ファンケルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ファンケル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 103件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 15.6 30.1 55.8
平均給与(万円/年) 412.7 431.9 48.8
有給休暇消化率 57.5 47.6 52.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ファンケルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

店舗によって異なりますが、早番、中番、遅番とシフトごとに構成されており、キャンペーンの移行準備や棚卸しなど、明らかに遅くなるもの以外の残業はほとんどないので、終業間際のスケジュールが立てやすいです。

voice

残業が多く、時間も不規則です。

voice

接客の質を高めるために与えられた休憩時間が減り、残業時間を減らさなければならないプレッシャーが大きく、下の人たちは自らサービス残業をしていた。

voice

残業時間が長く、手取りが多く、休日出勤が多く、プライベートと仕事の分担が難しい。

voice

正社員の販売員の場合、残業時間は勤務する店舗にもよりますが、頑張り次第でゼロにすることも可能なので、労働時間と年収のバランスが取れていると思います。

voice

ノー残業デーはありますが、強制ではないので、夜更かしする人が多いです。

voice

部署によっては残業もほとんどなく、健康的で楽しい生活を送ることができます。

voice

営業部や広告部の残業時間は比較的多く、月に30~50時間程度が多いと思います。

voice

部署によって違うと思いますが、極端な残業や休日出勤はなく、スケジュール管理も個人に任されていたので、ワークライフバランスが取りやすかったです。

voice

働きやすさは店舗によって異なりますが、店舗での残業はなく、打刻時間に関係なく残業はありませんが、10分の警告期間はあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ファンケルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

大した金額ではなかったが、ボーナスも出たし、勤務時間も少なく休みも多かったので、それなりに満足していた。

voice

それに加えて、ボーナスが少なくて収入が少なかった。

voice

ランクが上がってもボーナスや月収はほとんど変わりません。

voice

ノルマがないので、頑張り次第でお給料が変わることはありません。

voice

もちろん勉強は必要ですし、最初は低いですが、長く働けばそれに応じて給料も上がっていきます。

voice

基本給は決して高くはなく、給与やボーナスは同業の他の大手・中堅同業他社と比較するとやや低い印象を受けました。

voice

非正規社員は売上に応じてボーナスが出るので、どれだけ長く働いても満足のいく金額はもらえません。

voice

契約解除はありませんが、やはりボーナスなどの待遇は正社員に比べて少なく、昇給はあまり期待できません。

voice

美容部での勤務経験はありましたが、給料は変わらず、昇給のための年1回の試験で少し(2,000円程度)変わりますが、内容が難しすぎて、4年目に受験することになりました。

voice

環境が良かったので6年間勤めましたが、ボーナスも期待できず、出世とは程遠く、モチベーションが保てずに退職しました。

voice

ボーナスが高かったら、何も言うことのない会社です。

voice

評価によって給料は上がるが、アルバイトも長期雇用者も仕事内容はあまり変わらないので、不満を持つスタッフは少ない。

voice

もともと正社員の店長は、月給とボーナスが同額のアルバイトとして雇われていましたが、正社員はアルバイトとして雇われているため、時給制になり、ボーナスが大幅に減ります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

代休や有給休暇も比較的取得しやすい環境です。

voice

風邪や病気の時は有給休暇として扱ってくれました。

voice

店舗によっては、限られた人数で運営しているので、体調が悪い時や何かあった時に休むのは大変で神経を使います。

voice

有給休暇は取れてもなかなか取れず、毎年捨てていました。

voice

意外と休みが取りやすいだけでなく、有給休暇も取りやすいので、時間と仕事のバランスが取れていると思います。

voice

部署や上司にもよりますが、一般的には有給休暇が取りやすいです。

voice

申請すれば簡単に取得できますが、遠方の店舗に配属されて退職に追い込まれた上司もいると聞いたことがあります。

voice

夏休みは5日間ありますが、ほとんどの人がこれを使い、最大で9日間連続で使い、中には有給休暇を多めに取って終わる強者もいますが、さすがにこれだけのことはありますね。

voice

季節休暇は年に2日ありますが、有給休暇と同様に休みの量は店舗(店長)の裁量に委ねられています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ファンケルはどうでしょうか。

