公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 山口県平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.8 25.3 52.4
平均給与(万円/年) 350.0 377.6 48.1
有給休暇消化率 61.3 48.1 53.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある山口県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

帰宅時間が遅いのか、休日出勤が多いのか、その人の働き方によると思います。

voice

残業が当たり前の会社なので、残業代が出ないと困るかもしれませんが、それでも不満はありませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

夏休みや冬休みなど学生がいなくなると、仕事が減って休む人が多く見られます。

voice

学校法人なので、夏休みや冬休みはとても長いです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ここは、給料を12ヶ月で割ってくれるので、一定の収入が得られ、生活の手助けをしてくれました。

voice

一般的に非常勤講師は毎月の勤務時間分しか給料が支払われず、夏休みなど授業のない月は当然収入はゼロになります。

voice

ボーナスも同様で、年末に「期末精勤手当」という名目で約5ヶ月分が支給されていた。

voice

給料は国立大学より高いですが、授業の数などを考えると特別な特権ではないと思います。

voice

給料はリニアに上がっていくので、学校法人が無くならない限りは安定して働けますよね?

voice

正社員ではないので、ボーナスや昇給はありません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。