ラピーヌのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ラピーヌ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.4 29.7 54.0
平均給与(万円/年) 368.5 402.8 47.9
有給休暇消化率 22.1 43.5 44.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ラピーヌの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料面はあまり良くなく、昇給はほとんどありません。

voice

部署や役職によって有給休暇の周期があり、多く取得する人もいますが、このような待遇の違いはあっても、同じクラスの社員であれば給与は同じです。

voice

既婚女性なら我慢できるかもしれませんが、当時の大卒の同級生の男性の給料は同じだったので、正直男性にはきついと思いました。

voice

住宅手当、残業代、休日出勤手当は出ないので、年収は入社時とほぼ同じ。

voice

給与制度は、目標管理シートを使って今年の目標を自分で設定できる制度に変更され、会社・部署・個人の業績を達成すれば、給与が上がることはほぼありません。

voice

残業もほとんどない良い会社なので、やる気のある方、給料の範囲内でスキルアップしたい方にはピッタリだと思います。

voice

入社した時から上司に言われていましたが、給料は増えません。

voice

給料が安く、仕事がハードなので、被害者意識に基づいたパートナーシップなので、その和に加わらないと寂しい思いをすることが多いです。

voice

待遇の良し悪しで給与に差があるわけではなく、若手社員のやる気を削ぐような制度になっていると思います。

voice

家族を持つ同世代や先輩はそれが原因で辞めています)ボーナスは大体1ヶ月未満で、会社は衰退傾向や現状維持の傾向にあるので、全く期待できません。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ラピーヌの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

一方、営業などはみなし労働制なので、担当する場所によっては長時間労働や休日出勤が一般的で、時間を作るのが難しいこともあります。

voice

基本的に残業はあまりないので、アフター5が楽です。

voice

仕事はシステム化されていて効率的で、残業や休日出勤も含めて、以前に比べてかなり改善されていると思います。

voice

今考えると、残業が多い会社で働くよりも、ライフバランスが取れている方がいいというのも一つの考え方ですね。

voice

休日は会社カレンダーがありますが、男性は土日に出勤することが多いようで、残業(10時間)としかみなされないので大変です。

voice

仕事ができない上司が多く、残業する習慣が残っているため、サービス残業が当たり前になっている。

voice

残業は他のアパレルに比べて少ない傾向にあります(月20時間未満)。

voice

正社員は残業代が出ますが、上司からは残業しないように言われているので、毎月の給料は変わりません。

voice

残業代はほとんど出ないと思っておいた方がいいでしょう。

voice

とにかく休日出勤が当たり前の空気。

voice

残業が多いことを期待して入社しましたが、新卒の時は残業がほとんどなく帰宅させてもらえました。

voice

営業は精神論が多く、サービス残業も多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日は休日で、事前に申告すれば有給休暇もしっかり取得できます。

voice

有給休暇が取りやすいので、仕事と家庭の両立がしやすいと思います。

voice

有給休暇がとても取りやすく、すぐに取得することができました。

voice

有給休暇はありましたが、製造部門だったので、なかなか休めない雰囲気があり、在職中は一度も休んだことがありませんでした。

voice

有給休暇が取りづらく、特別な休暇制度もないので、働きやすい環境ではありません。

voice

在職中、様々な業界の方から話を聞きましたが、基本的に忙しいブランドや営業マンは有給休暇が取れません。

voice

産休・育休も取りやすく、部署にもよりますが、有給休暇も取りやすいです。

voice

ほとんどの営業はキャパギリギリで働いているので、よほどの理由がない限り平日に休む人はいません。

voice

業界や部署によって、休みの取りやすさや残業代の支給の有無は大きく異なります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ラピーヌはどうでしょうか。

voice

上層部は社員を使い捨てと考え、「文句があるなら辞めればいい」としか考えていません。

voice

就業時間は定時で、帰宅時間はほぼ決まっています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

政権は全くパワハラではなかった。

voice

コンプライアンス意識が高い会社なので、私の知る限りではセクハラはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業至上主義、ノルマ達成は必須です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

多分、結婚した時に退職せずに頑張っていたら、待遇は良かったのではないでしょうか。

voice

当時は、私たちの世代でも今ほど共稼ぎは多くなく、リタイアしている人が多かったようです。

voice

定年退職してしまいましたが、シルバー時代に着たいと思えるような素敵な服を作ってくれていることを心から願っています。

voice

百貨店販売では販売員とのコミュニケーションが売上につながるが、小さな店舗では品揃えが少ないので、他店の商品を移す必要があるが、なかなか手に入らないので、上司に相談したが、協力が得られなかったので、退職することにした。

voice

婦人服メーカーなので女性社員が多く、結婚・育児休暇後の復帰もしやすい環境です。

voice

30歳までの人は極端に少なく、30歳以降の人はかなり少ないので、その人たちが退職するまでキャリアアップはないと思っておいた方がいいかもしれませんね...。

voice

産休を取得して職場復帰しやすいが、育休終了と同時に退職する人も多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。