フルキャストのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに フルキャスト について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 40件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 40.8 29.7 45.6
平均給与(万円/年) 333.1 440.2 44.3
有給休暇消化率 47.5 50.1 49.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

フルキャストに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、フルキャストと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。フルキャストの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事内容には9時~18時で残業20時間と書いてありますが、8時頃から清掃があり、8時半から朝礼があるので、朝だけの早出残業に近い感じで、帰りは19時以降か19時半以降になります。

voice

サイトに穴を開けないように、深夜まで電話で翌日の手配をしていた。

voice

主に引っ越しなどを選んだと思いますが、深夜の工場勤務などもあったと思います。

voice

営業マンをしていましたが、朝9時から終電(25時頃)までの勤務で、残業とみなされるため、収入に見合った仕事だとは感じていません。

voice

管理職だったので、公休は比較的取得できましたが、連日深夜まで仕事をしていたので、帰れるのは週3回程度でした。

voice

残業→最大100時間以上、手当の有無は上司が決定。

voice

残業時間が長いなどのハードな労働環境なので、本社の間接部門であれば良いかもしれませんが、本社以外の支社(直属部門)で働く場合は、正社員として残るのはかなり厳しいと思います。

voice

出勤前に残業の有無を聞かれますが、フルキャストの送迎車は残業した人を基準に送迎するので、送迎車を利用する人はかなりの残業を我慢して出勤することになります。

voice

面接では、個人ノルマはなく、繁忙期以外は残業時間はそれほど長くないと説明されましたが、実際には売上目標に厳しく、残業は日常茶飯事でした。

voice

24時間体制を2人で管理していたので、残業が多かったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇が取りづらい雰囲気があり、休むには勇気がいる。

voice

私の場合は、受験生がいたので、事前に希望すれば休ませてもらえるのは助かりました。

voice

当時の社員は有給休暇を取得するのが少し難しかったと思います。

voice

でも、今思えば、私が病気になったのは、月に20時間くらいの残業をしていたからだと思います。

voice

上からは有給休暇を取れと言われていましたが、正直、休んでも仕事がはかどらないので取れない人もいました。

voice

残業代を申請する制度があると聞いたのですが、なかなか申請してもらえないようです(私は社員ではないので理由は詳しくはわかりません)。

voice

シフトが間違っていることが多く、病欠を連絡しても忘れてしまい、どうやったら無断欠勤できるのか連絡してきます。

voice

有給休暇が他社と同じように年間10日あり、仕事のオン・オフや休みが取りやすかったのが良かったです。

voice

有給休暇が丸一日取れなかったのは、フルキャストだけだった。

voice

休みを取ることはできたが、休みの日であっても、支店からの相談の電話が頻繁にかかってくるなど、仕事への意識が必要であった。

voice

残業ほぼなし!有給休暇の意味は?有給休暇ってなんだよ。

voice

繁忙期は休みが少なく、たまに休んでも急に呼び出されることもありました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。フルキャストの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

何らかの理由で給与が引き落とされることがあり、電話をしてもきちんと対応してくれないことが何度かありました。

voice

給料はそれほど高くはありませんが、昨年のボーナスもそうでしたし、全体的な業績は良いと思います。

voice

基本給が本当に低いので、残業代がどれだけもらえるかが問題になります。

voice

報酬面では、同業他社よりも低く、福利厚生もありません。

voice

時給で長時間労働したり、複数の仕事をして相当な給料を得たりしないと生活できないような基準ではないでしょうか。

voice

非公式なので、もちろん高額ではなく、ボーナスもありません。

voice

給与・ボーナス→月給24万~20万(正職・完全評価制度のため年功序列なし)。

voice

昇給額は派遣先企業の単価や評価にもよるが、少額。

voice

社内ではいろいろなイベントがあって、当時19歳くらいで給料も26万くらいだったので、給料は確かに良かったですね。

voice

仕事はハードではないし、給料も高くないので、特に満足していません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。フルキャストはどうでしょうか。

