こどもの森のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに こどもの森 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 20件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.8 29.7 49.1
平均給与(万円/年) 290.5 440.2 42.0
有給休暇消化率 42.0 50.1 47.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 残念ながら給与には期待しないほうが良い会社かもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。こどもの森の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

イベント前は連日9時過ぎまで残業していたので、体力と根気がないと難しい。

voice

帰りが遅くなることを承知で入社しましたが、一人一人の仕事量が多く、人手不足を残業で補っている感じがしました。

voice

新卒者は残業しても時間通りに仕事が終わらないと叱られたり、朝の3時や4時に出社したりすることもありました。

voice

タイムカードを切った後の残業は日常的に行っています。

voice

社長はイベントのために月2時間の残業代を出すと言っているが、保育士は毎日2時間以上残っていて、現場と経営トップの言うことがあまりにもズレているので働きたくない。

voice

残業代もなく、休憩は1時間と言われましたが、毎日15分程度しか取れず、長時間労働だったので、平日は友達と食事に行けなかったり、イベント前にやることが多くて土日は休めませんでした。

voice

それ以上に、低賃金、休憩なしの長時間シフト、長時間のサービス残業で、何のために働いているのかわからなくなってしまうこと。

voice

イベント前はずっと残業していますが、残業代は一切出ません。

voice

残業が多く、サービス残業が当たり前でした。

voice

イベントを担当した場合、勤務時間内に終了せず、サービス残業が発生します。

voice

保育士の世界では当たり前だと思いますが)行事前や月末の仕事が多い時は、夜遅くまで園に残って仕事をしていたこともありました。

voice

残業が多く、週末は休みを取って自分の体調管理をしたいと思っていたのですが、園長には「向上心がない」と見抜かれてしまいました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

どうしても平日休みたいと思ったら、相談して、できれば有給休暇を消費する。

voice

学校のトップにもよると思いますが、有給休暇はほとんど使えないし、辞めるときも使えない。

voice

有給休暇を取得できず、こちらの希望で有給休暇を取得できませんでした。

voice

平日はもちろんのこと、土日もイベントや研修があり、その代り休みがなかったので、体力的にも精神的にも疲れました。

voice

勉強したくてもなかなか休みが取れないこともあるので、一長一短だと思います。

voice

有給休暇がどれくらいあるのか知らないし、知っているはずの本部も知らない、と答える。

voice

休みの日があっても、衛生面で食料の備蓄ができないので、出勤前に誰もいないスーパーに行って食料を買っていました。

voice

仕事は研修に回され、休みはほとんどありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。こどもの森の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

教員手当はあったが、給料は少し上がった。

voice

どうせ有給休暇は取れないし、ボーナスの出し方にも納得がいかなかった。

voice

利益の出る業界ではないので、給料やボーナスはかなり安いです。

voice

ボーナスや昇給は多くはないが、少なくはないと思う。

voice

こどもの森は実力主義ではなく、働いた年齢で給料や昇給が決まる。

voice

ボーナスは各園のランクに応じて支給されますが、最高ランクでも月給2ヶ月分はありません。

voice

入社前に1週間の研修(通常業務と同じ)があるのですが、その間の給料が日給2000円と信じられないほど低く、そのせいか退職率が高いような気がします。

voice

推測するに、保育士の給料が低いのではないでしょうか。

voice

仕事内容と条件が違う(ボーナスは月給の2~3倍)ので不信感がある。

voice

ボーナスは1年目ではなく2年目に入っており、保護者や系列校の先生が来て評価してくれるので金額が不安定。

voice

何人かの先輩に相談した結果、リーダー手当をもらっている人でも5,000円程度しかもらえず、長く働いても昇給はほとんどなかったので辞めることにしました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。こどもの森はどうでしょうか。

voice

入社前は、友人から「利益優先ではないか」「使い捨てにされないか」などと言われ、不安でしたが、内定後の研修を受けて、気持ちが楽になりました。などの不安がありましたが、内定をいただいてからの研修で気持ちが楽になりました。

voice

大変なこともありましたが、それを乗り越えるだけの心の強さと精神力があれば大丈夫です。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

人間ですから、多少の馴れ合いはあると思いますが、どの園でもそうだと思いますし、少なくとも私の園では、ギスギスした関係になったことはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

たまたまランクの高い園に配属されましたが、同じ会社なのにランクの低い園に配属される新卒がいるのは理不尽だと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

クラスの子たちがとても可愛くて、帰るのが心配でした。

voice

辞めようと思ったのは、自分にとっては厳しい環境だったからです。

voice

転勤を考えていたが、認められず、辞職を選択するしかなかった。

voice

入社した頃から会社に不信感があり、いろいろ話を聞いていると、交通費を支給していることがわかりましたが、バス通学の人には支給されないなど、表面的には良さそうなことも多かったのですが、違うことも多く、退職することにしました。

voice

他には思いつかないのですが、夫が地方に転勤することになり、環境に恵まれていると思っていただけに、退職しなければならないのはかわいそうです。

voice

去年までは、他よりも安いと思って自分の会社を辞めていましたが、結果的には残っていればよかったと思っています。

voice

現在、認可保育園で働いていますが、年度末まで働いたら辞めようかと考えています。

voice

年に数回体調を崩していたので、通院のためにここにいても体調を崩すだけだと思い退職しました。

voice

私が退職してからは、先生方が次々と退職していき、今ではその時に残っていたスタッフは一人になってしまいました。

voice

正直に退職を申し出たところ、会社が受け入れてくれたので、無事に退職することができました。

voice

私と同じ年に入社した友人も結婚を機に辞めてしまいましたが、コドモの森精機で頑張っていると聞いていますし、戻ってくるかどうかはわかりませんが、もう一回面接に行った方がいいのかなと思っています。

voice

デイサービスの残業と給料の低さを理由に退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

保育士不足が改善されていないため、子どもへの配慮が不足しており、いつでもケガをする可能性がある。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。