グルーポン・ジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに グルーポン・ジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 62件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.9 29.7 49.1
平均給与(万円/年) 415.8 440.2 48.7
有給休暇消化率 59.4 50.1 52.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。グルーポン・ジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

最近のコスト削減策は、残業時間にダイレクトに反映されており、早期復帰が可能となっています。

voice

私が所属していたチームのマネージャーはサービス残業に賛成しており、勤務時間は大体毎日8:45~11:00(就業規則により9:30~18:30)でした。

voice

営業職に残業を強要するようなスタンスはありませんが、基本的にはみんな2~3時間残業しているので、なかなか辞められません。

voice

営業部では管理職に早く帰るように促し、部署全体で早く帰るように促していたため、ダラダラと残業をしている雰囲気があり、あまり良くなかった。

voice

経理特有のものだと思いますが、月末の月初の残業は当たり前でした。

voice

残業が多いので、今の状態で出産後に働くのは大変だと思います。

voice

午前3時とかに仕事をしていた時もあり、上司からも「午前2時までに報告書を出すように」と指示されていたので、午前2時頃に報告書を出したら、折り返し電話がかかってきて、1時間くらい話をさせられたこともありました。

voice

残業もほとんどなく、今まで働いた中で一番ホワイトな会社でした。

voice

残業代は支給されますが、上限があるので、遅くまで残業しても給料はあまり変わりません。

voice

残業が多い印象があり、仕事が終わってもグループのメンバーや上司が退社するまで待っている姿をよく見かけました。

voice

残業は無駄になり、改善提案は無視される。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇も取得しやすいです。

voice

営業職は他の職種に比べて休みが取りにくいようです。

voice

部署にもよりますが、原則として申請すれば業務に支障がなければ認められます。

voice

休日や残業は申請できますが、なかなか難しいです。

voice

ワークバランスとしては、有給休暇は取りやすいと思います。

voice

基本的には月曜から金曜まで、土日祝日は完全にお休みです。

voice

土日は基本的に休みですが、営業マンと契約していない場合は、そこに商談を入れるように指示されることもあります。

voice

基本的には土日が休みですが、営業担当者は土日にもリストアップする案件があり、リストアップされた店舗のフォローにほぼ丸一日を費やしています。

voice

育児休暇は1年間ですが、個人の希望により半年間延長できる場合もあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。グルーポン・ジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

インセンティブがなければ、ボーナスも定期昇給もなく、給料は最低ランク。

voice

契約当初は基本給が妥当だったのですが、その後、基本給を5万以上下げられ、みなし残業代として上乗せされた給与体系を取らされてしまいました。

voice

上層部の給料はそれなりに高かったので、現場の社員は仕事量が多く、給料も少ないのでモチベーションを維持するのが大変でした。

voice

ポテンシャルのある急成長企業ですが、基本給が非常に低く、福利厚生もほとんどありません。

voice

内職としては、ボーナスもなく、給料もかなり低いですが、家族を養うのが大変で、とてもじゃないですが...。

voice

外資系企業なので、とにかく給与水準が高い。

voice

現職の私にとって、この場所は給料によく反映され、それがやりがいにつながっています。

voice

今は基本給もインセンティブもかなり下がっているようですが。

voice

給与やボーナスは、やればやるほどインセンティブ制度でお金がもらえるのですが、インセンティブ制度が毎月違うので、月給が非常に不安定でした。出勤しなければならないので、長く働くのは難しいと思います。

voice

バックオフィスへの給料が一定で変わらないことだと思います。

voice

1年前には、ボーナス未支給の逆風に対する防波堤としてストックオプションを支給すると発表されていたが、2年後まで支給しないことが判明したときには、社員から大きなため息が出ていた。

voice

新卒やまだ20代前半・半ばの人には妥当な金額だと思いますが、20代後半・30代の人には、普段の生活に支障をきたすレベルの給料だと思います。

voice

最近では基本給が良く、インセンティブがつきやすい傾向にあると聞きますので、他のクーポンサービス会社よりも給与水準は高いと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。グルーポン・ジャパンはどうでしょうか。

voice

当時はまだ社会人になって間もないのでよくわからなかったのですが、今にして思えばものすごいブラック企業だと思います。

voice

大変だと言う人もいますが、前の会社が下手だったので、とても充実しています。

voice

平均的な従業員は、戦略も戦術もなく、とにかく外に出れば自分を拘束できると勘違いしているので、とにかく精神的に追い込まれている。

voice

休みがないことを明確にしておかないと、人は長く続かないと思います。最低でも定時より30分~1時間は早く出勤しないといけないような気がします。

voice

世間から評価されない(ブラック)企業・業界からの転職者が多く、魅力的な管理職が少ない。

voice

もちろん、営業マンの対応次第では、時間が経つこともありますが、トータルでは。

voice

表向きはベンチャー精神を大切にしながらも、中間管理職は官僚的な人間関係を構築しており、会社の成長にとって良いか悪いかではなく、そこでの関係性だけですべてが決定され、実行されている。

