含めた3人が、モラルハラスメントとパワハラに近いことをした。

voice

上司からも毎日嫌がらせを受けて当然のような会社だった。

voice

ちょっとしたパワハラ感があって、いつもターゲットがいるような気がします。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

人を人と思わずに叱責したり、非難したりするのはどうなんだろう。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

良くも悪くもコンプライアンスよりも利益を重視しているので、ある程度の精神的な寛容さが必要です。

voice

上と下の差はあまりなく、人間関係も良く、風通しの良い会社です。

voice

毎日のノルマがあり、毎日の目標を持って仕事ができます。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

業績については、違法なリストラで利益は出ているが、底辺には落ちていない。

voice

10月頃、大規模な違法リストラが行われた。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。