トランス・コスモスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに トランス・コスモス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 1256件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.9 29.7 51.9
平均給与(万円/年) 382.6 440.2 46.9
有給休暇消化率 62.9 50.1 53.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

トランス・コスモスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、トランス・コスモスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。トランス・コスモスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

派遣社員には基本的な残業はなく、シフト終了5分前には仕事を終えて、シフト終了時には帰宅することができ、とても働きやすかったです。

voice

リーダーやSVになると多少の残業はあったように思いますが、就業時間を超えて電話がかかってこない限り、正規契約者は全員定時で帰宅できていたと思います。

voice

基本的にはクライアント先に常駐していたので、自分で残業することはできず、仕方なく早朝や休憩時間まで仕事をしていました。

voice

徹夜なんてことは絶対にありません(夜勤のある部署は別ですが)。

voice

面接時に残業は月10時間以下と言われました。

voice

残業はほとんどなく、発生した場合は残業代として細かく支給されました。

voice

残業規制を積極的に行っていたが、実務に沿っていなかったため、約半数の社員が規制を超えていた。

voice

東証一部上場企業ということもあり、残業代などはきちんと支給されていました。

voice

現場によっては残業が多く、有給休暇が取れないこともあります。

voice

残業については、忙しさや部署にもよるので一概には言えませんが、本社の営業の方は、遅い時(提案前など)は22時~23時まで残業している方が多いです。

voice

部署にもよると思いますが、私の所属していた部署は残業が少なく、休日出勤もなく週休2日で休めたので満足しています。

voice

残業時間も適度にあり、オフィスもきれいで、労働環境は良好でした。

voice

外注先での仕事だったので、どこで働くかはクライアント次第でしたが、勤怠管理はしっかりしていて、サービス残業は一度もありませんでした。

voice

土日祝日に働けないほど体が弱くなったため、退職しました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得調整がしやすく、取得しにくい雰囲気はありませんでした。

voice

担当業務にもよりますが、落ち着いた時には有給休暇なども比較的取りやすいです。

voice

事業所にもよると思いますが、派遣先の会社がお盆休みの場合、有給休暇を取るか取らないかの選択もありますが、取ったとしても...。でも、取れたとしても...。下請けの会社が有給休暇制度を利用しなければならないのは、ちょっと悔しいですね。

voice

そうすると、有給休暇を事前に請求して取得していたとしても、時給査定・評価の際に0.5日分の欠勤扱いになってしまい、迂闊にも取得できないのが不満です。

voice

勤めていた会社が有給休暇を100%確保してくれて、急な休みにも有給を使って対応してくれたのが良かったと思いました。

voice

派遣先との契約上の関係で連続した有給休暇は認められず、有給休暇申請の度に理由を説明しなければならなかった。

voice

有給休暇制度はありますが、取りにくい雰囲気がありました。

voice

シフト勤務に慣れていれば、有給休暇や希望休も取りやすく、働きやすい環境です。

voice

希望の日数が取れないことが多く、有給休暇の理由を聞かれて嫌味を言われるのが本当に嫌でした。

voice

死別や申請前にしか利用できないのは納得できません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。トランス・コスモスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給がかなり低く抑えられているため、定期昇給の上昇率も非常に低い。

voice

従業員はあまり良くないが、アルバイトの給料はそれなりに良いので、高学歴のアルバイトがかなり集まってくる。

voice

サポートセンターでSVとして働いていましたが、仕事に不満はありませんでしたが、給与水準が低く、正直、やりがいを感じにくい会社だと思います。

voice

は、基本給の半額×係数と考えることができます。

voice

福利厚生については、家賃の補助はありますが、元々給料が低かったので補助というよりは、基本給からわざと外した機能給のようなものです。

voice

給与は同業他社と比べても悪くないが、与えられた仕事の責任と規模の割には低かった。

voice

か、本社の方が現場よりも成績が良く、結果的に給料も高くなっています。

voice

毎年6000円の昇給(出世してなければ)、新卒1年目のボーナス38000円は忘れられない...。評価制度で一番上のクラスになっても、この会社では出世しても給料はあまりもらえないんですよね......。

voice

派遣会社にベビーシッターがいても給料が頭打ちになるし、本社に戻って管理職にならないと悲惨なことになる。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。トランス・コスモスはどうでしょうか。

