近鉄百貨店のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 近鉄百貨店 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 56件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 16.6 29.7 55.1
平均給与(万円/年) 374.5 402.8 48.2
有給休暇消化率 46.0 43.5 50.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

近鉄百貨店に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、近鉄百貨店と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

将来のキャリアパスが見えないまま退職しました。

voice

個人的に他のことをしたいと思っていたので、それがなければずっと働きたいと思っていた場所だったので、辞めることにしました。

voice

10年強で4回も希望退職の勧誘があった不安定な状態で、いまだにウイルス(爆)社員がたくさん残っていて、何かしているように見えて実は何もしていない自衛官ばかりのような気がして残念です。

voice

派遣社員だったので、契約期間が切れていたのですが、人間関係に不安を感じて退職しました。

voice

自分に自信がなかったので、キャリアがあったり、営業成績が良かったりしないと出世できないし、追い出される可能性もあったので、将来のために辞めました。

voice

私が退職した主な理由は、入社時に交わした契約書との違いがあったからです。

voice

知人の紹介でその業界の人を何人か紹介してもらい、話を聞いているうちに「自分にもできる」と思い退職しました。

voice

通勤時間や不規則な時間帯を考えると、仕事を続けるのは難しいと思い、退職しました。

voice

辞める理由は無限にありますが、本当に大きいのは給料の面です。

voice

結婚して地方に引っ越したため、泣く泣く退職。

voice

接客販売が好きでこの仕事を志望していたのですが、2つの理由で辞めることにしました。

voice

所属によっては不快な思いをして、途中で辞めてしまう人もいます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。近鉄百貨店の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働組合は最低限の労働条件を確保していたが、残業時間は売場によって大きく異なる。

voice

残業に関しては、繁忙期には少し残業しなければならない時もありましたが、基本的にはそれほど多くなく、規定通りに帰宅することができました。

voice

配属先にもよると思いますが、休日や残業の良いところをご紹介します。

voice

土日祝日に自主的に仕事をしている人もいますが、一般的にはきちんと休みを取ることができています。

voice

退職者が労基署に訴え、多少は改善されてきましたが、まだまだサービス残業が多いようです。

voice

一方、管理部門は残業せずに帰宅する日が多い。

voice

接客業の性質上、お客さんがいると難しい作業(値下げや在庫作業など)で閉店後に残業しなければならないこともありますが、残って仕事をしていると上司から「早く帰ってください」と言われます。わざわざ売り場に来て教えてくれたり、後日注意されたりするのはやはり納得できません。

voice

残業は、社員数の関係で事前に折半されることはありますが、それほど多くはありません。

voice

男性社員(特に外商系)は休日出勤が当たり前。

voice

に残業して出勤しているのは、半数以上が「やらされているから」という理由で出勤しています。

voice

各部署にはあらかじめ残業時間が割り振られていて、それを超えた分はサービスでしたが、実際にはシフト制で働くことはほとんどなく、開店から閉店までいることがほとんどでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

上司にもよると思いますが、基本的にワークライフバランスが良く、女性でも有給休暇を申請しやすいと思います。

voice

上司に退職を伝えた後、最終出勤日までに残っている有給休暇を使えるようにスケジュールを組んでくれました。

voice

正社員や契約社員は半年に2回、5連休を取得しなければならないので、プライベートとの両立が比較的しやすい環境です。

voice

収支が部署に見合っていないと、部署の人数を減らしてしまうので、部署にもよりますが、公休以外の休み(有給休暇など)は取れません。

voice

有給休暇も100%取得できたので、その点では大企業のような気がします。

voice

誕生日休暇も奨励されており、有給休暇も取りやすい環境です。

voice

有給休暇を取らないと土日休みの会社に行くのは難しいので、その点は良かったと思います。

voice

有給休暇はあまり取れませんでしたが、気になりませんでした。

voice

週休2日制、有給休暇などの休暇制度があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。近鉄百貨店の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

お店によって給料は違うようですが、基本的には低めです。

voice

ボーナスについては、一般的な会社のボーナスに加えて、外資系営業部にいたので売上の歩合給がありました。

voice

最近では、夏と冬にボーナスがカットされたり、給料が増えたりしているので、住宅ローンを組もうと思っている人は大変なことになっています。

voice

月給は一般的な会社と遜色ないが、ボーナスはかなり少ない。

voice

今はわかりませんが、私が退職した2012年は、正社員だったにもかかわらず、ボーナスが0.5ヶ月分くらいしか出ていませんでした。

voice

少し前から、化粧品部門のエキスパート社員には特別手当が支給されるようになり、給料が大幅にアップしました。

voice

派遣社員だったので、昇給は全くなく、他の派遣社員と一緒に新人研修などの仕事をしても、それに加えて何ももらえなかったので、やりがいがありませんでした。

voice

不規則な時間とハードワークの割には給料が少なすぎる。

voice

他社と比較して全体的に給与が低い傾向にあります。

voice

ハーカスがオープンしてから売り上げが上がったが、それが給与に反映されていない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。近鉄百貨店はどうでしょうか。

voice

派遣社員だったので、ライフワークバランスに問題なく働くことができました。

voice

ライフワークバランスの良い職場だと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

上司は早く帰れ、休めと大声で唱えますが、それは会社のパワハラ委員会から非難されるための言い訳に過ぎず、実際にはそうしないと仕事が続かないので見て見ぬふりをしてしまうのです。

voice

営業マンからのパワハラに悩まされ、精神的に辛くなったので退職しました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

私の上司の多くは権力欲の強い人たちで、良くも悪くも営業は気合と根性が全てだと思っている人たちです。

voice

従業員と管理職の間には明確な上下関係はありませんでした。

voice

会社のオーナーと知り合えて、自分のノルマを達成できた時の充実感があります。

voice

外資系営業部で働いていましたが、予算の名目で事実上のノルマを課せられ、商品を売るインセンティブもありませんでした。

voice

集客数にはノルマが課せられていて、数の管理にはうるさいと思います。

voice

業務内容としては、イベントの開催、イベントのための集客、高額商品の販売のための家庭訪問、山のようにある企画商品の販売など、毎週末には当然ながらノルマを課せられる仕事が山積しています。

voice

ノルマを達成できなかった時には、言葉で罵倒されることも珍しくありませんでした。

voice

個人にはノルマが課せられていますが、部署によって大きな差があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。