Apple Japanのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに Apple Japan について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 117件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 12.2 29.7 56.9
平均給与(万円/年) 543.7 440.2 55.5
有給休暇消化率 83.8 50.1 59.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

Apple Japanに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、Apple Japanと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。Apple Japanの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間は7時間で、残業はほとんどありません。

voice

残業が少ないのは良いのですが、遅番になると体も心も疲れてしまうので、休憩時間を長くするなどの特別措置があれば良かったと思います。

voice

対応時間が長くならない限り、残業はありません。

voice

就業時間は個人差がありますが、部署や担当にもよりますが、扱う業務量が多いため残業時間が長く、残業とみなされるため給与には反映されません。

voice

今は平日でもかなり忙しいと聞いているので、残業などをしているのでしょうね。それが原因でスタッフが増えているようですが。

voice

西海岸との時差の関係上、新製品の発表は早朝の米国からの情報に合わせて行われます。

voice

残業代は基本的に接客で余った分は支給されます。

voice

残業はほとんどなく、契約書に記載されている基本的な権利は守られています。

voice

ポジションにもよりますが、残業はほとんどなく、理想的なワークライフバランスを実現できました。

voice

残業がないのは非常に良い点です。

voice

繁忙期には残業をお願いしていますが、残業は任意です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年次有給休暇の他にも、病気休暇や夏季休暇などの有給休暇もあり、非常に休みが取りやすい会社です。

voice

他の会社と違って有給休暇を取りにくい雰囲気はなく、金額も休みも思い切り取れるので許容範囲だと思います。

voice

育児休暇という名目で6週間の有給休暇を取得する権利があります。

voice

有給休暇の取得がなかったため、多くの有給休暇が失われていました。

voice

収入が良いにもかかわらず、残業を減らすことができ、有給休暇、代休、病欠、感謝祭など取得できる休日が多く、利用率が非常に高い。

voice

申請書は英語で書かれているものが多いので、申請の仕方がわかりにくいことがあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。Apple Japanの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇給よりもRSUの分配金が気になる。

voice

唯一の欠点は出世しにくいことですが、そもそも給料がいいので気になりません。

voice

給与体系自体は、基本給と変動給(歩合給)という他社とは異なるもので、それぞれの比率は6:4.4。

voice

外資系企業であるため、現金給与に加えてボーナスとしてRSUが付与されるため、株価が上昇するほど報酬総額は高くなります。

voice

会社全体の雰囲気やモチベーションの面では上を向いているので、とても働きやすい環境だと思います。

voice

各学科では、各年ごとにICのランクアップができる人数がかなり限られていると聞いていますので、平均して1ランクアップするのに3~5年くらいかかるそうですね。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。Apple Japanはどうでしょうか。

voice

定時で帰れることが多いので、ワークライフバランスはかなり良いと思います。

voice

あくまでも営業のスキルアップですが、量販店で働くことで精神的にタフになることは間違いありません。

voice

精神的にタフで、職場の人とのつながりを必要としない人なら大丈夫かもしれません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、Apple Japanではどのような現状でしょうか

voice

一人で一日中部屋に閉じこもっていたため、落ち込んだり、病気になったりする人が多かった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

いつも陰口を叩く同僚の負のオーラに振り回されたくない。

voice

コールセンターならではの足の引っ張り合いもあるので、それを気にしない人は大目に見てくれると思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

担当する上司によって指導の仕方が異なり、パワハラと感じる言動をする人もいます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

優秀な社員が多く、中にはプライドが高くてコミュニケーションが取りづらい人や高圧的な人もいましたが、まあ、それはどこの会社に行っても同じでしょう。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

部署によって違いはあると思いますが、全体的には軍事的な組織でした。

voice

店内にいながら店舗に派遣される営業マンとしては、量販店の体育会系の雰囲気と、理不尽な指示やクレームに悩まされると思います。

voice

その点では、自分が扱える案件で失敗しすぎて、結果的に点数を落としてしまい、点数が上がらず、精神的に参ってしまいました。

voice

AHAの場合、契約更新の基準は顧客からの指標であり、同業他社と比較するとかなり厳しく、ノルマを達成できない人の約9割が辞めてしまう。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

非必要な人材が大量に解雇されることが多い。

voice

退職を決意した際には、周囲の方々が親身になって対応してくれて、円満に退職することができたので、感謝してもしきれません。

voice

退職を考え始めたきっかけは、新製品の立ち上げと同時に、それまで担当していなかった製品のサポートを突然任され、給料も福利厚生もなく、2時間程度の研修しか受けられなかったからです。

voice

給与、福利厚生、ブランドイメージが良いので、退職するまで悩んでいましたが、ここで嫌な思いをしたら、どこに行っても何もできない人間になってしまうと思い、退職を決意しました。

voice

子供がインフルエンザにかかり、急な休職を余儀なくされた際、「一身上の都合による休職」との理由で注意書を渡され、その後、注意書を渡され、解雇の対象にされました。

voice

辞めた理由は、前任者との能力差があって大変だったことと、自分がやっている仕事の内容がよくわからないもどかしさがあったことが主な理由です。

voice

店長に気に入られなければ、あっという間にクビになると思いますよ。

voice

私が所属していた部署では、機嫌の悪い学生が多く、仕事に集中できない部分も多く、上司との関係もほどほどにしていない人もいました。日に日に悪口がきつくなってきたので、長く続けたかったのですが、諦めて退職することにしました。

voice

上層部は短気な人が多いので、機嫌が悪いと八つ当たりされたり、最悪の場合は辞職に追い込まれたりします。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。