アキュラホームのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アキュラホーム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 56件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 埼玉県平均 偏差値
平均残業時間(月) 44.0 31.1 45.2
平均給与(万円/年) 450.7 382.8 55.2
有給休暇消化率 37.1 42.1 48.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある埼玉県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アキュラホームの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

資格手当があったり、残業の波があったりしましたが、労働時間は問題なく、用事があるときは早退させてもらえました。

voice

私の職場の店長は大抵夜中の1時には帰るのですが、その前に帰るな、仕事が終わる前に帰るなと最初に言われ、その結果、夜中の2時から6時の間に帰宅しなければならないのですが、下手をすると徹夜をせずに翌日から仕事を始めてしまうのです。!命令されるなど、労働基準法を無視した労働を強要されるべきではありません。

voice

営業所は深夜2時、3時までロープや残業があり、翌朝早くから会議や展示場の片付けをしなければならないため、家族が故障する人が多い。

voice

時間が長く、基本的には出勤日には残業がありますが、個人の能力に応じてかなりのバラツキがあります。

voice

成績が上がらないと休めないだけでなく、他の社員が休んでいなかったり、帰宅していなかったりして、残業や休日出勤を強いられています。

voice

休みをしっかり取らせて、残業をあまりさせないようにしているが、基本的には個人向けに高額商品を販売するビジネスなので、お客様の利便性を第一に考えている。

voice

社内制度として、火曜日はノー残業デーとなっており、定時で仕事を終えることができます。

voice

残業は覚悟していますし、プライベートも常に接しているので、両立は期待できないと思います。

voice

繁忙期には自分の能力以上の仕事をして残業している人が多い。

voice

ワーク・ライフ・バランスに関する取り組み(残業日なし、リフレッシュ休暇)は制度上はあるものの、営業ではほとんどないと言っていいと思います。

voice

毎月のお給料のほとんどが残業代や休日出勤代となります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社は週一回の勤務で、使えない場合は来月に繰り越して使えと言われています。

voice

最近は有給休暇の取得を増やす動きがさらに強まっており、有給休暇を取得しやすい雰囲気になってきています。

voice

有給休暇などの休暇は、辞める前に一本化する以外に使う機会はないはずです。

voice

残業代を全額支給する残業代申請通知書を発行するなど、「ホワイトカラー企業を目指す中堅企業」という印象が強かった(残業代だけで月1億払っていたため、数ヶ月後に申請は打ち切られた)。

voice

有給休暇を取得するためには、その理由を上司に伝えなければなりません。

voice

辞めるときに有給休暇を取らせたくないと言っていたのに、今は違う部署に異動になった人事担当者の時代錯誤ぶりに驚きました。

voice

休みが取れない雰囲気の職場が多いようで、職場によっては性別に関係なく公休の半分も取れないところもあるようです。

voice

平日が定休日のため、お客様や業者様からのお問い合わせに対応する時間がなかなか取れません。

voice

一から図面を描いて確認申請をするようなデザイナーの仕事をしたい方には向いていません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アキュラホームの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

インセンティブの幅は狭いですが、基本給は低いですし、新卒でも頑張ればそれなりの給料はもらえると思いますが、中途で家庭を持っている人には正直きついですね。

voice

評価基準が厳しく、まともなボーナスが出ない。

voice

ボーナスの支給額も良く、評価も非常に分かりやすい。

voice

給与に関しては、一般社員であれば、頑張った分だけ給与が支払われるので(年上で社歴が高くても、結果を出さなければ給与は下がります)、モチベーションは高くなります。

voice

半年間売れたとしても、1年間売れなければ、わずかなボーナスしかもらえません。

voice

これに伴い、売上高も目に見えて増加し、従業員の給与も増加しました。

voice

会社全体で設定された目標を達成すると、旅行や金銭的なボーナスが2倍になる可能性があります。

voice

配属先の支店によって大きく異なるので、利益を追求して社員の給料を低く抑えている支店にいると、正直厳しいです。

voice

若手でも頑張ればかなりのボーナスが出るし、昇進も早いので、たくさん働いて稼ぎたい人にはいいと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アキュラホームはどうでしょうか。

voice

配布物を用意していて、それを見ていなかったり、知らなかったりすると、危険を察知する能力や石橋を叩く精神を育む文化があるので、それを部下のせいにして、転職した時にその話をしてもいいのではないでしょうか。

voice

勤務時間については、上司から「定時で帰れ」と言われています。

voice

現場にはブラックボックスがあることは否めないし、業務システムも店舗によって異なる。

voice

本当に時間通りに帰っていたら、上司から「時間通りに帰るから怒られた」と言われました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

内部での陰口やいじめはなかったと思います。

voice

主に仕事をしているふりをして、メールで悪口を言ってくることが多い。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私が配属された店舗の担当者は良識ある方でしたが、近隣の店舗では、タコの従業員に残業を強要したり、社交辞令で残業をさせたり、パワハラなどの事例が多く見られました。

voice

パワハラや勤務日数などを昔に比べて改善しようとしている。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

今ではかなり有名になったので、やり方は変わったかもしれませんが、私のトラウマの会社です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

架空の契約が当たり前のように行われているところもあり、監督自身がノルマを達成するために契約し、翌月には契約を解除しているところもある。

voice

住宅業界の一般的な体育会系ではありませんが、契約に含まれる費用の幅は他社に比べて大きいので、単純に契約金額の線引き勝負であれば、見積もりをそのまま見せてしまうと不利になりがちです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

忙しくてやりがいを感じられない時期が続き、退職を決意。

voice

退職時にまとめて請求することがほとんどだと思います。

voice

固定費削減の動きが全体的にあることと、査定が勝手に下がっていくことに理不尽さを感じ、退職を検討しています。

voice

今のところ離職率が高そうなので、何か対策を考えてくれるのではないでしょうか。

voice

体力的に限界があったのと、休みの日にお客さんから電話やメールがかかってきて、プライベートも充実していなかったので、辞めることにしました。

voice

自分が思い描いていたキャリアパスと、異動した結果、実際にやっている仕事にギャップがあったため、退職を決意しました。

voice

離職率が高く、近年でも一斉に退職者が出ています。

voice

その結果、多くの社員が退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。