保健科学研究所のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 保健科学研究所 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 29件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.2 30.1 45.6
平均給与(万円/年) 376.3 431.9 46.7
有給休暇消化率 19.2 47.6 41.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。保健科学研究所の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

朝8時に出社して翌日の午前3時まで残業する人もいて、1日2時間程度の日もありました。

voice

私が勤務していた時は、タイムカードを切られて残業を余儀なくされた社員が何人もいました。

voice

多くの営業所は、休みたくても休めない環境にありますが、規定の残業時間を超えてしまうと、書類の提出が必要になり、かなり手間がかかる上に、サービス残業や時間外労働が発生します。

voice

残業しても1日1時間しか残業できず、残りはサービス残業となります。

voice

残業代は支給されましたが、時間が長すぎて退職しました。

voice

部署にもよりますが、休みの日に出勤して残業をしなければなりませんでしたが、それで稼いでいました。

voice

基本的には朝から晩まで仕事をしていて、平日は家族との時間が作れないことが多いです。

voice

就業時間が夕方から深夜までなので、長時間働くのは体力的にかなりきついと思います。

voice

もちろん、面接の際には、残業はほとんどなく、せいぜい1時間以内と言われました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

半休に半日の休みを加えて丸一日の休みとして扱うなど、休みが少なく、その半日の休みも取れないこともあります。

voice

有給休暇は比較的取得できていたと思いますが、通常は入院していないと欠勤できないレベルでした。

voice

子供が小さく、病気でもなかなか休めないので、仕事の負担が大きかったので、退職しました。

voice

現場の雰囲気も有給休暇を取りやすい雰囲気ではなかったと思います。

voice

部署にもよると思いますが、私がいたところはわりと休みが自由で、有給休暇も取りやすかったです。

voice

長期休暇を取って海外に行きたいと思っている人には向かないかもしれません。

voice

週休2日制で募集していますが、私が勤めていた営業所では、私を含めて約9割の社員が週休2日制や週休1日制ではありませんでした。

voice

本部からは週休2日制を徹底するよう指導されていますが、なかなかそうはいかないのが実情です。

voice

検査技師が2人いる病院だったので、休みが少なく、電話待ち手当が少なすぎた。

voice

比較的大きな会社であったため、上下関係が厳しく、よほどの理由がない限り休暇を取得することは難しかった。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。保健科学研究所の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与は月給20万円+残業代、ボーナスは年3回でしたが、合計で1ヶ月分くらいでした。

voice

年収自体は同世代の人よりかなり高かったのですが、基本給は夜勤手当や家族手当、残業代などで20万を切ることがほとんどでした。

voice

基本給は低いが、福利厚生はどんどん消えていき、将来性がない。

voice

基本的な社会保険、有給休暇、ボーナスは職種に関係なくありますが、ボーナスの額は業績に応じて変動します。

voice

人件費を削減しているのはわかるが、残業をなくしたいのに仕事量は減らないし、冬のボーナスが大幅に削減されたのは当日まで知らなかった。

voice

それなのに、アルバイトの時給やボーナスはほとんど上がっていない。

voice

今はどうなっているのかわかりませんが、勤務できる地域によって給料が天引きされ、ボーナスが満額支給されたのは1年目の冬だけで、それ以降は支給額から査定額が天引きされていたので、退職しました。

voice

正社員になっても給料はあまり上がらず、その後の昇進もほとんどありませんでした。

voice

夜勤をしないと生活が成り立たないほど給料が低いので、もう少し給料を増やして欲しかった。

voice

ボーナスの支給額は大きかったですが、その分頑張っていました。

voice

私が勤めていた部署は休みが取りやすく、仕事もそれなりにあったので、飽きて低賃金になるのも時間の問題だと思っていました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。保健科学研究所はどうでしょうか。

voice

検査業界は、SRL以外はどこも似たり寄ったりのブラックな感じ。

voice

営業職以外の就業時間は定時で帰宅。

voice

定時で帰れる日もあったので、かなり充実した日々でした。

voice

仕事柄夜勤が多く、ライフワークバランスが悪いと感じていました。

voice

アルバイトであれば、社員が元気であれば、ほとんどの時間帯で上がることができます。

voice

平日は19時頃に終わり、土曜日は定時で終わるコースだったので、収入も私生活も満足しています。

voice

上司からのプレッシャーが大きいので、精神的にタフでないと遅かれ早かれ心が折れて辞めてしまいます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、保健科学研究所ではどのような現状でしょうか

voice

新入社員の中には、面接の機会があったことを述べましたが、このような状況でうつ病になって退職してしまった人もいます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ある営業マンは西日本の広いエリア(大阪、京都、四国、岡山など)を担当しているので、やりがいというよりは罵倒に近いパワハラを感じることもあります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

現在、ノルマ型の営業職はありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

その結果、将来に不安を感じ、退職を検討している。

voice

最終的には、しばらくの間、6週間勤務した後、補充の目処が立たないまま、辞職しました。

voice

辞めた理由は、どんなに頑張っても正社員になる道がなかったからです。

voice

数年ごとに配置転換などをしなくてもいいので、いつまでもここに居たくなかったので辞めました。

voice

契約社員だったが、引き受けても正社員になれる見込みがないとの理由で結局退職。

voice

各営業所が退職を勧める場合がありますので、長期雇用の将来性を保証するものではありません。

voice

退職の主な理由は、検査技師としてのスキルアップのためです。

voice

交通費の補助や退職金制度など、お金に関わる重要な事柄が突然、予告なしに変更されることがあります。

voice

私が入社した年に新入社員の研修をするために多額の費用をかけてくれて、その結果、半分の社員が退職してしまいました。

voice

給与体系が変わってから多くの社員が退職し、残った社員は人手不足で現場で残業をしているため、また社員が辞めていき、残った社員は苦しんでいます。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

臨床検査技師として採用されても、検査前の検体の仕分けが主な仕事である営業職や受付職に数年派遣されることもあった。

voice

私が所属していた部署は、主に検体の受付や仕分けなどを担当していたので、仕事自体は単調で覚えやすいです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。