協和エクシオのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 協和エクシオ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 43件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.8 29.7 49.2
平均給与(万円/年) 509.5 440.2 53.7
有給休暇消化率 53.9 50.1 51.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。協和エクシオの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

建設業なので、残業時間が100時間、200時間ということも珍しくありません。

voice

残業時間は月50時間程度が一般的ですが、部署によっては土曜日出勤もあり、部署によっては200時間以上の残業が発生することもあります。

voice

月に100時間や150時間の残業を要求されたり、暗黙のうちに土日出勤を求められたりしても、上司から言われていないかのような扱いを受けたり、本来の残業時間よりも少ない残業をさせられたり、与えられる残業時間は60時間前後、部署や配属にもよりますが数十時間にもなります。

voice

残業は月100時間を超えており、社員数と仕事量のバランスが崩れているため、週に数日帰宅できれば問題ない部署もあります。

voice

労働時間が長く、45時間を超えても残業代は出ません。

voice

残業が多く、休日出勤もやむを得ない場合があります。

voice

タイムカードなどはなく、残業時間は直属の上司の裁量で自由に変更できるため、実際に働いている時間よりも少ない時間を申請してしまうリスクがあります。

voice

残業が好きでだらだら働く人もいるので、会社の平均はかなりの残業量だと思います。

voice

管理職は組合員ではないので、残業しても残業代は出ません。

voice

本社の管理部門では、通常勤務の人もいますが、基本的に現場の人には「労働時間管理」という概念がなく、長時間労働が当たり前になっています。

voice

残業は非常に多く、そのような状況でも店長の上司は17時には帰る。

voice

→施工管理者という仕事の性質上、残業が多いです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は年間20日付与され、未消化分は翌年度に繰り越されます。

voice

プロジェクトやチームの状況にもよりますが、有給休暇は比較的取りやすいと思います。

voice

近年、経営陣は有給休暇の取得を推進しており、徐々に有給休暇を取得しやすくする方向に動いているようです。

voice

年休取得も奨励されていますが、目標は付与日数の半分程度で、単なる努力目標のような気がします。

voice

残業が多く、終電や土曜日に仕事をしなければならないこともありましたが、仕事の代わりに有給休暇を取ることができたので、良かったです。

voice

有給休暇が取れない部署もあるので、時間をかけて給与を重視する人にはおすすめの会社です。

voice

努力を惜しまなければ、この環境でスキルを身につけることができます。

voice

現場の雰囲気にもよりますが、納期に間に合わなければ有給休暇や代休も取りやすいです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。協和エクシオの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

今までは毎年昇給があり、ボーナスも毎年出ていました。

voice

基本的には、請負業者を増やして給料を低く抑えることで、現状を維持している。

voice

NTTグループの会社に常駐していますが、給与体系も時給制でボーナスはありません。

voice

夜間の仕事がかなり多く、それが給料が高い理由かもしれません。

voice

私が主任の時は、残業が多ければ主任よりも昇給して、手当も出ないのが普通でした。

voice

課長以上は残業代がなく手当のみなので、課長以降は全く同じで残業が多いです。

voice

私は1年契約の契約社員でしたが、更新時に自分の給料に換算して50円ほど昇給しました。

voice

年間ボーナスは他社と比較しても高いと思われます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。協和エクシオはどうでしょうか。

voice

残業だけなら奴隷のような気分にはなりたくないが、休みの日はサービスで出勤しなければならないし、昇給もほとんどないままあと40年近く続けなければならないような状況にはなりたくない。

voice

本社の事務員の対応も、まるで小さなブラック企業で働いているかのような対応で、意気消沈してしまいます。

voice

事務職は残業が多い繁忙期以外は定時で帰れますが、建設部門は残業や休日出勤があり、全体的にワークライフバランスが悪い印象を受けます。

voice

場所にもよると思いますが、仕事が終わってから定時に帰宅してもあまり文句を言わない文化がないので、気にせずに帰れます。

voice

実際に定時で帰宅するのは本社だけで、現場や他の場所ではフォローされていないことが多かったり、実際にはできないことが多い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

社内で怒鳴り合いがあったことは一度もありませんでした。

voice

セキュリティ強化のためとか言ってるけど、個人のPCに変な調査ソフトを強制的にインストールさせて、レジストリを勝手に書き換えて、その結果を報告させる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

彼は古風で、体育会系の気候に馴染めなかった。

voice

社風は体育会系ですが、優しくてのんびりした人が多いです。

voice

体育会系の雰囲気があり、飲み会も多いので、そういうのが好きな人にはいいかもしれません。

voice

部署にもよると思いますが、先輩は体育会系の人が多かった印象です。

voice

当時の社風としては、問題を論理的に解決するのではなく、気合と根気で乗り切るという考え方で、残業が多く、どの現場も労働時間が非常に長かった。

voice

そういう軍事的なものを処分する会社なんだよ。

voice

開発業務では、トップは生産性を上げるために技術力を上げるのではなく、気合を入れてやっていこうとしており、現場には長時間労働が蔓延しており、今後も長続きしないのではないかと思っていました。

voice

仕事ができるかどうか、上司に気に入られているかどうかよりも、昇進のペースなどが重視されるので、体育会系の人は昇進のペースが早い傾向にあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司から「40歳、50歳、定年前までは希望の地域に行けない」と言われ、落胆していた。

voice

求められているのは調剤薬局の常駐者であり、単なる人員配置であり、将来性がないと感じ、退職しました。

voice

私の場合は、それがきっかけでいろいろなことにチャレンジしたいという気持ちになり、退職を決意しました。

voice

仕事量が増えて(忙しくて手が回らなかったことからもわかるように)ミスをしてしまい、退職を余儀なくされました。

voice

同僚の女性は泣きながら行っていましたが、結局退職してしまいました。

voice

会社だけでなく、お客様や協力会社にも迷惑をかけたり、「使えない」という烙印を押されたり、会社に居心地の悪さを感じさせられたり、退職を迫られたり。

voice

女性社員が正社員・非正規社員として退職するという話をよく聞きます。

voice

中には優秀な人もいて、そういう人たちと一緒に仕事ができていたら、辞めずに済んだかもしれません。

voice

資格取得後に離職する社員もいるので、今後は組織的・計画的な研修が必要になると思います。

voice

留年・退職のメリット・デメリットを親身になって相談にのってくれたので、大切にされていると感じました。

voice

基本的に社員を大切にしてくれる上司がいたので、その上司が辞めた時には色々な話をする時間を取ることができました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。