株式会社健遊館のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社健遊館 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 7件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.3 29.7 48.6
平均給与(万円/年) 318.6 398.3 44.3
有給休暇消化率 40.0 45.2 48.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社健遊館の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

給料、休み、勤務時間、もちろんサービス残業、上司と仲良くない、インフルエンザなのに無理やり出勤させられる、介護士として貢献できる楽しい会社だと思うが、基本的にはCEO主義。

voice

夜遅くまで仕事をしているのが当たり前で、特に待遇が良いわけではありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は定年後ですが、100%取得可能です。

voice

入社してみないとどんなシフトで働くかわからない、入社時と待遇が違う、夏休み中はシフト希望を提出できない、などなど。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社健遊館の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスではなく、ただのお小遣いで、基本給は上がらないので、長く働いても年収は上がらず、むしろどんどん下がっていきます。

voice

資格手当も充実しており、給与も安定しています。

voice

休暇や給料、ボーナスに頼ってはいけません。

voice

入社時の状況と比較すると、様々な手当がなくなり、金額も半減し、月給も2万円ほど減り、ボーナスもその年から半減していました。

voice

会社というよりも、介護保険が改定されるたびに手数料が安くなるので、今後のボーナスは期待していません。

voice

面白くもないし、残業は制度にないふりをして、昇給も考えていなかった。

voice

キャリアアップは、正社員になれば、そこそこの給料になるようです。

voice

ボーナス査定の基準がわからない。

voice

自分の好きなことや臨機応変さを削られる...。給料は安いし、常に採用しているし、やめて正解だったよ。

voice

好きな従業員の給料を上げたり、そうでない人のために1日のスケジュールをかなりハードにしたり(重い店の移動など)。

voice

管理職になると給料が上がると聞きます!他の場所で社会経験を積んだしっかりした人ほど管理職になるイメージがあります!人間関係も悪くないし、若い人が多いので、仲良くやっていけると思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

利用者との距離が近いのは良いのですが、女性の場合は毎日セクハラを受け、会社や上司が全く守ってくれず、泣き寝入りするしかありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

これを引き継ぎ期間といいますが、うまく引き継ぎができずに退職してしまうケースをよく見かけるようになりました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。