voice

職場によっては、派遣労働者を甘く見ない従業員がいて、馬や馬車のように、あらゆる肉体労働を強いられていました。

voice

いくら頼りにされても、見返りを得るのは精神的に難しい。

voice

人材を扱うので、イレギュラーが多く、定時で出勤できることは稀です。

voice

場所によってはブラックバイトもあるので、事前に先輩に聞いておくといいかもしれませんね。

voice

派遣されていた仕事が、現場作業や肉体労働に近い仕事ばかりだったのにはちょっと驚きました。

voice

肉体労働や単調な作業はお勧めできません。

voice

私はこの会社でいわゆる派遣社員として働いていたのですが、登録会のDVDを作っていたのですが、当時はそのようなDVDはほとんどなく、軽作業とはいえ移動などの肉体労働だったのでとても驚きました。

voice

自分のライフワークバランスに合わせた働き方ができるので、自分のやりたい仕事を選んで働くことができて便利です。

voice

求職者と採用担当者のコミュニケーションが多く、一つの仕事を終えたと思ったら次から次へと仕事が舞い込んでくるので、仕事についていくのは体力的にも精神的にも大変です。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、フルキャストではどのような現状でしょうか

voice

休職中の橋渡しのために派遣社員として登録しました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私が働いていた職場では、パワハラなどのハラスメントは比較的少なかったと思います。

voice

パワハラや長時間残業が横行している。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

罵倒されるような職場で、タイムカードも修正されていました。

voice

上司は若くて親切で、お局様のようなババアはおらず、理不尽な人はいませんでした。

voice

労働環境自体は悪くないのですが、理不尽なクレームが日常的に発生しています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

元々この会社に派遣される側のスタッフもいるほどの実績と根性で叩かれている役員が多い。

voice

いつか辞めないと痛い目に遭うので、気合いを入れた方がいいと思います。

voice

厳しいノルマはなく、同業他社と比べても比較的緩い。

voice

体育会系のやり方は、荷物を運ぶなどのハードな残業でかなり体力的にきついです。

voice

先輩からは「体力的にきついし、根気がいる」とよく言われていました。

voice

メンタルケアなど制度自体は良い取り組みなのですが、あまりうまくいっていないのか、周りの新人の離職率が高く、転職を考えている現職者の声もちらほら聞こえてきます。

voice

どこの現場でも言えることではありませんが、派遣社員やアルバイトの方が常に罵声を浴びせられ、シフトが終わるまで水を一滴も飲めないという現場がありました。

voice

倉庫内の「軽作業」に配属された場合、初日から経験者と同じ仕事を任され、一歩間違えると仕事中に罵倒されることもあるので、仕事を決める際には慎重に決めた方が良いでしょう。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

在職中から退職後までの間に住所を変更したのですが、退職書類(離職票など)が退職後の住所にきちんと届いていました。

voice

退職理由は職業訓練に行くためで、人間関係ではありません。

voice

離職率が高かったので、女性は時間が経つ前に辞めてしまっていたので、その部類に入る人はあまりいなかったと思います。

voice

社風や仕事内容に不満はなかったが、残業時間が月100時間を超えることもあったため、退職を決意した。

voice

会社にとって重要と思われる人は、何度も退社を止められてしまう傾向があります。

voice

退職理由は次の仕事が決まっていたことが主な理由ですが、個人的にはやりたい仕事が安定しておらず、常に不安定な状態が続いていたので、毎日探していたのですが、なかなか長く続けることができませんでした。

voice

支部にもよりますが、私の支部では定時後に会議が行われていました。将来のことを考えて、やりがいを感じながらも、もっと自分の時間を大切にしたいと思い、退職を決意しました。

voice

家族も子供もいなかったので、将来に不安を感じ、自分のライフワークではないと思い、退職を決意しました。

voice

ほとんどの方が出産と同時に退職されるそうです。

voice

自分のやりたい仕事ではなかったし、断るのが辛かったし、元々は空いた時間に色々な仕事を経験したいと思って始めたので、長期的に働くのではなく、辞めました。

voice

離職率が高い会社ですが、退職後も部署の飲み会に参加するなど、社会人として仲の良い仲間ができたことが一番の収穫でした。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

疲れている時に女性スタッフに癒されるのを楽しみにしていたアルバイトさんも多かったようです。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

在職中に違法派遣による業務停止命令を2回経験しており、社内の混乱を直接体験しましたが、会社に恨みはありません。

voice

一度停止された経験から、コンプライアンス(派遣法に抵触する可能性のある案件を禁止するなど)に厳しくなりました。

voice

代理店の違法労働に対して厳しい対応をしてくれたので、安心して仕事に集中できるというメリットがありました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。