サンケン電気のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サンケン電気 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 26件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 埼玉県平均 偏差値
平均残業時間(月) 20.3 31.1 54.0
平均給与(万円/年) 502.3 382.8 59.2
有給休暇消化率 54.7 42.1 53.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある埼玉県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サンケン電気の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

年次有給休暇はほとんどなく、サービスデイの残業が多い。

voice

仕事量が多く、残業代が出ないこともあり、仕事内容と立場が合わないこともありました。

voice

顧客と直接接する部署は管理が難しく、残業が多い傾向にあります。

voice

技術部では残業が多く、休日出勤の人もいて、有給休暇が使えない人も多かった。

voice

部署や人にもよると思いますが、サービス残業が当たり前のところもあると思います。

voice

繁忙期はそれなりに忙しく、残業も多くなります。

voice

残業代は管理職レベルでは支給されなくなったので、一足先に残業した方が利益になる。

voice

残業もなく、働きやすい職場だと思います。

voice

研究開発部門は残業が多く、一向に改善の兆しが見えない厳しい状況が続いていました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間休日が130日以上あり、有給休暇の取得も問題ありません。

voice

有給休暇の取得を促進するために、同時取得3日、計画取得2日を必須とし、年間10日以上の取得を推奨しています。

voice

部署によって違うと思いますが、基本有給休暇が取りやすい会社だと思います。

voice

休みが多いので、比較的自由に取得できると思います。

voice

休暇の付与日数は増えていますが、取得率は50%程度で、切り捨てが多いです。

voice

有給休暇は比較的取得しやすいですが、部署では上司の話を聞きながら有給休暇を取得しているケースが多いようです。

voice

有給休暇が取りやすく、休みが多い会社です。

voice

GW、夏季休暇、年末年始の連休は約7~9日付与されており、一部の部署を除いて有給休暇の取得率が高く、プライベートを充実させる環境は他社に比べて整っていると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サンケン電気の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ここ数年のボーナスは4ヶ月分以下。

voice

高くはありませんが、それなりの仕事をしてそれなりの給料をもらうには十分だと思います。

voice

月給は同業他社と同水準ですが、ボーナスは同業他社と比べて1~2ヶ月程度低く、年収ベースではかなり低いです。

voice

昇進しても昇給はほとんどなく、課長クラスにならないと給料が低い。

voice

給料はほとんど上がらないし、定年まで安定して働ける見込みはない。

voice

余計な仕事をしても評価や給料には影響しないので、安定した収入を得て生活したいという方にはピッタリです。

voice

評価が低く、基本的には出世しにくいのですが、給与体系はなかなか昇給しません。

voice

ボーナスは生活賃金の一部であるという組合の見解は全く違う。

voice

給与やボーナスは同業他社と比較しても中の下程度だったと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サンケン電気はどうでしょうか。

voice

就業時間は定時に帰宅できるようになっています。

voice

残業も繁忙期には少ししかなく、基本的には定時退社が可能です。

voice

事務職の女性は定時で帰れる。

voice

帰社後も、子どもが小さい場合は1時間遅刻して出社し、1時間前に退社したり、保育園のお迎えに行ったりすることができる制度があります。

voice

部署にもよりますが、定時で仕事を切り上げたり、都内で買い物をしたり、飲みに行ったり、ジムに行ったり...。プライベートを充実させやすい環境です。

voice

個人主義で評価制度がしっかりしていないため、下手な上司がいるとブラック部署になってしまいます。

voice

毎日定時で帰宅でき、通信教育などのキャリアを積むには良い職場だと感じています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

たまに罵声を浴びせる人もいますが、社内の雰囲気は少し違うと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

38歳まで働けば早期退職制度の対象となり、その上に多額の退職金が支給されます。

voice

母の介護のために退職をお願いしたところ、車載部の部長が心配してくれて、人事部長にまで電話をしてくれて、良い方法と一緒に休むべきかどうかを調べてくれました。

voice

営業を担当するサンケン電気の花形部門なので、退職の話をすればすぐに受け入れてくれると思っていたのですが、その対応の違いに驚きました。

voice

2013年と2014年の各年の退職者数は100名を超え、その多くは勤続3年未満の退職者で、大半は公務員への転向となっています。

voice

私はここを退職しましたが、どの部門にも可能性があるとは思えませんでした。

voice

それは、過去のリストラで失敗しており、希望退職者を公募していないのに、退職者を採用しない傾向にあったことが、業績悪化に彩られていたからだ。

voice

組織の反省のなさ、意思決定の薄さを非常に気にしていたが、変化に嫌気がさして辞めることにした。

voice

女性の離職率が低く、結婚しても退職しない。

voice

降格がなく、ほぼ年功序列の制度なので、会社にぶら下がっている人が多く、結局、権利を主張している人が多い。

voice

出産・子育てしやすい会社で定年まで働く女性は多いが、若い女性にはつまらなくて辞めてしまう女性も多い。

voice

良い上司、先輩、同僚に恵まれました。退職する気はありませんでした。

voice

自分の階級に見合うだけの能力がない選手は降格させ、若い選手にチャンスを与えるべきです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。