ライフカードのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ライフカード について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 38件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.6 30.1 53.0
平均給与(万円/年) 450.9 431.9 51.1
有給休暇消化率 51.4 47.6 51.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ライフカードの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

実質生活賃金の一部であった残業代は大幅に削減されたが、休日や帰宅時間は早まった。

voice

サラリーマン出身者が多く、平均残業時間は週休80時間を超えていた。

voice

残業時間の管理がしやすくなり、月30時間程度に短縮されました。

voice

基本的に土日祝はお休みで、残業もほとんどなく、ワークライフバランスが取りやすい環境です。

voice

ピンチの月には、残業や出勤時間に応じて出勤できるのがありがたかったです。

voice

会社としても残業を抑制しようとしているが、人手不足のため強制的なものとなっている。

voice

部署にもよりますが、総合職でも残業はあまりありません。

voice

私がいた頃は、残業は決められた時間しかできませんでした。

voice

業績は低下傾向にあり、昇給もなく、残業代も20時間分は認められていなかった。

voice

サービス残業については、システムがチェックしているので発生しません。

voice

残業時間もそこまで多くなく、一般事務の仕事を希望していたら、仕事内容よりも給料が良かった。

voice

会社の方針で残業はほとんどありません。

voice

休日出勤は全くなく、事務職なのでノルマや過度な目標設定もなく、働きやすい職場でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休みの日はシフト制でもカレンダー通りに決まっていたので、休みが多かったです。

voice

休みが取りやすいので、体調が悪ければ1日休んでも問題ありませんでした。

voice

部署にもよりますが、有給休暇は比較的取りやすい環境だと思います。

voice

有給休暇も四半期に一度の取得が奨励されており、比較的自由に取得できます。

voice

有給休暇の取得に積極的で、残業代も10分単位で支給され、仕事内容に沿ったフォロー体制が整っていました。

voice

有給休暇も取りやすく、風邪をひいても休めるので、とても働きやすい環境です。

voice

福利厚生が充実しており、住宅手当や有給休暇の取得率も高い。

voice

すでに支店を閉鎖していますが、過去に何があっても直近の勤務時間や休日出勤は徹底していました。

voice

きちんとした形で週2日の公休も取れないことも多々ありました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ライフカードの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

2年に1度の昇給で、役職などを与えられない限り、急激な昇給は期待できません。

voice

給与は小売業の中では平均的だと感じています。

voice

給料、ボーナスなどとても良かったです。

voice

これでは、数年働いても、結果が出ても、数千円の給料しかもらえません。

voice

ボーナスカットが数年前から続いていたので、それはそれでいいのですが、私はそれに嫌気がさしていました。

voice

メリットとしては、給料が安く、福利厚生もある程度良かったのですが、給料が上がらず、福利厚生も最低レベルで、会社にいるメリットがほとんどなくなっていました。

voice

人事・福利厚生面では、業績悪化により給与・ボーナスともに減額されています。

voice

基本給は低いし、残業代はあまり出ないし、チーフとなると名ばかりの管理職。

voice

インセンティブ制度ではなく、基本給なので、普通に働いていれば給料がもらえる。

voice

主任手当1万円が含まれていますが、基本的には認定試験を受けなければ給料は上がりません。

voice

基本給については、高くはありませんが、仕事内容に応じた適正な金額として納得できるレベルだと思いました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ライフカードはどうでしょうか。

voice

目に見える形で休んで定時に帰る社員が増えたので、以前は大変だったのでしょう。

voice

コールセンターで働いていたのですが、外線がかかってくると空いた時間に営業をしなければならず、ノルマはないのですが、精神的にきつい時もありました。

voice

労基署に相談したところ、その部分は除外されて評価されました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

アイフルの傘下に入ってすぐに社風が変わってしまったので、違和感を感じて退職しました。

voice

2009年9月に早期退職対象者への伝達が行われ、翌年2月から退職手続きが開始されました。

voice

退職してからも、当時の女性メンバーとの交流ができたことは、今でも恵まれていると感じています。

voice

支店長が交代した際に、理由もなく営業職から事務職に異動になり、営業職への復帰を希望しても受け入れてもらえず、退職しました。

voice

迷った末、家事と仕事の両立に自信が持てずに退職しました。

voice

大規模なリストラを行い、希望退職制度を利用して退職。

voice

部署の事情もあり、幸いにも会社に残ることができましたが、人員削減で過重労働になり、親会社からの出向者によるパワハラで劣悪な環境で働いていることを知り、退職を考えるようになりました。

voice

親会社のアイフルの ADR に合わせて、ライフも早期退職制度を導入したが、社長や管理職の役員が残ったままで、誰もが納得できない結果となった。

voice

このような状況の中、同社は2007年以降、希望退職によるリストラを3回繰り返し、全国に数百店舗あった店舗網はゼロになった。

voice

お金を貸すのに疲れて退職しました。

voice

今回の希望退職は予定よりも多くの応募があり、原則として全員が応募した。

voice

今回、私の部署も親会社に異動となり、人員削減を余儀なくされて希望退職を勧められました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

営業の方も数字を意識する必要がありますが、部署にもよると思いますが、私が所属している部署ではパワハラもなく、会社全体の人間関係も良好です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

管理職の中には、社員に対する態度が高圧的で、社員を人事としてしか扱っていないと感じている人も少なくありません。

voice

理不尽な対応をされることはほとんどなく、安心してご案内させていただいております。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

審査は男性社員が中心ですが、仕事が得意な女性社員も幅広く審査業務を行っており、上下関係が厳しくなく、和気あいあいとした社風が伺えます。

voice

営業職でしたが、ノルマがないので比較的楽でした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。