CKCネットワークのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに CKCネットワーク について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 55件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.9 29.7 52.7
平均給与(万円/年) 317.0 398.3 44.2
有給休暇消化率 30.8 45.2 46.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

オリジナルの中央出版のように、体育会系でとても生き生きとしています。

voice

すべてのしわ寄せは現場の社員に来るので、体力も気力もない人には厳しいかもしれません。

voice

営業成績を重視した体育会系なので、成績さえ良ければ性別に関係なく評価します。

voice

子供が好きな方にはやりがいのある仕事ですが、募集講座などは年に3~6回のノルマがあるので、インストラクターといえども営業的な仕事が多いと思います。

voice

社内では「明るく元気に」をモットーに軍隊のように大きな声で話すことを常に求められているので、接客や営業の仕事でもそのスキルは活かせると思います。

voice

明確なノルマがあるわけではありませんでしたが、プレッシャーを感じました。

voice

ノルマが厳しく、朝礼で目標を発表したり、声を出したりするのは気が滅入ります。

voice

教えるとなると、ノルマのような進行計画があり、生徒が理解しているかどうかは関係ありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職して数年経った今でも、あの働き方は珍しいのではないかと思うことがあります。

voice

従業員や退職者からの訴訟や労働争議を恐れているようで、会社に都合の良い約款などを書かせることが多いようです。

voice

上司との揉め事や能力不足などで「いつの間にか」いなくなってしまう(いわゆる「解雇」)こともあり、不安になりますよね。

voice

退職理由は機会損失ですが、仕事に不満がないのであれば、このまま仕事を続けた方が精神的にも安心できると思います。

voice

当時の支店長が「会社都合」で提出してくれたので、退職金を満額支給してくれたことに今でも感謝しています。

voice

今辞めたらクビだ」と言われましたが、弁護士を介入させたところ辞めることができました。

voice

退職時に請求しましたが、さらに遅れて届き、診断書も請求できない状態で泣き寝入りしています。

voice

直属の上司との関係が悪くて辞めていく後輩もいました。

voice

事業の将来が見えず、このまま縮小していくのではないかと思い、退職しました。

voice

年収の低さ、営業環境の厳しさ、業績の低下による支店の減少などを理由に退職しました。

voice

は結婚を機に退職される方が多いです。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。CKCネットワークの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業があると記入しなければならないのですが、40時間を超えると書き換えを求められます。

voice

平均労働時間は1日10時間程度ですが、別途残業代をもらったことはありません。

voice

講師が不足している地域では、休日出勤や残業が当たり前になっています。

voice

そもそも出勤を記録するタイムカードなどがなかったので、みなし残業代を超えて働いたことを証明することはできませんでした。

voice

労働時間が短く、残業もなく、長期休暇もあり、ワークライフバランスがとれています。

voice

繁忙期はもちろんありますが、他の場所に比べて残業が少ないのがいいですね。

voice

毎日のように何かしらの残業が発生します。

voice

そういえば、深夜残業代や労務対策のために、10時までにはパソコンの電源を切れと言われています。

voice

残業代は給与に含まれており、一般的には支給されません。

voice

早出や残業の多さ、採用時には言われなかった数字の追求の真面目さ。

voice

支店によっては残業が多いと聞いていたので、全社的に統一した方がいいのではないかと思います。

voice

残業代は1時間分しか支給されないというのが社内の暗黙のルールです。

voice

残業代が異常に多いわけではありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は正直難しい面もありますが、事前に準備をしておけば大丈夫です。

voice

有給休暇もありますが、上司の顔色が悪く、取りにくい面もあります。

voice

教室長業務は、やりさえすれば比較的自由に有給休暇が取れます。

voice

会社のせいかどうかはわかりませんが、インフルエンザにかかった時など、どうしても休まなければならない時には有給休暇を取るのが慣例になっています。

voice

仕事の関係上、有給休暇は土曜日に取ることが多かったのですが、会社の雰囲気もあって取りにくいとは感じませんでした。

voice

どうにかして有給休暇を取らないように説得しようとします。

voice

毎日のスケジュールが決まっているので、有給休暇が取りづらい。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。CKCネットワークの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与やボーナスに満足している点は一つもありません。

voice

歩合制で社内レースが盛んなので、できる人は給料がもらえるのでわかりやすいシステムですが、元々の給料やボーナスが安いので、一般の人に比べて給料は本当に低いです。

voice

年の初めは会員数が少なく、その分だけ給料が減る。

voice

給料が安い、歩合制、残業が多い、ノルマが達成できないと給料が低い、新卒を含めて大量に退職するなどの噂があります。

voice

季節ごとのコース動員や退会率が良ければ、ボーナスに若干のマージンが加算されます。

voice

数字に追われ、多面的なサービススキルを追求される一方で、給料は平凡で、ボーナスも少なく、給料に見合った仕事ではないと感じています。

voice

リーダーなどの役職であれば給料は高くなりますが、リーダーになると仕事量が増えて給料が増えるのに見合うだけの価値はないと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。CKCネットワークはどうでしょうか。

voice

上記のように中間管理職は権限が大きいので、下手な上司になると、何が何だかわからないまま馬車馬のように働かされ、その上、最低の評価をされてしまいます。

voice

成果が出ないと降格するのは当たり前のことで、その点では、相当な営業センスと気概が必要だと思います。

voice

日々時間に追われ、精神的な労働を強いられているので、やりがいはあっても、体力と精神力がないと長くは続かない。

voice

部下を育てようという意識があまりないようで、人材を処分すればいいと思っているようです。

voice

ノルマが厳しく、1日の契約件数が0件だと、次の日には早く出社して営業の準備をしなければならないという雰囲気は、精神的に厳しく、数字を上げるためには逆効果です。

voice

大人しい人や子供が好きなだけの人には難しいかもしれませんが...。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

尊敬できる経営者の下で仕事をしていると、どんなに理不尽なことでも数字を追求することができるようになりました。

voice

支店長によっては、予防接種が半強制になる場合もあります。住宅補助が全くない会社もありますが、少しでも支給してくれるのはありがたかったです。

voice

教育企業ではあるが、営業が中心で、営業成績が悪いと厳しく叱責され、チェックされる。

voice

そのような喜びは仕事量の3割程度に過ぎず、残りの7割は保護者からの理不尽なクレームや入学率、コースの動員などのプレッシャーです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。