サントリーホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サントリーホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 75件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.1 29.7 52.9
平均給与(万円/年) 505.2 402.8 56.3
有給休暇消化率 73.9 43.5 58.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サントリーホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇進や昇給に関しては、基本的には年功序列ですが。

voice

残業代もしっかりと補償されていて、給料面でも満足していました。

voice

給料が高い方が嬉しいですね。

voice

ボーナスについては、業績が好調なため、非常に満足のいく金額を支給している。

voice

基本的には平等主義なので、ボーナスなどの待遇面での差はほとんどありません。

voice

住宅手当などの「福利厚生(給与以外の収入)」と呼ぶ人もいますが、意外にもボーナス額は少なく、会社がいかに社員を大切にしているかがよくわかる「福利厚生」です。

voice

ボーナスは業績連動型で、年初からの売上高、利益、在庫水準などの各種指標の予算達成度に応じて支給されます。

voice

住宅手当も充実しており、額面以上にお金を残している印象を受けます。

voice

給料はもちろん、家を買えばゼロ、それに加えて店長レベルの残業代ゼロという悪夢のような30代が予想されます。

voice

どの仕事でも評価基準は同じでも、ボーナスは部署内の相対的な評価で決まるので、頑張れば頑張るほどボーナスが出にくくなります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サントリーホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が多くて大変な職場環境でしたが、それに見合った給与が支払われていたと思います。

voice

例えば、小売販売では肉体労働が当たり前で、それが残業代にならない場合は受け入れられないことが多い。

voice

工場勤務の場合、残業はありません。

voice

残業代はきちんと支給されました。

voice

年末はとても忙しく、残業も多いです。

voice

ほぼ毎日21時から22時の間に帰宅し、休日は月に数回仕事をし、会議も非常に多いので、プレッシャーやストレスはかなり大きいのではないでしょうか。

voice

ワークライフバランスがとても良いです。ほとんどの社員が産休を取得して復職しています。働く従業員に配慮した残業防止策が数多く講じられています。雑誌や官公庁などでも事例として取り上げられることが多い労働環境です。大手企業としては、満足のいくワークライフバランスが実現されていると感じます。これは職種によって多少の違いはあるかもしれませんが、この点ではかなり徹底されていると思います。

voice

残業の強制はなく、仕事量を管理すれば平日でも趣味や娯楽の時間を確保することができます。

voice

自分の時間を持ちやすく、残業などを極力抑えていたのでストレスを感じませんでした。

voice

ポストを得た正社員は、仕事量が多く、残業が3時間もあると見られていた。

voice

一人一人の仕事量が多く、残業は日常茶飯事。

voice

会社全体としては、長時間労働や残業は改善されているので、今後悪化することは考えにくい。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年明けに有給休暇を取りたい日を入力して、休みも取れるシステムになっているので、有給休暇が取りやすくなっています。

voice

カレンダー通りの大型連休があり、有給休暇も比較的取りやすかったです。

voice

年次有給休暇は年間20日程度で、消化率は約半分。

voice

産休はきちんと申請すれば取得できます。

voice

サントリーは土日祝日はお休みでした。

voice

男性のための産休制度があるとはいえ、まだまだ取得に消極的な雰囲気があり、ごく一部の制度に過ぎないのが現状です。

voice

上司に業務改善の提案をすることで、自分の評価を上げることができるのがやりがいです。残業が多いと体力的にはきついですが、有給休暇は比較的取りやすいのが良いですね。

voice

有給休暇もみんな取得していて、会社の中では当たり前のようになっているようです。

voice

契約社員として採用されましたが、有給休暇や労働時間の融通が利くなど、かなり融通が利く会社でした。

voice

休みも取れるし、家族との時間も十二分に取れると思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サントリーホールディングスはどうでしょうか。

voice

社員は会社への愛の精神で、自分の立場に文句を言わずに頑張っています。

voice

とにかく前向きで、「やるだけ」という言葉に象徴されるように、新しいことにチャレンジする姿勢は他の追随を許さないものがあります。

voice

最近では、ライフワークバランスを意識するようになったので、よっぽど変な上司でない限り、まともな生活ができると思います。

voice

時期によっては終了時間が日にちをまたぐこともありましたが、基本的には時間通りに終了するので問題ないと思います。

voice

忠誠心が強すぎるので、中途採用者が馴染むまでには時間がかかるかもしれません。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

人間的によくできていて魅力的なものが多いので、余計な妬みや陰湿さはありません。

voice

単身赴任が多かったため、家族の養育を怠り、その結果、家庭内では毎日のように喧嘩が絶えませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

研修などの福利厚生が充実しているはずなのに、パワハラ経営者は一向に減らない。

voice

パワハラが内輪の文化として認識されているのは前時代的で、むしろ量産されているのではないかと思うほどです。

voice

パワハラをする上司もいますが、最近は組合などでトラブルになることもあり、あまり見かけなくなってきたように思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

悪い点を挙げるとすれば、体育会系の雰囲気から、入社年によって発言力や自由度が増す軍隊式の年功序列(給料などではない)とほぼ間違いないと思いますが......。

voice

営業の方は面白くて明るい感じで、どちらかというと体育会系のような雰囲気です。

voice

この会社は基本的な上下関係がそれほど厚くなく、上からの意見とは関係なく、様々な改善提案が受け入れられ、参考にされる場所でもあると思います。

voice

上下関係という意味では、仕事中だけでなく、プライベートでも比較的仲が良いと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

早期退職の可能性があるため、能力に応じて給与が変動する可能性があります。

voice

個人的な理由で退職しました。

voice

家庭の事情で引退したからといって、サントリーに不満があったわけではない。

voice

家業を継ぐことになったことが退職の大きな要因でしたが、会社はそのことに寛大に対応してくれましたし、その余波で特に悪いことはありませんでした。

voice

退職の主な理由は何ですか?と聞かれた時の話です。

voice

自分のやりたいことを見つけたので、会社を辞めました。

voice

請負業者はなおさらで、退職が相次ぎ、現場は決して安定していなかった。

voice

良い上司に恵まれていたのですが、もう退職してしまい、仕事へのモチベーションが少し下がってしまいました。

voice

退職してから業績が急に上がったことや、仲間の待遇が急に良くなったことを考えると、若手社員にもっと投資してもいいのではないかという思いが残っています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。