日本イーライリリーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本イーライリリー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 135件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 兵庫県平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.1 29.1 51.6
平均給与(万円/年) 710.3 397.9 71.7
有給休暇消化率 53.0 42.1 53.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある兵庫県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本イーライリリーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本イーライリリーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

ワークライフバランスのためには、有給休暇の取得のしやすさが重要です。

voice

有給休暇はとても取りやすく、一昨年は2週間の休みを取って海外旅行に行ってきました。

voice

有給休暇の取得目標数の違いや、所属する支店・地域・部署によって有給休暇の取得に若干の差があるような印象を受けました。

voice

有給休暇も年間10日取得することを目標にしています。そういう意味では、海外旅行などで年間20日取得しても問題ないのですが、業績に伴うものであればなお良いですね。

voice

上司によって多少の違いはありますが、基本的にはWeb上のボタン一つで有給休暇の申請を行い、上司の承認を得ることができます。

voice

通常の有給休暇も、アポイントなどがなければ比較的取得しやすいです。

voice

年間10日以上の有給休暇取得を推進しているため、上司の評価は部下の有給休暇取得率を考慮しています。

voice

有給休暇は使う権利があるので、どんどん使っていきましょう。幹部もクリスマスや年末に大型連休を作って休暇を取得しています。

voice

10日以上の休みを取得させようとしており、働き方改革が進んでいると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本イーライリリーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

S4(担当マネージャー)800万(基本給41万~)。

voice

(住宅手当は少なめですが...)また、ここ数年で社員数が大幅に増えたため、昨年入社した人の年収は少し低めに設定されていると思います。

voice

月々の総支給額は、個人差はありますが、10万~15万くらいでしょうか。

voice

外資系なのでインセンティブが多いのかなと思っていましたが、ボーナスは最低でも5ヶ月はあるので、予算が達成できないとボーナスがゼロになるような他社の会社がある中では安定していると感じます。

voice

ボーナスは3つありますが、そのうち3月・12月のボーナスはレップの成績に連動しており、結果を出すためのモチベーションにつながっています。

voice

ボーナス変動ボーナスのロジックは複雑で効率が悪い。

voice

他業種と比較すると、夏と冬のボーナスが2ヶ月ずつ、上半期と下半期にそれぞれ平均2ヶ月ずつ、営業手当、日当、住宅手当などのボーナスがあり、他業種と比較しても良いと思います。

voice

年収に占める割合が高いのはボーナスに依存しており、会社の業績が良ければランクの高い人の方が多くもらえることもあります。

voice

業績が良ければ、給料は大幅にアップします。

voice

新入社員の研修でも、ボーナスで給料の1ヶ月分が支給されると知って驚きました。

voice

基本給が高い分、高い分を補っていると言われていますが、なんだかしっくりきません。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本イーライリリーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

最近は、深夜の電話会議での睡眠不足が解消されてきたような気もするが、少なくとも家族の生活リズムに合わせて普通の時間には起きている。

voice

忙しくて残業も多いですが、生活のリズムに合っていれば大丈夫だと思います。

voice

朝から卸しに行き、昼頃から営業し、講演会があれば夜遅くまで営業することもあります。

voice

残業時間は忖度のために提出しなければならず、実際の労働時間と給与との間に乖離が生じます。

voice

残業を減らすための全社的な取り組みを積極的に行うなど、ワークライフバランスに力を入れている印象を受けました。

voice

20時には退社しなければならない制度を導入しているので、夜遅くまで会社にいる必要は全くありません。

voice

臨床開発モニタリングチームの拡大に伴い、業務量が増え、残業も多くなった時期でした。

voice

現在、深夜労働については規制が設けられていますが、グローバルメンバーの理解が不可欠です。

voice

担当医や病院にもよりますが、どうしても夜遅くになることもありました。

voice

部署によっては、残業を伴う負担の大きい業務をお願いすることもあります。

voice

勉強会や会議などで深夜まで帰れないことも多かったので、今は育児との両立は難しいと思います。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本イーライリリーではどのような現状でしょうか

voice

当時は統合失調症にもうつ病にもいい薬があって、通いやすかった。

voice

抗精神病薬を延命させるために、通常の錠剤から口腔内崩壊錠に切り替えることを使命としている。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

残念ですが、いじめに辟易して変な情報を出してしまう社員が多く、幼稚な気がします。

voice

子供の病気で早退しなければならない時も、周りのメンバーに伝えればすぐに仕事に復帰でき、悪口を言われたことはありませんでした。

voice

まだできない社員に厳しく接したり、人間関係に疲れて上司を怒らせたりしていました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラがありそうな会社だと思っていたのですが、上司は絶対的な存在で、変人の先輩の機嫌に合わせなければならず、支店によっては人間関係が苦しくてすぐに辞めてしまう社員も多いようです。

voice

女性からのセクハラは問題ではありませんが、今後改善されていくのではないでしょうか。

voice

東京支社では、モラルハラスメントやパワハラは厳しく対応されていますが、地方支社では管理が徹底されておらず、人事が細かくチェックするのは難しいと思います。

voice

セクハラやパワハラ防止の意識が全社的に高く、仕事上で言うべきことを言いにくい雰囲気があります。

voice

年中成績がついてくるような仕事で、上司からのパワハラもひどかった。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

基本的には、無理難題を押し付けてくる先輩や上司はいません。

voice

ベテラン派遣で社員がへこんだり、医師とのやりとりで理不尽さから体調を崩したりすることもしばしば。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

外資系企業では、上司やチームとの関係性が希薄で、個人主義的との評価もあるかもしれませんが、かなり体育会系です。

voice

体育会系、縦割り社会の会社だと思いますが、上の人の信頼を得られるような働き方をすれば評価されると思います。

voice

服装について口うるさく言われることもないし、変な上下関係もない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

直近ではパワハラによる辞職や降格があったが、現場からの注意喚起がどの程度あったのかは不明。

voice

社員の入れ替わりが早く、将来的には早期退職や人員削減が予想されるため、動ける時期に転職した方が良いと考え、退職を検討しました。

voice

頑張れる若手社員が、昇給もなく他の会社でより良い条件を提示されて辞めてしまうのは、会社にとっても不利益になります。

voice

退職時には、人事の手続きが早いか、非常に身近でマニュアル化されています。

voice

私は派遣社員で出産後に退職したので、特に何も言われませんでした。

voice

支店長の退職が相次ぎ、さらには営業部長まで辞めてしまった。

voice

滅茶苦茶な人が管理職に移り、部下が辞めていくという悪循環が生まれ、退職者が後を絶たない。

voice

上司は自分の評価に影響を与えることを恐れて、私の退職理由を理解していないような気がしました。

voice

数字が悪いだけで降格が待っている。

voice

退職者が増え、人手不足の部署もあるので、その理由を考えれば、どの部署が良いのか悪いのかは想像がつくと思います。

voice

事業部のエンゲージメントがすごいのにはそれなりの理由があり、退職が相次いでいるのも理由の一つだと思います。

voice

外資、業績給、リストラなどの不安もありましたが、他業界から転職してからは、製薬業界の給与・福利厚生はその不安を完全に解消してくれました。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

ルールを破った場合の罰則が徹底されており、社内では内部告発が頻繁に行われています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。