日本教育クリエイトのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本教育クリエイト について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 38件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.3 29.7 49.4
平均給与(万円/年) 409.9 440.2 48.4
有給休暇消化率 57.9 50.1 52.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本教育クリエイトに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本教育クリエイトと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本教育クリエイトの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

派遣社員なのでどうしようもないのでしょうが、ボーナスも出ないし、月給も低いので、働く気力が削がれます。

voice

どれだけピンハネされたのか知らないが、給料が低すぎた。

voice

給料が非常に低く、一人暮らしは難しい。

voice

給料も低く、この仕事を続けるメリットが全くないと感じました。

voice

派遣だととにかく給料が安い。

voice

社員の人は、それなりにボーナスが出ているようです(ボーナスの上乗せなど)。

voice

前者の場合、ボーナスは100万近くあるが、定職では10万程度しかない。

voice

契約社員から正社員になると、給料は格段に上がりますし、もちろんボーナスもすごいです。

voice

給与面では、初任給はとても良いのですが、退職金制度があるとのことですが、昇給の幅が狭いです。

voice

基本給が低いので、社会保障を差し引くとアルバイトのような給与になります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本教育クリエイトの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間については、数年前は残業が多かったのですが、今では改善され、規制もされていると聞いています。

voice

遅番の場合は、医院が終わるまで残業しなければならず、1時間以上の残業になることが多い。

voice

残業や休日出勤が当たり前という雰囲気が流れています。

voice

タイムカードはインターネットで管理でき、残業代は15分単位で支給されます。

voice

残業代は分単位で支給されるので、残業しても痛くありません。

voice

強制的な残業は当たり前で、早く帰りたい場合は正当な理由を報告する必要がありますし、ワークライフバランスを重視するならば、この会社には入社しない方が良いでしょう。

voice

基本的には残業が多いので、子育てをしながら働くのは難しいと思います。

voice

残業も多く、正直ワークライフバランスが取れているとは思えません。

voice

派遣社員なので残業もなく、土日祝日もしっかり休めるので女性にはピッタリです。

voice

残業が多いので、それを少しでも減らせるように業務の効率化を図ることが課題だと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は、取得のしやすさや難しさによって、上司によって異なります。

voice

派遣先の病院によって違うかもしれませんが、私の職場ではみんな有給休暇の取得を推奨していて、取得率はほぼ100%でした。

voice

残業代は申請した分だけ必ず支払われます。

voice

担当営業マンによると、人手不足と前例のない状況のため、可能な時に交渉したが、有給休暇を全て取得することはできないとのこと。

voice

年間休日は120日以上あり、会議などで土日に出勤しなければならない時は、いつでも代休が取れ、有給休暇も取りやすかったです。

voice

休暇を要求しても、その理由をしっかりと説明せずに付与されなかった人もいれば、有給休暇の破棄を明言された人もいました。

voice

契約社員でしたが、中途入社ですぐに有給休暇が付与されたのはありがたかったです。

voice

申し込みが必要なので、頻繁に申し込みをしないと月末になるとちょっと大変です。

voice

基本的には先に申し込んでおけば、都合の悪い日に外してもらうこともできますが、繁忙期にはそうはいきません。

voice

休みが取りにくかったり、ギスギスした雰囲気ではなかったので働きやすかったです。

voice

病院によっては人手不足で有給休暇が取りづらいところもあるので要チェックです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本教育クリエイトはどうでしょうか。

voice

基本的に通常の仕事は時間通りに終わったので、みんな自分のアフター5を楽しんでいました。

voice

フルタイムの仕事で時間通りに仕事を終わらせたいと思う人はほとんどいません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の体質は強いと思いますし、昔からいる担当者の声も強いと思います。

voice

根性(残業=努力)を評価する文化がありました。

voice

体育会系の人が多く、先輩を見ていると、上司に意見を言えない人が多いような気がします。

voice

会社は体育会系でしたが、裁量が大きい分、プレッシャーと報酬は凄まじいものがありました。

voice

組織として弱い部分もあり、心と意見がぶつかり合うこともしばしば。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が退職した理由の一つに、支店長の残業代の判断によって給料が変動すること、支店によって給料が変動することが不満だったことがあります。

voice

家庭の事情で退職しましたが、もっと続けたいと思っていました。

voice

上司の評価を聞くことが大切で、気に入らなければ辞めさせてくれる。

voice

退職後は事務処理などをしてくれました。

voice

私も厳しいことを伝えると、「退職日は後日話し合う」とギリギリまではっきりとしたことは言われませんでした。

voice

意外と、簡単に辞めたいと言っても、すぐに辞める気にはなれないかもしれません。

voice

残業が多く、出産後は続けるのが大変そうだったので退職しました。

voice

未婚の女性が多かったので、産休をたくさん取って、短いスケジュールで復帰するのは気が引けるので辞めました。

voice

女性社員は独身者が多く、結婚を機に退職する人も多いです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。