サンゲツのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サンゲツ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 16件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.1 29.7 48.7
平均給与(万円/年) 423.1 398.3 51.8
有給休暇消化率 48.1 45.2 50.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

残業代や有給休暇は部署によって異なります。

voice

土日休みで有給休暇も取りやすいです。

voice

有給休暇は年々取得しやすくなってきており、退職時には全ての有給休暇を使い切ることはできませんでしたが、3分の1程度は取得することができました。

voice

退職しましたが、結局有給休暇が取れませんでした。

voice

有給休暇は内勤者は取得できますが、営業職はほとんど取得できません。

voice

有給休暇といっても、休んだからといってお客様からの電話や問い合わせが減るわけではなく、休んでいる間はずっと仕事のことで頭がいっぱい。

voice

有給休暇の取得に取り組んでいますが、「上司が取得しないから有給休暇は取れない」という昔ながらの考え方がなくなり、働きやすい環境になってきていると思います。

voice

有給休暇が取りづらい雰囲気があり、入社した日には先輩が部署内の派閥について口うるさく言ってきたり、人間関係もあまり風通しが良くなかった。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サンゲツの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は多いですが、営業は毎日3時間程度、事務は1時間程度をイメージしています。

voice

顧客からの電話が非常に多く、勤務時間外に来ることが多く、残業が増える。

voice

パソコンが強制的にシャットダウンされるので、残業ができない。

voice

コンプライアンスや残業時間の削減など、職場環境自体は良い方向に向かっていると思います。

voice

営業は仕事の面では全く減らないが、残業時間を減らしたり、有給休暇を取得したりすることが求められる。

voice

新しい制度を導入しても、現場側のフォローが難しく、残業時間を減らすという逆効果になってしまうことが多い。

voice

残業代は出ますが、管理職にいろいろ言われたり、タイムカードを早く処理されたりした経験があるので、非正規社員には優しくないかもしれません。

voice

昔の話ですが...。アルバイトを任され、毎日の残業で体調を崩して退職しました。

voice

土日は比較的休めますが、基本的に平日は朝9時頃まで働いているので、残業代に見合った給料ではないというのが正直な感想です。

voice

ショールームなので当たり前なのですが、ショールームなので閉店時間直前に来たお客様の対応に追われることもありますし、同時に、やらなければならない事務処理が後回しにされてしまい、残業になってしまうこともあります。

voice

総務の仕事だったためか、残業が少なく、仕事が終わればすぐに帰宅できました。

voice

給与は他社と比較すると中~高だと思いますが、残業時間に見合った給与ではないと思います。

voice

福利厚生はほとんどなく、月に一度は休日出勤をしなければなりません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サンゲツの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給はそれほど高くないが、ボーナスは十分。

voice

若いうちは給料はそれほど高くないが、それでも普通の会社よりは高い。

voice

ボーナスランクのノルマがあらかじめ設定されているため、同じ部署に優秀な人が多いとボーナスが下がる。

voice

壁紙業界ではボーナスがない会社も珍しくなく、その点、サンゲツは安定した収入を得ることができます。

voice

営業手当や住宅手当はあるが、残業代が出ないのが不満。

voice

昇給は実力と年功序列で半々ですが、役員手当はそれほど高くなく、家族経営のため、一定以上の昇進はほぼ不可能です。

voice

営業以外の仕事は、給料が安いと思います。

voice

残業代を正直に報告するようになって、残業代が出るようになってきたが、月に40時間程度の残業代が出ないと、以前の営業手当のような収入は期待できない。

voice

売上に差が出るはずのボーナスが、実はほぼ同じ。

voice

部長などの上位職のボーナスは、仕事の性質上、多すぎると思います。

voice

ボーナスが良いという話もありますが、売上高で通期の目標数字を達成しても、あまり反映されていないような気がします。

voice

同級生の子はまだ在籍していますが、みんな口だけで給料が上がらないと言っています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が退職した大きな理由の一つは、周りの人たちが仕事に不満を持っている人が多かったことです。

voice

その背景には、30代の退職率が6割近くになっていることもあります。

voice

退職理由は、朝7時に出社し、入社後10時に退社(企画室)という激務でした。

voice

退職者の平均は入社10年目までに約6割となっており、それ以降に残る人は長生きする傾向にある。

voice

当時はバブルの真っ只中で、アルバイトを時給800円で募集していたのですが、人手が足りず、社員でも上司にサポートをお願いしたのですが、何もありませんでした。

voice

他の支店のサポートに追われる毎日ではキャリアアップができないと感じ、退職しました。

voice

目指す社風や先輩がいなかったので、辞めることにしました。

voice

ここ数年、産休・育休を取得して退職する社員が減っているようです。

voice

ルート営業では、代理店や内装工事業者が中心となるが、ニッチな市場であるため、特に工事業者のレベルが低く、とにかく工事業者の無茶苦茶な要望やクレームに振り回されて、充実感を失って離職する営業マンが多い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サンゲツはどうでしょうか。

voice

ところは、配置次第でバランスが取れているところもありますが、上司の方針によっては、休みがなく馬車馬のように扱われている部署もあるのが実情です。

voice

営業マンは自分の後始末を迫られ、商品や納期の遅れ、在庫切れなど自分の責任ではないクレームに頭を下げることがほとんどで、購買部や企画部は平気な顔をして「自分のせいではない」という態度で定時に退社します。

voice

帰社後の事務処理の多さに圧倒され、定時で帰れるわけがありません。

voice

高卒で入社したのに出世できそうにないのと、30過ぎてから肉体労働が嫌で辞めました。

voice

上司や相手側からいつ電話がかかってくるかわからないので、精神的にきついです。

voice

最近では、働くママが増えてきており、短時間勤務で業務をこなすことは多かれ少なかれ厳しそうですが、勤務時間が大幅に延長されることは少なく、基本的には定時退社となっています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

業者はわがままで理不尽だから我慢していることが多い。

voice

ヘルプラインも充実しており、役員クラスの社員でもパワハラの加害者として罰せられることもあります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ちょっと体育会系な雰囲気もあると思いますが、いい意味でフォーマルな感じで、階層的にはオンとオフのバランスがいいですね。

voice

営業マンにはもちろん数字が求められますが、ノルマを感じることはありません。

voice

ノルマがないので、頑張っている社員と惰眠を貪っている社員の差があります。

voice

体育会系の業界なので、お客様から注文のような依頼を受けることも多く、そのストレスと向き合わなければなりません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。