voice

コールセンターで働いている業者が多いが、使い捨てにされている、他の業者が参入してきている、社内の評判の悪い部署が突然閉鎖されている、などなど。

voice

表面的には労働環境の改善に取り組んでいるようですが、実際には役員の価値観が全く変わっていないので、ブラック企業とは変わっていません。

voice

本社の人は「人事」を「人財」と書いて大騒ぎしますが、実際は「モノ」だけで「人」がいない使い捨ての企業体質です。

voice

契約社員を使い捨てのアルバイトと思っている会社なので、正規の正社員の仕事とはお別れです。

voice

キャリアパスも進路もなく、とりあえず人を補充して埋めればいいという使い捨てのような印象が拭えませんでした。

voice

勤務時間については、私は管理部門に所属しているので、年度末以外は定時に帰宅できます。

voice

職場環境は、派遣社員や契約社員が精神疾患で3~6ヶ月ごとに辞めてしまうなど、離職率の高い部署でした。

voice

代理店の空き状況によるところが大きいですが、時間通りに帰宅させてくれるのはありがたいですね。

voice

契約社員については、部署にもよると思いますが、コールセンターの仕事であればほぼ定時で変更できました。

voice

労基署からの指導が繰り返されているにもかかわらず、全く改善されていません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

有期雇用で、長年パワハラやセクハラに悩まされていたので、最初は不安でしたが、そのようなこともなく、何かあった時には相談しやすい環境でした。

voice

長期勤務とスポット勤務の両方を経験しましたが、どちらも研修制度が全くなかったので、例えば最初の1週間は座学研修が何のためのものなのかわからないまま現場に出され、そこからワンマン上司のパワハラに怯えていました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

電話に出ないと、次の出勤時に叱責が飛んでしまいます。

voice

私たちは企業の請負人としてコールセンターを運営しているので、その企業に思い入れはありませんが、企業のイメージを回復させ、理不尽なことを言われたり、文句を言われたりしたお客様には「申し訳ありませんでした」と声をかけることができます。

voice

顧客からの最高評価にもかかわらず、社内ではBランクの評価を受け、わずか半年で希望していた部署から強制的に異動させられ、処分を受けた。

voice

エンドユーザーやクライアントからは理不尽な扱いを受けることもあるかもしれませんが、社内の雰囲気は穏やかで、ゆっくりとスキルアップを図ることができます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

今の状況はわかりませんが、悪い書き込みをしている人は、資格不足か、1年も経たずに辞めてしまった根性なしの社員なのではないかと疑っています。

voice

いわゆる「経営者」と呼ばれる人たちの多くは、やはり根性のある人が多い。

voice

個人評価制度もあるので、カウンターでの簡単なノルマ達成に時給が反映されるのも、仕事へのモチベーションに拍車をかけてくれました。

voice

ノルマ達成のために管理職レベルで数字を偽るのが常態化している。

voice

ノルマを達成して成果を出せば、希望の部署への異動も夢ではありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

定年後の引き継ぎは、比較的スムーズに退職できるような役職に就いていない限り、存在しないと考えられている。

voice

私は幸運にも良い顧客基盤を持っていましたが、私が勤務していた1年の間に2人のマネージャーが退職し、交代したのを見て、この会社は私が長く働く会社ではないことを実感しました。

voice

契約社員として入社したので、契約終了時に上司から呼び出され、辞表を書かなければならず、半年も経たずに退職してしまったので、社風がよくわからなかった。

voice

有給休暇休暇の使用が認められず、辞職せざるを得なかった。

voice

待遇が悪いから辞めていく人が多い。

voice

とにかく今の自分のスキルアップのために、一年前に辞めました。

voice

現場の管理職レベルの人手不足でかなりオーバーワークになっていましたが、上層部に訴えても一向に動く気配がなく、辞めることにしました。

voice

私が働いていた頃は役職がないので問題なかったのですが、退職した元同僚から「職場によっては管理できない人の下でパワハラを受けることもあるし、上に行けば行くほど大変なことになる」と聞いていました。

voice

なりたい自分の手本となるような先輩や上司が見つからず、モチベーションが上がらず、退職を決意。

voice

待遇面では、配属先によって異なりますが、離職しても次の職場を探すのに困ることはありません。

voice

離職率が高いため、そのような手段で退職を承諾してもらうまでに時間がかかり、精神的にも疲れる。

voice

2年後に北海道に転勤になりましたが、断ったら、指示に従わないと退職者専用の部署に異動になると言われたので、自主退職しました。

voice

退職後もお付き合いを続けている人は珍しくありません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。