株式会社朋栄のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社朋栄 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.0 29.7 47.9
平均給与(万円/年) 363.3 440.2 45.9
有給休暇消化率 15.8 50.1 40.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

株式会社朋栄に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社朋栄と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は取得が難しく、取得するには必ず理由が必要です。

voice

時期にもよりますが、体調を崩さない限り有給休暇は取りづらいです。

voice

有給休暇の積立が早く、上限を超えてしまうと、その分を失うことになるので注意が必要です。

voice

休日出勤していても、定職に就いていれば代休を取得することができます。

voice

夏休みや年末年始は仕事が優先されるため、社員名簿を配布しています。

voice

出世していくと、代休を取得している人が少なく、ワークライフバランスを維持するのは難しいです。

voice

夏休みを返上して出勤した時は、他の部署の人があまりいなかったので、お金を分け合ったり、おやつを食べたり、音楽を聴きながら仕事をしたりと、とても自由に働くことができました。

voice

会社にはソフトボール部があり、所属していれば月給15,000円ですが、土日が中心なので休みはありません。

voice

前半については、私は下の立場の人にしか言えませんが、上の立場の人はあまり休みがないのではないかと想像しています。

voice

技術職については、水曜日をノー残業デーとしており、水曜日に残業したい場合は、特別な書類で請求する必要があります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社朋栄の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は当たり前で、働いた時間分は補償されているのか疑問です。

voice

部署にもよりますが、水曜日は上記の手続きをせずに残業したり、30分早く始業していつもと同じように退社したりする傾向があります。

voice

入社して1年もしないうちに、残業時間が100時間近くになってしまいました。

voice

毎週水曜日はノー残業デーなので、17時10分に仕事を終えて17時10分に退社することができ、趣味の時間に充てることができます。

voice

残業時間は30時間に設定されていましたが、それ以上のサービス残業がありました。

voice

残業代は希望により30時間まで支給されますが、平日は深夜まで帰れず、土日も出勤しなければならないので割に合いません。

voice

営業職の場合は22時までは営業手当、22時以降は深夜残業となり、残業代が支給されます。

voice

展覧会やイベントと重なって締め切りが決まっているため、展覧会の合間に徹夜することもしばしば。

voice

一人当たりの仕事量が多いため、残業が多く、有給休暇が取りづらい。

voice

残業は事務作業でせいぜい2時間未満のことが多く、8時から9時までの残業は10人未満。

voice

早朝出勤が奨励されており、上位職(部長以上)は6時出勤。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社朋栄の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

お金を使う機会がないので、少額のお給料を貯めることができます。

voice

ボーナスは年2回、基本給の1ヶ月分にハードワーク(基準は不明)を加えたものを支給しています。

voice

役職に就くと、手当と呼ばれる予定残業30時間分に換算され、残業代は出ません。

voice

昇給は正社員では低く、役職に就くと上がるので、長く勤めていればそれなりの昇給になるが、若い人には難しい。

voice

営業職は基本給の他に営業手当として数万円が支給されますが、それ以降の残業代は一切支給されません。

voice

本社勤務の場合、基本給は大卒で20万程度から。

voice

ボーナスはほぼ全額支給されますが、毎日の残業や休日出勤が一切認められていないことを考えるとマイナスです。

voice

福利厚生はあまり充実しておらず、独身寮の場合は基本給から2万円が天引きされ、残業代は部署によっては全額支給される場合とそうでない場合がありますが、月に2万円程度しか支給されません。

voice

正社員から役職に就くと、裁量労働制になるので、残業は多くなりますが、給料が大きく上がるわけではありません。

voice

リーマンショック以降、ボーナスは全額支給されています。

voice

毎年黒字で昇給やボーナスもありましたが、同業他社と比べると待遇は良くなかったように思います。

voice

それなのに、すぐに体調を崩して残業を禁止されている人がいますが、残業をしている人としては、給料に差がないのでモチベーションが下がります。

voice

転職後、営業成績が悪かったり、適性がないと判断された場合は20%~10%の減給、最終的には10%の減給という話もありました。

voice

他社よりも給料が良いと事前に聞いていたのですが、実際にはそうではありませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社朋栄はどうでしょうか。

voice

過労で倒れたり、一時的に精神的なバランスを崩したりする人を見てきました。

voice

定時で帰れるような雰囲気ではありません。

voice

本社では、通常のスケジュールは9:00~17:40と入社前に言われていましたが、会議は8:30から、朝礼は8:50からなので、どんなに遅くても8:20までには出社しなければなりません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

妻子持ちの社員が多く、同業他社と比べて年齢層がやや高めなので、セクハラや社内恋愛が起こりにくい環境です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

どうにかして悪いシステムを変えようとした人もいましたが、私の知る限りでは、ラインから外されたり、理不尽な仕事量で会社を辞めさせられたりと、悲惨な結果に終わっていました。

voice

会社の評価制度は、人間関係や会社への忠誠心のみを重視しており、実際の仕事内容や顧客との関係構築は一切考慮されていません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

典型的な体育会系の会社なので、そういう雰囲気に合わない人は辞めてしまうと思います。

voice

体育会系のイメージが強いが、海外営業はややフラットな雰囲気。

voice

ほとんどの女性は体育会系の雰囲気についていけず、すぐに辞めてしまいました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を決意した理由は、収入に満足していなかったからです。

voice

完全週休2日制ではあったが、土曜日の出勤が多く、プライベートの時間が取れないと判断し、退職を決意した。

voice

気になったのは、お客さんがあまりにも親切で嫌な顔をしていたので、退職を考えたことです。

voice

嫌な客だったし、従業員も上司もとてもいい人だったんですが、どうしても嫌だったので辞めてしまいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。