voice

定刻よりも前に業務運営の期限が設定されており、その期限を過ぎた時点で私に課せられた仕事は終了しました。

voice

業績不振でコスト削減の一環だったことが後にわかりましたが、定時で定時に帰れるのがいいなと思いながら働いていました。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、グルーポン・ジャパンではどのような現状でしょうか

voice

身体的・精神的損失の状態で休職した人には、合理的な「将来」が待っています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

設立間もないにもかかわらず、セクシャルハラスメントやパワハラの内部通報はかなり使いやすく、コンプライアンスはかなり厳しいです。

voice

コンプライアンス研修が充実していて、パワハラはすぐに問題になるので働きやすいです。

voice

上層部は良い人もいますが、現場のリーダーレベルではコンプライアンス意識が低く、パワハラという形で部下に圧力をかけている人もいます。

voice

営業も含めてどの部署も自分の数字と仕事に追われているので、上司が教育できる環境ではないと期待してはいけないし、特にマニュアルもないし、上司を見ていても部下を教育しているという実感がないし、パワハラもあったし...。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ノルマを2ヶ月間逃すと、当時の東京の最低賃金まで落とされる制度があり、ハイリスクローリワードのイメージがありました。

voice

営業は体育会系だと思いますが、バックオフィスは草の根の経営者が多く、本音で話せば理解してくれる良い人ばかりだと思います。

voice

キャリアのある経営者はほとんどいないので、行き当たりばったりの体育会系のノリがピッタリで、今でも向いているのかもしれません。

voice

ある意味では「躍動的」で「体育会系」な社風・職場ですが、別の視点から見ると、バックオフィスでは草食系の人も働いています。

voice

基本的には体育会系で経営者は男性ばかりなので、主張しない限り女性のための組織は作ってくれません。

voice

上層部は通信業界の人たちで構成されており、3ヶ月連続でノルマを達成できないと容赦なくクビになるほどのプレッシャーとノルマがありました。

voice

私がこの外資系ベンチャー企業に入社したのは、上下関係をあまり気にせず、自分の裁量で仕事ができる環境だったからです。

voice

各営業マンは、もっとインセンティブを得たいという気持ちとは別に、厳しいノルマを課せられており、率直に言って、店舗の利便性を考えている暇はありません。

voice

法人営業や提案営業には向かない営業スタイルですが、訪問営業や行動可能なボリュームを重視した体育会系企業の営業スタイルには有効かもしれません。

voice

ノルマが満たされている日は良いが、満たされていない日は地獄のような環境である。

voice

間違ったことをしなければ、店舗にとっては良いサイトだと思いますが、顧客を完全に無視した一人一人の数字のノルマの高さは、最終的には店舗の損失を増やすことになるでしょう。

voice

ほとんどが中途採用なので、上下関係はあまりありません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

最初はドスの効いた声と態度で威嚇する経営者もいました。

voice

管理職以上の方の中には非常に理不尽な方もいたので、配属先にもよると思いますが...正直なところ。

voice

外資系企業ということもあり、定期的に営業成績を基準にした解雇が行われていましたが、そこでも数字を基準にした解雇が行われており、特に人口の少ない地方の営業マンにとっては非常に理不尽なものでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

雇用形態や給与に不満があったため、本人の希望で退職しました。

voice

当時、会社全体で希望退職者を募っていて、辞める気のある人が少なければリストラ(減給で他部署への異動を命じて退職させること)をしていました。

voice

もちろん、残っていた有給休暇などを利用して、円満に退職することができました。

voice

社長が交代して、少しは良くなったように見えましたが、結局は理想ばかりで何も変わらないと思い、辞めることにしました。

voice

同時に、景気回復に伴い、正社員、特にバックオフィスの低賃金で我慢していた正社員が一斉に退職し、業務ができなくなってきています。

voice

原稿も粗利も取れない人は、泣くまで何時間も詰め込まれて、基本給を14万円に下げられて辞めざるを得なかった。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

今は改善されたかもしれませんが、朝から晩まで社内ルールが変わるなど統一性がなく、法や倫理に反することを経営者がお墨付きにする傾向がありました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。