バックスグループのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに バックスグループ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 138件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.9 29.7 46.7
平均給与(万円/年) 382.4 440.2 46.9
有給休暇消化率 39.0 50.1 46.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

バックスグループに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、バックスグループと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。バックスグループの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

派遣社員でしたが、勤務時間内に仕事をさせられることはないものの、仕事量が多すぎて残業を余儀なくされるような社風です。

voice

派遣会社にもよりますが、派遣社員なので残業はほとんどなく、労働時間に関してはある程度プライベートが守られているのが良いところです。

voice

時間的には、契約時間のみで、残業はほとんどなく、休日自体も十分にあり、ワークライフバランスについても不満はありませんでした。

voice

終業時間が来れば残業なしで帰れますし、土日休みは難しいですが、ワークバランスは取りやすいと思います。

voice

残業は当たり前で、プロジェクトによっては自分で仕事をしてくれる人を見つけられないこともあります。

voice

やる気のない人が延々と残業して、疲弊して辞めていくようなものです。

voice

非正規社員は時給制なので、余計な残業はしたくない。

voice

一時期はノー残業デーの取り組みもありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。

voice

有給休暇は普通に取れましたし、残業も店舗で働いていたのでそれほど多くはありませんでした。

voice

休日出勤があり、月に一度は休みが取れますが(勤務地にもよりますが)、残業は結構ありますし、終電に間に合わなくても残業代は手当に含まれていますので、別途支給されることはありません。

voice

残業や福利厚生がある場合は、残業代が支給されるので、仕事のやりがいがあります。

voice

移動時間が長く(長崎や熊本にも行ったことがありますが、もちろん時給ではありませんでした)、入れる日時が限られていて(土日のみ)、あまり稼げませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

正社員は残業代が出ませんが、有給休暇は問題なく取れているようです。

voice

有給休暇は1ヶ月前に申請すれば取得できますが、週末に結婚式を行う場合は会社の承認と招待状のコピーが必要です。

voice

仕事のプレッシャーで有給休暇を取るのは難しいと思います。

voice

有給休暇や公休がわりと自由に取れるのが良かったです。

voice

厳格な労働基準、残業が少なく、有給休暇も取得しやすい。

voice

業務内容にもよりますが、ある程度の経験があれば、有給休暇なども自由に取得できます。

voice

有給休暇の取得について、担当の営業マンに相談しやすかったので、良い会社だったと記憶しています。

voice

時給制なので、休んでも給料はもらえませんが、有給休暇はそれなりにありますし、正当な理由があれば、その月の有給休暇として扱ってくれるので、ありがたいですね。

voice

接客業をしていたので退職時に有給休暇が使えず、会社は10日休みでした。

voice

有給休暇も取りやすく、プライベートも充実していました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。バックスグループの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

