西日本高速道路のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 西日本高速道路 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 16件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.1 29.7 50.2
平均給与(万円/年) 502.1 402.8 56.1
有給休暇消化率 36.4 43.5 48.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。西日本高速道路の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間は、勤務地や部署によって異なります。毎日定時で帰れるところもあれば、毎日11時や12時まで残業するところもあります。

voice

上司から「なぜ就業時間内に仕事を終わらせないのか」としつこく質問され、上司のいない早朝や夜間に残業してしまうこともありました。

voice

サービス残業や休日出勤は当たり前。

voice

年に1~2回、夜間の道路閉鎖作業があり、その間のみ月90時間の残業が認められます。

voice

残業代はサービス残業の撲滅にも力を入れているので、基本的には働いた分だけお給料がもらえます。

voice

道路の通行止めや工事、事故などで夜に出勤するのが当たり前のようになっているので、徹夜残業や休日出勤も珍しくありません。

voice

公的にはワークライフバランスが大事だと言われていますが、部署や上司にもよりますが、残業を減らそうとしているような気がします。

voice

残業もほとんどなく定時で帰れます。

voice

仕事量が増えて社員数が足りなくなっているため、特に若い人は残業を前提としている。

voice

残業時間は、技術系に比べて管理系の方が比較的少ないかもしれません。

voice

パソコンのログを提出するようになって、サービス残業がしにくくなった。

voice

基本的に残業もなく定時で帰れるし、ボーナスも年2回あるし、福利厚生も充実していると聞いています。

voice

仕事の見直しや効率化で残業を減らそうとしている会社もあれば、残業を認めない(仕事量が変わらないため)会社もあり、パソコンの電源を入れずにサービス残業をさせられている......。

voice

月の上限に近い残業代を払ってしまうと、上司から評価されないので、年間を通してバランスを考える必要があります。

voice

楽な部署にいた時は、残業もほとんどなく、土日は遊び放題でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得率が比較的高いと感じているため、プライベートは充実していると感じている。

voice

働けると言われる人は有給休暇をあまり使わず、働けないと言われる人は有給休暇をよく使う。

voice

うちの会社はまだお酒を飲む文化があるので、二日酔いで有給休暇(午前・午後の休み)を消費するのは笑えない印象です。

voice

福利厚生が充実していて、産休・有給休暇も取りやすい雰囲気なので、お子さんがいる主婦の方には、他の会社よりも働きやすい職場です。

voice

残業時間の半額を残業代として支給している点は評価できる(月40時間まで申請可能)。

voice

夜間工事や冬場の雪氷作業には明け渡し制度がないため、有給休暇を利用して休みを取らなければならない。

voice

もちろん、災害時などは休日に関係なく出勤しなければならないので、復帰が難しい日もあります。

voice

社用車を運転して近くの現場に行くと旅費申請ができ、旅費だけで月に1万円ほど支給されます。

voice

休日制度や労働時間については、時間に余裕のない部署(多くはサラリーマン)は定時で帰宅し、好きな時に有給休暇を取得することができます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。西日本高速道路の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスも豊富で、残業代も確実に出ていました。

voice

ボーナスは年2回、基本給の2ヶ月分程度ですが、それでも業績評価によって若干の差がありました。

voice

若い時はそれなりの給料だが、年を取ると昇給があるが、役職がないと一斉に昇給が止まる。

voice

給与・ボーナスについては、昇給等が確実にあり、年収のダウンはないので、最近の会社では優秀と思われます。

voice

給料は公務員と似たようなものなので、あまり多くはもらえませんが、住宅手当や夜勤手当、特別手当などがあるので、年収としては良い方だと思います。

voice

半官半民の会社だからか、ボーナスは特に大きくありません。

voice

残業代も100%支給されるので、残業が多い技術職の給料は、サラリーマンの給料よりも一回り多いようです。

voice

ボーナスは4.4ヶ月分だったので待遇は良かったのですが、日勤や夜勤の時もあり、かなり体力的にきつかったのに、電話オペレーターというだけで月15万円ももらえませんでした。

voice

福利厚生が充実しており、給与も他の大手企業と比べても遜色ありません。

voice

給与体系は公務員と同じようなもので、福利厚生も充実しています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。西日本高速道路はどうでしょうか。

voice

体育会系の会社で奴隷のような命令が多く、鬱病患者が多いまともな会社ではない。

voice

ブラック企業にありがちな、残業を強要されたわけでも、結果を出させられたわけでもありません。

voice

職場や職種によって残業やこじつけなどに対する考え方が違うので、ほぼ毎日定時で働く人もいれば、毎日深夜まで働く人もいます。

voice

他部署との収入やワークギャップが大きく、テレマーケターとして入社しても他部署への異動ができず、仕事のやりがいがない。業務に支障をきたすような雰囲気ではありません。

voice

忙しくない部署に配属されれば、かなりライフワークバランスが保てます。

voice

転勤が多く、勤務地が考慮されていないため、結婚や子育て、ライフワークバランスを考えている人には難しいかもしれません。

voice

いつも二人一組で、気に入らない上司がいると一日中一緒にいることになるので、精神的に辛いです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラが横行し、私生活はほとんど存在しない。

voice

パワハラ、セクハラなどは、社内では非常に注意しているため、稀に発生することがあります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上司は部下への脅迫などを繰り返し、自殺者が続出している。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

私が個人的に倫理観について抱いていたことと、私が勤務していた会社が、関係法令の規定や道路に関する政治・行政施策の下で、従業員に直接・間接的に奨励・奨励していたこととの間には、100%国有化されているという文脈の中で、大きな乖離があったのです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私の場合は、離れて暮らすのが大変だったので、退職を選択せざるを得ませんでした。

voice

当然のことながら、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入しており、建設関連の企業年金にも加入しており、他社に比べて老後の備えがしっかりしている印象を受けました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。