カプコンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに カプコン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 119件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.5 29.7 48.5
平均給与(万円/年) 479.8 402.8 54.7
有給休暇消化率 69.9 43.5 57.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。カプコンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

毎月の残業時間が裁量労働で与えられる残業時間を下回ることはほぼ不可能であり、労働意欲の低下につながっていました。

voice

今はどうなっているのかわかりませんが、上の方で「見込み残業代は裁量で払っているのだから、その分残業すべきだ」と言っていた人がいて、時短勤務の人の評価を下げるようなことをしていました。

voice

徹夜明けで出勤することが多いので、とても不潔です。

voice

忙しい時は忙しいですが、深夜残業や休日出勤は上司の許可が必要で、繁忙期でなければ早退する人が多いです。

voice

最近では開発体制が変わり、残業に関してはかなり配慮(?)されているようです。考慮されているようです(?)。

voice

(プログラマーの方が若干マシ)残業は限りなく多く、帰れない月はあまりありません。

voice

残業手当や休日出勤手当が出ても、残業が多くて体調不良で休む人の割合が多いので、健康に気をつけなければならない環境の整備が必要です。

voice

2.夜勤や残業はありますが、やりがいのある仕事です。

voice

8時間で同じ仕事ができる人と、深夜まで仕事ができる人の違いがあるからです。

voice

年俸制なので、残業代も含まれており、長く働いたからといって報酬が増えることはありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休みも取りやすく、健康や家庭の事情で上司に怒られたこともありませんでした。

voice

有給休暇は与えられていましたが、有給休暇を取得できる場所ではなく、有給休暇が切れるのを黙って見守るしかありませんでした。

voice

有給休暇も使えるので良いと思います。

voice

有給休暇の申請は電子的な流れになっており、とても使いやすいです。

voice

有給休暇はいつでも取得でき、給料もまともでした。

voice

年休を100%使い切った社員も多く、上司も休みを取ってくれるので、環境は良いです。

voice

ストレスで体調を崩してしまい、会社を辞めざるを得なくなりました。

voice

休日出勤は有給を取らず、代休を取得していました。

voice

デザイナーやプログラマーの場合は、半日休みなどで減らさない契約になっているので、有給休暇を節約することができます。

voice

良い点は、仕事をしていない時に有給休暇が比較的取りやすいこと(無収入ですが・・・)。 .。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。カプコンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

2つのボーナスともう1つのインセンティブ報酬である業績連動型ボーナスもありました。

voice

一部の人材を除いて、給料が少なく、とにかく上げにくい。

voice

インセンティブボーナスと呼ばれる、担当したタイトルに応じて支給されるボーナスのこと。

voice

基本給が年俸制で低いにもかかわらず、交通費がなぜか年俸に含まれていること。

voice

給与は時給制だったので、休みが多ければ少ないです。

voice

給料も安く、全体的には早く終わって良かったです。

voice

新入社員と同業他社との差は小さく、プロジェクトの配置は運次第なので、売れても売れなくても基本給は同じくらい。

voice

仕事が認められて契約社員に昇格しても、会社の規定で固定年俸の額面からスタートするため、アルバイトよりも給料が良い人もいます。

voice

リンクボーナスは別として、サポート部門と開発部門の収入の差はほとんどありません。

voice

取得した資格は資格手当として基本給には反映されません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。カプコンはどうでしょうか。

voice

フランクな人が多く、ブラックな雰囲気ではありませんが、部署によっては定時よりかなり遅く帰宅することもあります。

voice

遅刻・早退は給与に影響しないため、固定時間制に比べて働き方を自由に決めることができます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、カプコンではどのような現状でしょうか

voice

良くも悪くもゲーマーが多く、ゲーマー特有のコミュニケーションが取れない社員が多く、一人で悩んで休むことができず、鬱になって退職しました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

いじめや人間関係の問題を感じたことがなかったので、ストレスになるようなことはあまり思いつきませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

部署間の温度差が激しく、連携不足によるパワハラやセクハラが横行していました。

voice

某タイトルの開発チームでは、経営陣からのパワハラが当たり前になっています。

voice

お酒は楽しくて、アルハラはあまりありませんでした。

voice

社員のセクハラには敏感で、必要に応じて面談を行うなど、常にアンテナを張っています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ボーナスもないので、契約社員は自分の責任だけが押し付けられる最悪の環境です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の会社だったので、下の方が雑な感じでした。

voice

ストイックで体育会系の社風で、仕事に厳しい先輩が多かったので、目が鍛えられたのだと思います。

voice

メンタルケアをしてくれていれば、まだ辞めなくて済んだのに。

voice

やや体育会系のノリなので、たとえ上司の言うことに反対であっても、それに従い、立ち上がることがあなたの利益になります。

voice

決断が遅い、保守的などの傾向がありますが、最後は努力と忍耐で問題を解決するコツを持っています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司や管理職に全く魅力がなかったので、辞めることにしました。

voice

辞める理由をあげるとしたら、それが時代の流れだったと思います。

voice

待遇も良く、部署の雰囲気も良かったのですが、会社の方針や自分の営業方針に疑問を感じて辞めてしまいました。

voice

健康上の理由で退職してしまったが、安定した生活を送りたい方には、むしろ向いている会社です。

voice

私の隣に座っていた契約社員の男性も、私が退職した後に上司と喧嘩になり、退職に追い込まれました。

voice

本当にそんなことができなくて辞めました。

voice

事業内容の変化や業界の将来に興味を持てなくなったため、退職を検討しました。

voice

上司と折り合いがつかず、途中で辞めざるを得なくなりました。

voice

さらに、退職手続きも裏方の部署には届いておらず、書類の提出が遅れたことで、なぜか用事に追われていた。

voice

東京では新商品開発が非常に難しく、ゲームを積極的に開発したいと思っていたスタッフのほとんどが退社してしまった。

voice

出産間近の先輩に退職を促していたのも印象的でした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。