voice

部署によってはメンタルが崩壊しているようで、徐々にメンタルの問題が無視できなくなってきているのかもしれません。

voice

その場しのぎの使い捨ての社員であり、公正な評価を受けられず、別の仕事でステップアップしたいと思い、退職しました。

voice

数年後には、過去の実績を否定するのは大変なので、精神的にタフにならないといけません。

voice

強制的に接客をさせられることもなく、精神的にも負担にならない仕事でした。

voice

売れて楽しくてお金をもらっているお店を見ると、体力的にも精神的にも追い詰められているお店が馬鹿らしく思えてきます。

voice

時間通りに帰ればすぐに帰れますし、早番で働けば17時代までには帰れます。

voice

勤務時間は9:00~17:30、定時は17:00前後と、最近では珍しくなってきました。

voice

時短勤務でも部署によっては、決められた時間に帰れないこともあるので、周りの人との関係性が大切だと思います。

voice

製品研修やシステムなど環境は良いと思いましたが、休憩時間などに自由に外出できず、精神的にストレスを感じました。

voice

急なシフト変更はどこの会社でも同じだと思いますので、既婚・未婚・子供の有無に関わらず、お互いを尊重する精神があれば問題ないと思います。

voice

接客だけでなく、レジ、閉店後の作業、開店作業など、やることが多すぎて、時間通りに出勤するのはほぼ不可能です。

voice

数年働くのはいいけど、体力的にも精神的にも大変なので、ずっと働ける仕事ではありません。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

皆、身体的に傷ついたり、いじめられたりしたから辞めたと連絡をくれました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

今いるのは、そのパワハラに耐えて、新人のせいにして残っている先輩だけ。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上司が自分の身を守るためにミスをしたことを部下のせいにして、部下に理不尽な怒りをぶつけてしまうことが多々ありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

限定キットの販売などのノルマはありましたが、店全体で協力して実現することは強制ではありませんでした。強制ではありませんでした。

voice

仕事柄、福利厚生が少なく、ノルマがないというイメージが広まっていますが。

voice

ノルマはないと言いますが、実際は強化品が多く、売らなければいけないというプレッシャーが強く、私が入社した時は「必要なものだけ売ればいい」と言っていたのですが、何でもかんでも勧めなければいけないので、押し付けがましくてお客さんに申し訳ない気持ちになります。

voice

店長がどれだけスタッフに頼っているかにもよりますが、営業をしたり、カロリミットの試食会を開催したりと営業スキルもありますし、明確なノルマはないものの、売れないと雰囲気が悪くなってしまうので、営業スキル?営業スキルを身につけるにはもってこいの方法だと思います。

voice

営業に伴う数字のノルマはほとんどありませんでした。

voice

ノルマがないので、ガツガツした接客はなく、楽しく接客できます。

voice

仕事内容やノルマがないというのは全くの嘘で、年に2回出てくる限定品にその在庫を残さないように売ることをかなり強要されていました。

voice

売らない努力を「売らない努力」と定義しているが、実際には売らなければ売れないし、現場ではノルマが課せられているという状況がある。

voice

表向きは、本当にお客様のニーズに合った化粧品をお勧めすることを求められていたのですが、新商品や期間限定商品のノルマがあったので、必死で売ってしまいました。

voice

ノルマはありませんが、細かくチェックする準備はしていますので、ノルマがあればもっと楽なのですが。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

もうこれ以上働いても無駄だと思い退職しました。

voice

辞めた理由は、店長がその日の気分によっては挨拶もしないような人だったので、それに耐えられず辞めました。

voice

1ヶ月の休暇をもらいましたが、体調は一向に良くならず、出社すると「私のせいでみんなが大変な思いをしているから責任を取れ」と言われ、退職することを伝えるとさらに怒られ、結局は会社から追い出されたような気分になりました。

voice

仕事自体は好きだったので、その時に考えられたマネージャーのことを考えると、辞めるという選択肢しかなかったのが残念だったかもしれません。

voice

退職に至った経緯と、通常であれば仕事で体調を崩していた場合、休職して給料の数%をもらうことができたのですが、直属の上司がそれを許さなかったこと。

voice

結果的に退職することになりましたが、店舗の移動やシフトの調整など、色々と検討してくれました。

voice

この仕事をしていても、一生美容部に所属していても将来が見えなかったので、辞めました。

voice

退職率が高いので、長くいれば経営者になることは可能ですが、経営者のお小遣いが少なく、経営者になりたいと思う人はいません。

voice

将来のキャリアプランが立てられなくて辞めました。

voice

ひょんなことから外に目を向けてみようと思ったのと、チャレンジできる環境が整っていたので、今でも使っていて気に入っている会社を退職しました。

voice

将来子供ができたら無理だと思って夜10時に会社を出ました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

2000年代前半に中途採用を多く行ったことが人件費を圧迫していると考えています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。