シェイプアップハウスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに シェイプアップハウス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 53件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.8 29.7 50.0
平均給与(万円/年) 280.3 402.8 42.4
有給休暇消化率 31.9 43.5 46.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

シェイプアップハウスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、シェイプアップハウスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。シェイプアップハウスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

新人の頃は、2時間近く早く出勤してサロンの掃除をするのが当たり前で、残業代はもちろん出ませんでした。

voice

残業代が出るのはお客様などがいる場合のみで、朝9時半まで働いて9時半にお客様が帰ってしまうと、そこからの閉店や清掃などは残業代に反映されませんでした。

voice

今はどうなのかわかりませんが、公休日に技術チェックで数日休みがあり、残業がかなり多かったです。

voice

サービス残業や休日出勤はサロンによって異なりますが、どこのエステサロンでもこんな感じだと思います。

voice

残業、休日出勤、ランク試験、忙しい。

voice

よほどのことがない限り、定時で帰れますし、残業が目立つ場合は他の部署から指摘されます。

voice

店舗によってはノルマがなく、配属によっては残業もあまりなく帰宅できるところもあります。

voice

残業も可能で、残業代は上司に応じて支給されます。

voice

私が働いていたサロンでは、アルバイトの方がいて、残業が当たり前でした。

voice

サービス残業が多いところは改善してほしい。

voice

休日の体力を温存したくても、祝日に仕事をしたり、勉強会のために休日出勤をしたりして、心身ともに疲れ果てていました。

voice

ほとんどの店舗は人手不足のため、その日の予約状況によっては残業が発生する場合があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇制度はありますが、元同僚が3年連続で1回しか使えないと言っていて、すぐに無くなるし、連休も2日しか取れないと言っています。

voice

休みを自由にとる文化がないので、働きやすい職場とは言えません。

voice

有給休暇の文化がなく、取得している人を見たことがありませんでした。

voice

勤続半年で10日間の有給休暇が付与されますが、使っている社員をあまり見たことがありません。

voice

出産や育児に理解があり、体調不良の時は勤務時間を調整してくれます。

voice

人手が足りないので、売上を上げるためには休日出勤して新規のお客様に対応しなければならず、体力的にも精神的にも疲弊していました。

voice

後輩が休暇申請をする際には、先輩の休暇申請を確認してから申請するようにしていました。

voice

入社してから一度も海外旅行に行けていないのは、定期的に休みを取るのが難しいからです。

voice

非常勤スタッフは平日しか働けず、完全週休2日制だったが、短時間勤務のスタッフは週休2日制で50%働くように言われていた。

voice

休暇は週休二日制ですが、まれに休みの日にレッスンに行かなければならないこともあります。

voice

週休2日制ですが、指定されたお客様が来た時には休日出勤することも珍しくありません。

voice

有給休暇はおろか、予定されていた休みも店舗販売のために出勤させられ、ライフワークバランスを崩してしまった。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。シェイプアップハウスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

業績の良い年には、夏・秋・冬の3回のボーナスがありました。

voice

給与についてはあまり覚えていませんが、業績が良かった時には通常のボーナスに加えてボーナスが出るようになっていました。

voice

役職に就くと給料が少し上がると聞いたことがありますが、実際に役職に就いたことがある人に聞いてみると、給料はほとんど変わらないそうです。

voice

働いた時間もハードワークの割に給料が低い。

voice

給与面では、スタッフのスキルに見合った妥当な給与です。

voice

昇進しない限り、ずっと給料が上がらない仕組みになっています。

voice

契約が取れない場合は、ボーナスが少ないので難しいかもしれません。

voice

講習や研修、スクーリングにはお金がかかるので、新人の場合は仕事をした分だけプラスマイナスゼロの状態になります。

voice

分間の時間を無駄にしていると注意されるかもしれませんが、普通に働いていればそれなりの給料はもらえます。

voice

試験に合格し、トレーナー、マネージャーなどに昇格すると、固定給やボーナスがアップします。

voice

技術に入るポイント(給料に換算)を稼いで技術に入る(給料に換算)と、日々の営業をするのではなく、給料の額面が変わってきます。

voice

ボーナスは個人の業績によってかなり異なります。

voice

週休二日制で休日の集金もありますが、給料は高めです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。シェイプアップハウスはどうでしょうか。

voice

女性は体力があり、独身者が多く、結婚しても仕事を続けていくのは体力的にも精神的にも難しい。

voice

体力のない方には体力的にも精神的にも辛い会社です。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

他の大手企業のようないじめはありませんでした。

voice

いじめもなく、いい人が多かったです。

voice

女性特有の嫌がらせをしたり、女性に感情をぶつけたりする管理職や主任、チーフもいる。

voice

上司の好みなど、個人的な理由で嫌がらせやハラスメントを受けることはありません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

毎朝、休みの日もレッスンに行かなければならないという無言の強制力のようなものを感じました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

主観的には、かなり体育会系の会社で、ついていくのが大変そうな印象を受けました。

voice

体育会系の女性が多く、基本的に理不尽なことは言われませんでした。

voice

他のエステに比べてノルマもなく(毎月目標を書かされていましたが)、それは良かったのですが、営業の方の働き方が嫌になるほど嫌な感じで、辞めるのに半年以上かかってしまいました。

voice

短時間で同時に店内作業を覚える必要があるので、よっぽどのことがない限り、簡単ではありません。

voice

まあ、サービス業はどこもそうかもしれませんが、入ってからのギャップがある業界なので、エステが好きで根性と体力がある人は頑張ってください。

voice

企業は従業員を洗脳してモチベーションを上げる。

voice

ノルマはありませんが、自然と目標が設定されているので、お客様との信頼関係やカウンセリング力を身につける必要があります。

voice

新人の頃は、レベルが高いだけでなく、掃除や上下関係、身だしなみなどにも厳しくて大変でした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私は大学を出たばかりの頃に入社しました。200人の仲間が何人残っているかわかりませんが、周りの仲間は厳しい環境や会社の制度に疑問を感じて辞めていきました。

voice

将来のことを考えて引退したのですが、このままでは結婚して子供ができても体力が続かないのは明らかです。

voice

長い目で見て、仕事に見合った給料ではなかったので、退職を決意した。

voice

給料が安い、環境が悪い、技術を楽しめないなどの理由で退職しました。

voice

入社してすぐにハードな施術をしていたのですが、腱鞘炎になってしまい、エステティシャンとしての将来が見えなくなってしまいました。

voice

今はもう引退していますが、ダイエットやエステに関する理論は、エステティシャンとして必要な知識の基礎となっていました。

voice

職場の女性との対人関係に嫌気がさし、退職しました。

voice

離職率は激しいが、いつになったら自分たちの過ちに気づくのだろうか。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。