ソリトンシステムズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ソリトンシステムズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.5 29.7 50.5
平均給与(万円/年) 569.2 440.2 56.9
有給休暇消化率 65.0 50.1 54.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ソリトンシステムズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

そのせいもあって、残業を厭わない人が多かったように思います。

voice

今はわかりませんが、33時間分のみなし残業が給料に組み込まれていて、タイムカードを持っていなかったので、正確な労働時間などは管理できませんでした。

voice

エンジニアであれば、肩書きの関係で休日出勤があるかもしれませんが、あまり聞かないですよね。

voice

残業代が出ないにもかかわらず、社員の皆さんは毎日遅くまで会社に残って、多くの知識を学んだり、仕事に工夫をしたりすることを控えていると思います。

voice

納期前は徹夜して仕事を続け、事務所の床で昼寝をしていた。

voice

同僚からは、上場に向けてきちんと労務管理をしていること、サービス残業だった過去の残業代を遡って支払ってくれていることを教えてもらいました。

voice

裁量労働制のため、残業代は基本的に支給されません。

voice

いくら残業しても残業代が出ないし、上司との仲も良くなかった。

voice

残業は厳しいので、やる気がある人には不満かもしれません。

voice

全ては自分の裁量であり、残業や休日出勤を言われることはあまりありません。

voice

時短勤務制度を選択すれば、残業なしで働くことができるので、育児との両立も比較的しやすく、部署に対する希望はある程度叶うと思います。

voice

私は派遣社員として働いていましたが、当時、周りの社員は残業が多かったです。

voice

笑える先輩が多く、残業中もたくさん笑わせてくれたので、暗い気分になることはありませんでした。

voice

仕事などの都合で土日祝日に出勤することもあった。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

周りの人も有給休暇を取得しているので、ワークライフバランスの良い人にはとても良い会社だと思います。

voice

お盆や年末年始は休めるので、休みに関しては多くの人の味方だと思います。

voice

休みが取りやすく、子供の発熱など家庭の事情で休んでも寛容な雰囲気。

voice

ワークライフバランスを意識している会社ではありませんが、休暇は比較的取りやすく、産休を取得して復帰した女性も数名いたように思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ソリトンシステムズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスが年2回支給されていることも、会社の業績を考えると意外かもしれません。

voice

評価制度が完全ではない場合や、ボーナスが安定しない場合、昇給がない場合もあります。

voice

売上を上げていて、昇給がほとんどないので好かれている社員が、退職をほのめかすとあわてて昇給するという話を何度か聞いたことがあります。

voice

月給+残業代(最大50時間/月)が支給されますが、個人差はあります。

voice

当時の大卒者の給与・ボーナスは、会社が厳しい状況だったため、月給21万円でした。

voice

キャリア社員として入社した時期もありましたが、業績も良く、毎年50~60万円台で昇給し、在職中に年収が2倍になったこともありました。

voice

4月1日に入社した場合、満額を支払うことができない部分(例えば、有給日数で言えば、月に20日程度働いているところを14日しか働いていないとみなされます)。

voice

募集要項に基本給(残業代含む)として明記してほしい。

voice

いくつかの大きなプロジェクトに携わることで知識や技術力を身につけることができたが、10年以上在籍していても年収400万で昇給できず、中途入社者が良い仕事をせずに高給取りのままでいるという現実に耐えられなかった。

voice

他の手当(残業代、住宅手当など)と合わせて10万くらいかな。

voice

昇給もできないし、上司の覚えていることで昇進が決まるのも困る。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ソリトンシステムズはどうでしょうか。

voice

ほとんどの社員が18時半過ぎには帰れるようなので、特にブラックではないと思います。

voice

かなりの作業量なので、気力や技術だけでなく、体力や精神力も必要になります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

当時のパワハラ担当者は、やりたい放題、部下に強制的に始末をさせ、社員はもちろんのこと、派遣社員でも夜11時までは帰れない、土日出勤が当たり前の時代でした。

voice

技術職は男性が多いですが、みんな正義感が強く、セクハラやパラハラなどの嫌がらせもなく、見たことのない雰囲気です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業は上下関係が厳しく、営業が全てです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

一度会社を辞めて再就職した人が何人もいて、その中には能力がなくて口先だけの人も少なくありません。

voice

2013年現在、当時の同僚は誰一人として退職していませんが、リストアップされ、良い方向に向かっていることを願っています。

voice

それが直接の原因かどうかは定かではありませんが、多くの人が退職したり、他の部署に異動になったりしています。

voice

ボーナスが全く出なかった時期もありましたし、その時は他部署の人も含めてたくさんの人が退職していきました。

voice

辞めようと思ったら、ボーナスが1/3にカットされ、代休や有給休暇も使わせてもらえませんでしたが、早く辞めたいと思っていたので早々に退職しました。

voice

辞めた理由は、かなりの仕事量があり、私生活の時間を確保するのが難しくなったことが主な理由です。

voice

勘のいい新卒者は早期退職の道を選び、それができない者は中途入社者の餌食になりながらだらだらと働き続けている。

voice

会社の中でぬるま湯に浸かっていても、自分のスキルアップにはつながらないと思い、退職しました。

voice

2011年に任期途中で退職(あくび?辞めてから少しは良くなったのかもしれませんが、別のIT企業の常務取締役にも就任していて、その会社でも同じようなことをしているようです。

voice

社長がいい仕事をしなくても、周りがクビにしてしまう。

voice

残念ながら、社内に明確な人事評価制度がないため、どれだけ頑張っても(営業や技術面でどれだけ成績が良くても)給料や昇進などには全く反映されず、仕事ができる人は見下されて辞めていく傾向にあります。

voice

前職のやり方と違うと、改革やMBOという名目でより都合の良いものに変えてしまうので、他部署とのコミュニケーションが取れず、ゴタゴタしている部署がいくつかあり、その部署の方が離職率が高いというのが現実です。

voice

結婚を機に退職する女性もいますが、育児休暇を取得して短時間勤務制度で復帰する女性もいるので、働きづらいということはなく、制度自体はきちんと運用されているようです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。