オン・セミコンダクター・ホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに オン・セミコンダクター・ホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 3件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 群馬県平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.3 29.1 50.3
平均給与(万円/年) 483.3 363.5 60.4
有給休暇消化率 70.0 38.7 58.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある群馬県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

早期希望退職制度を利用した退職です。

voice

希望退職と言われていたが、勤めていた営業所が閉鎖され、新しい職場がないと言われ、希望退職を選択せざるを得なかった。

voice

会社自体に未来がなく、OnSemiconductorの意向が強い現状に追い詰められたような気がして、オープンマインドで希望退職を申し込むことにしました。

voice

早期退職を繰り返し呼びかけているにもかかわらず、経営方針を決める上層部に新たな人材が採用されておらず、管理職が大量に余っているため、現状維持のまま早期退職の対象になるかどうか毎年悩んでいるという。

voice

まだ追加の退職プログラムや再就職支援プログラムがありますが、これが最後のチャンスだと判断しました。

voice

勤めていた部署が解散し、上司から「クビになる」と言われ、遠方での自主退職を求められました。

voice

希望退職が5年連続で実施されているためです。

voice

強制的に残ったとしても、社外への転勤や閑職への配置転換が提案され、同じ部署にいた人の7割が退職を選択した。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。オン・セミコンダクター・ホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

繁忙期には、深夜残業が多くなることも。

voice

残業はほとんどなく、希望すれば残業や休日出勤も可能で、福利厚生も必ずついています。

voice

残業は繁忙期以外は自分のペースで調整できるので、ワークライフバランスもバッチリ。

voice

基本的に残業は認められる可能性が低く、認められたとしても部署から与えられるノルマがあるため、ごく一部の人を除いて20時間以内に抑えられています。

voice

経営対策の一環として残業を禁止しています。

voice

残業は部署によりますが、負担になるほどではありません。

voice

名目上、管理措置として残業はありません。

voice

残業もしにくいので、忙しい人にはちょっと面倒くさいかもしれません。

voice

最近では、不採算事業が相次いで清算され、残業もなくなりました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は奨励されており、非常に休みが取りやすくなっています。

voice

有給休暇も取得可能で、残業代も全額支給されます。

voice

有給休暇を取るのが面倒くさいとは思いません。

voice

普段は休みも有給休暇もたっぷり残っているので、どうやってリフレッシュするか迷っています。

voice

Oncemi自体がアメリカの法人なので、会計制度上は有給休暇は「従業員の負債」として扱われます。

voice

業績が厳しいときには、見かけ上の業績を改善するために、四半期末までに4日程度の有給休暇を取らざるを得ないことが多い。

voice

それでも、年休や給料を考えると、とても良い会社でした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。オン・セミコンダクター・ホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

当時はボーナスが4~5ヶ月分あり、それなりの年収でした。

voice

2013年には、基本給が10%カットされ、ボーナスが4ヶ月分のフラットボーナスが2ヶ月分になり、残業代が労働基準法に引き下げられました。

voice

最近では5%の減給とボーナスが4ヶ月から2ヶ月に減らされていますが、地元の会社にしては十分な高給だと思います。

voice

赤字が続いていたため、給料はカットされ、ボーナスも半分になり、残業もなく、年収は2割近く減ってしまいました。

voice

私が在籍していた7年間に昇進と昇給は1回、昇給は2回ありましたが、福利厚生や給与のカットの方が大きかったです。

voice

業績不振のため、過去の給与から5%の割引、ボーナスから50%の割引を受けました。

voice

年に2回の目標設定と結果報告があり、ボーナスは多少上下しますが、評価はそれほど厳しくありませんでした。

voice

私がいた頃の三洋半導体は、今はオン・セミコンダクタのグループになっているので、評価制度が変わったのだと思いますが、業績はほとんど給料に反映されていなかったと思います(ボーナスの差が少しあるだけ)。

voice

業績不振が続いているので仕方がないが、減給やボーナス半減で年収は年々下がっている。

voice

上司に気に入られなければ、評価者(上司)が気に入るだけ評価が変わるので、昇給の可能性は低くなります。

voice

そもそも、ボーナスや給与、残業規制をカットした会社が福利厚生を続けられるわけがない。

voice

製造業にしては、まあまあの給与水準だと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。オン・セミコンダクター・ホールディングスはどうでしょうか。

voice

会社の業績は非常に悪いのですが、コスト削減策として、有給休暇を強制的に取得させて定時退社させているので、仕事が終わった後の時間がなかなか残らないレベルです。

voice

部署によって異なりますが、水曜日は定時退社を推奨していますし、定時退社を促す環境がありますので、仕事とプライベートの両方の時間を十分に確保できる環境が整っていると感じています。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

何も決められないまま、ずるずると時間が過ぎていき、いつの間にか取り返しのつかない状態になってしまうのが日本人の感覚です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。