新卒で手取り20万近く、基本給+当直手当(月残業代相当※固定)。

voice

交渉すれば比較的簡単に昇給しますが、逆に言えば自分から言わない限り給料は変わりません。

voice

かなりしっかりとした材料が揃っていないと昇給できないので、他の派遣会社に比べて時給がかなり低いところからスタートします。

voice

ボーナスについては、年3ヶ月程度ですが、個人や部署の評価で決まるので、2ヶ月や2.5ヶ月のことが多いです。

voice

5年ほど働いている先輩にボーナスのことを聞いたところ、ほとんど昇給はないとのことでした。

voice

基本的に残業はなく、派遣社員なので給料は高めですし、シフト制でお休みも自由に取れます。

voice

難しい試験や面接もなく、わりと入社しやすかったのですが、契約社員ということもあってか、給料はあまり良くない印象を受けました。

voice

私は契約社員として働いていましたが、その場合は時給制で、昇給もボーナスもありませんでした。

voice

極端に言えば、サボって頑張っても昇格期間までは給料は変わらない。

voice

給与も同業他社に比べて低いと思います。

voice

ボーナスはなく、1ヶ月間の契約更新となりました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

結婚後も仕事を続けられないと判断し、退職。

voice

退職金の代わりに有給休暇を使い切って辞めさせてくれる良心的な会社です。

voice

ゼロからでも多くの人脈を作ることができ、それが老後の生活に役立っているのも事実です。

voice

とにかく収入が増えず、退職することにしました。

voice

退職理由は、仕事の量(時間)と報酬が割に合わなかったから。

voice

そこからくるストレスと、同時に介護をしなければならない家族の介護のストレスが重なって、自分が倒れそうになり、退職しました。

voice

正社員になりたかったのですが、そのような制度はなく、使い捨ての営業マンのような待遇だったので退職することにしました。

voice

派遣社員なので仕方ないと思っていたのですが、勤続年数が長いのと、売れているのに昇給がないので退職を考えています。

voice

紹介拒否を理由に任意退職扱いとなりました。

voice

ノルマを達成できないと勤務時間が減らされてしまい、退職してしまいましたが、課題を克服できる人にはとても良い環境を提供してくれる会社だと思います。

voice

私の場合は、上司になった社員から「営業なのに営業の仕事をするな」と言われ、取引の承認や営業活動を禁止されたことが退職の理由でした。

voice

退職者同士の仲が良くなることもあります。

voice

給与面で将来に不安を感じている社員が多く、離職率も高い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。バックスグループはどうでしょうか。

voice

今の時代、ブラック企業と言われるような働き方でしたが、定着した社員は役職がなくても気にしていませんでした。

voice

よく社員の方と話す機会があるのですが、これがいわゆるブラックと呼ばれるもので......。

voice

劣悪な環境ではないので、妻の理解があれば大丈夫だと思いました。

voice

オフィス自体は整っていて、業績が上がれば改善されていくのですが、社員が働くためのシステムやプロセスが非常に貧弱だったと言っても過言ではありません。

voice

労働環境は時間が決まっていて、ほぼ定時で帰ることができました。

voice

案件が増えれば増えるほど忙しくなる(定時で帰れない、スタッフの代わりに現場の対応をしなければならないなど)ので、給料が仕事に見合っているのか、特に勤務時間に疑問を持ち始めます。.etc)と、自分の仕事(特に勤務時間)に見合った給料なのか疑問を抱くようになります。

voice

仕事とプライベートを分けるのが難しいので、だらだらと仕事をしているような感覚になりにくく、精神的にも強くなります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

社員同士が仲良くしている職場の方が働きやすいのですが、社員同士の悪口を言い合う職場で働くのは面倒です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

お店によっては、ハラスメント的な話を小耳に挟んだこともありました。

voice

極端にひどいパワハラのケースは多くはありませんでしたが、例えば、契約書とは違う場所で働いていて、法律(民法や労働基準法)に違反しているのに、何ヶ月も延々と要求を無視された(契約を履行させられた)ことがありました。

voice

モラルハラスメントのレベルが高すぎると感じたため、早々に辞職しました。

voice

女性を蔑ろにする雰囲気はありませんが、結婚して辞める女性も多いので、長く働くことは期待できないかもしれません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

紹介された職場では、「ここで理不尽なことを言われているから気をつけた方がいいよ」などのアドバイスを受けました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

成長力の低いスタッフや飲み込みの悪いスタッフは、インターホンで強い口調で注意されることが多いので、メンタルが強くないと病気になってしまうこともあります。

voice

会社自体が新しくて、ぼんやりとした体育会系な雰囲気がありますが...。

voice

体育会系なので、勢いやパワープレーで片付けようとするのはあまりいい気がしない。

voice

上司や上司のレベルが低く、特に新卒の社員は、サービス残業や週末の現場対応(派遣社員不足による)が当たり前だと洗脳されている。

voice

ノルマが達成できない月もありましたし、ストレスが溜まって限界を感じて辞めてしまいました。

voice

お店にもよるが、ノルマはないと謳っているが、実際には個人的な目標として売らなければならない数字があり、場合によっては厳しく取り締まることもある。

voice

ノルマを達成した時はとても嬉しかったです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。