ゼネラルエンジニアリングのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ゼネラルエンジニアリング について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 30件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.1 29.7 54.2
平均給与(万円/年) 354.4 440.2 45.4
有給休暇消化率 51.7 50.1 50.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ゼネラルエンジニアリングに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ゼネラルエンジニアリングと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ゼネラルエンジニアリングの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が少なく通勤時間の少ないところを希望していたのですが、片道2時間、残業30時間のところに配属されました。

voice

36協定で派遣されていたので、休暇や労働時間についてはしっかりとしていました。

voice

当時は残業代も出ていましたし、残業時間が長い人は一般の人と比べても普通くらいだったと思います。

voice

残業を減らしたかったのですが、平均30時間を超える職場に配属されました。

voice

某自動車部品メーカーで残業が多かったのですが、それに見合った給料をもらっていました。

voice

無茶な残業はさせないので、自分の時間を持てます。

voice

ノルマはそれほど厳しくなく、残業もほとんどありません。

voice

私の場合、非常に忙しい部署に配属されたので、毎日残業していました。

voice

休日出勤もなく、とても働きやすい環境でした。

voice

私の職場では月に200時間の残業を経験しました。

voice

いずれにしても、自分で残業時間を管理するのは難しいでしょう。

voice

さらに、給料を上げるには残業を増やすしかないので、スキルはあまり重要ではありません。

voice

ボーナスの評価基準が、残業が多い人ほどプラスになるように変更され、残業時間を減らす企業で働くエンジニアには不利になった。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

まあ、有給休暇や交通費は全くなかったのですが...。

voice

ミスがなければ、仕事はかなりやりやすく、残業や有給休暇もコントロールできます。

voice

資格取得のための勉強ができるので、働きながら資格を取得することができます。

voice

研修は本社にあるので、派遣の場合は仕事が終わった後や休みの日に行く必要があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ゼネラルエンジニアリングの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

2008年以降、不況の影響でボーナスが半減(4ヶ月→2ヶ月)している(年収では約15%減)。

voice

ボーナスはあまり上がらないし、家庭を持つには厳しいかもしれません。

voice

普通の派遣とは違い、ボーナスなどの待遇もあり、正社員として扱われていたのが良かったです。

voice

勤続10年で基本給21万+諸手当7万=月給28万、年収390万。

voice

不況対策としてボーナスも一律20万程度。

voice

給料やその後の給料、転勤の可能性もあるので、一生働くのはあまり良いことではないと思います。

voice

ケースでは、給料の6割しかもらえないのに、自由な時間が多い。

voice

もし見つからなかった場合は、自宅での勤務となりますが、基本給の60%の給与が保証されています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職手続きがとてもしっかりしていると感じました。

voice

臨時雇用ではないので、特に拘束されることもなく気軽に辞めたいと申し出ました。

voice

給与や休日などの待遇に不満はありませんでしたが、以下のような理由で退職を決意しました。

voice

いつか地元にUターンしたいと思い、退職を考え始めました。

voice

1ヶ月ほど経ってから、営業から「最後に使わせてもらうように交渉します」と言われましたが、色々とギャップを感じて早々に辞めてしまいました。

voice

転職や退職をする場合は、事前にできる限りの準備をしておきましょう。

voice

会社名の入ったバッジが支給されますが、退職時に紛失した場合は返済しなければなりませんが、職場で着用する必要はなく、存在意義がわかりません。

voice

景気が悪くなると、若年層は退職を勧める傾向にあります。

voice

退職の前提を明確にした有期派遣契約を結び、契約終了時の退職予定の調整も徹底してくれました。

voice

育児と仕事の両立が難しく、退職された方が多かったように思います。

voice

退職理由は、特定派遣であるため、勤務地が安定していない可能性があります。

voice

退職前から何度もお世話になり、時間を割いていただいたことに感謝しています。

voice

キャリアパスが不明確で、30代で自主退職する人がかなり多い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ゼネラルエンジニアリングはどうでしょうか。

voice

ウェイティングリストの研修期間が長く、年単位の人もいるので、精神的にも大変だと思います。

voice

残業や休日出勤はほとんどなく、私が入社したときは、定時で帰る社員もいて驚きました。

voice

自分でスケジュールを組んで仕事をすることができるので、ライフワークバランスが取りやすいです。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ゼネラルエンジニアリングではどのような現状でしょうか

voice

労基(派遣元の相談者)に頼るべきではありませんが、派遣元に恨みを感じたら、自分の身を守るためにも、自分だけを守るためにも、自分の意見を言うことが非常に重要です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私はパワハラを受け、その対応は私の人格と存在を否定するものでした。

voice

それどころか、過去の経歴を否定するような暴言を浴びせられることもあり、心身ともに正常な状態を保つことが困難でした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。