DMM.comのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに DMM.com について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 85件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 17.8 29.7 54.7
平均給与(万円/年) 459.9 440.2 51.1
有給休暇消化率 76.4 50.1 57.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。DMM.comの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間は部署によって異なりますが、残業はほとんどありません。

voice

残業時間は月20~25時間程度で、多くはありませんでしたが、少なくもありませんでした。

voice

残業は全社的にかなり少なく、サービス開始直前などでない限り、月の残業時間は通常10時間以下に抑えられます。

voice

残業もほとんどなく、休みも自由に取れます。

voice

残業を奨励しない社風なので、定時で帰りやすい。

voice

プロジェクトや責任の所在によっては、残業も多くありました。

voice

毎日死ぬほど残業している部署もあるそうですが、私の知る限りそういう人はほとんどいません。

voice

休みの分は残業で補えるので、部署によっては勤怠が悪い人も結構いるようです。

voice

部署にもよりますが、基本的にどの部署も人手不足で残業が多いです。

voice

業務効率化の前に人手を減らしたり、残業を極端に増やしたりする。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

部署にもよりますが、全体的に遅刻や早退がしやすいので、体調不良の時や急な用事がある時にはとても助かります。

voice

申請すれば残業代はもらえると思いますが、申請しない人もいるような雰囲気です。

voice

休みの調整は簡単ですが、この規模の会社の場合、有給休暇と会社の指定休日では足りないので、事前に合意しておかないとがっかりするかもしれません。

voice

交通費を申請したら、通勤に時間がかかっても安いルートがあれば申請しなさいと言われ、抗議しても取り合ってもらえませんでした。

voice

有給休暇は自由に取れるので、自由度が高く、仕事自体は問題ないのですが、遅刻や欠勤について特別なことを言われたことはありませんでした。

voice

私自身、有給休暇でよく旅行に行っていました。

voice

無給の生理休暇があるのですが、上司が男性なので言いづらく、勇気を出して言うと「有給を使え」と言われました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。DMM.comの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

一般的に、前職の社員は給料が低く、給料の伸び率が悪いということに納得している人はあまり見かけません。

voice

退職者の理由は、昇給率がかなり低いことと、良い上司が少ないこと。

voice

給与は仕事内容と比較するとあまり良くないですが、ヒットする企画を思いつくことができれば昇格して給与も高くなります。

voice

営業系の部署でも、新卒1~2年目で一定の成果を出さないと、3年目の給料は300万円台前半に抑えられることもあります。

voice

給料が低いのは自覚しているが、改善する気はないので、よほどのことがない限り、今後の給料アップは期待できない。

voice

ボーナスなどでしっかり還元してくれるので、安心して働けます。

voice

部署間の給与格差があるので、仕事ができていても100万近くの差が出ることもあるので注意が必要です。

voice

給料に納得できるのであれば、ホワイト企業であることは間違いありません。

voice

数年前までは、部署の担当者が決めていたので、多少無理な仕事でも向上心を持って仕事をこなせば給与に反映されていました。

voice

会社のマインドは「安い給料で働く人」を採用することに重きを置いていて、できる人が望む年収を払おうとはしていない。

voice

公式サイトの採用情報には、残業代が基本給に含まれていることは記載されていません。

voice

給料が良かったのと、残業が月10時間以下と言われたので入社しました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。DMM.comはどうでしょうか。

voice

アダルトコンテンツを提供しているということで、いわゆる「フロント企業」や「ブラック企業」の噂を今でも耳にしますが、会社自体はホワイトで残業はほとんどありませんでした。

voice

部下がいない(給料が非常に低い)人は定時で帰る傾向があり、部下がいる人は大量の会議で残業する傾向があります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

全体的に良い人が多く、同じサービスを提供している仲間という感覚があり、人の悪口を言っているのを聞いたことがありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

他の会社に比べて、セクハラに少し寛容な会社が多い印象があります(下品OK?)ので、特にひどいセクハラは聞いたことがありません。

voice

ポルノも扱っている会社なので、他社よりもセクハラには厳しいです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業職は相変わらず体育会系が強く、上司や先輩より先に帰るのが大変な人や、飲み会に参加しないと嫌味を言われる人もいました(割り勘)。

voice

部下の面倒を見てくれる人が少なく、上下関係が少ないため、半年で辞めてしまう人が多いです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

最近はデザイナーの退職が相次いでおり、人手が足りません。

voice

ボーナスがない方がいつでも退職しやすいと思われるから。

voice

エンジニアが好きな機器や書籍を年間12万円まで購入できる制度(退職時に会社に返却できるものに限る)があり、多くの人が利用していると思います。

voice

結婚を考える頃には退職する人が多いのも事実なので、もう少し従業員のことを考えてもいいのではないでしょうか。

voice

3人の事業部長が辞めたり懲戒解雇されたり、管理が悪い、新しい人事制度を導入したが評価基準が曖昧、年功序列の社風で営業成績が給料で盛り上がらない、上司と不倫している事務系女子の方が給料が高くなっているという極めて不公平な会社。

voice

後者は、社内でしか通用しない忠誠心があり、市場では考慮されていない人を優遇し、市場価値があり魅力のない人は冷遇するので、当然の結果として驚くほどのスピードで離職しています。

voice

担当役員によって基準が異なるため、入社後の早期離職率が高い。

voice

所属部署をクビになった場合は、社内の別部署の面接を受けることになりますが、社内で使えないからその部署に異動になったという噂が流れているので、面接を受けることはほぼなく、ほとんどの場合は会社に来てもらえません。うちの部署に入りたいと思っても、給料が減るのですが、大丈夫でしょうか?

voice

年収が低いなどの理由で優秀な人がどんどん辞めていくので、残っている老害社員のレベルが疑問視されることが多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。