日本トランスオーシャン航空のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本トランスオーシャン航空 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 5件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 沖縄県平均 偏差値
平均残業時間(月) 21.7 28.6 52.7
平均給与(万円/年) 316.7 322.3 49.5
有給休暇消化率 90.0 52.5 60.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある沖縄県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本トランスオーシャン航空の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業の申請には月~時間の制限があったと思います。

voice

残業もほとんどが残業とみなされ、長時間労働が中心となっています。

voice

時間は全て申請できますし、休日出勤や残業ができない時に断りづらいという雰囲気はありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の他にも、月に2日だけの休みを自由に選べる制度もあり、比較的連休が取りやすい環境です。

voice

有給休暇と夏休みを合わせればかなりの休暇が取れますが、なかなか活用できません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本トランスオーシャン航空の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

沖縄の方が給料は良いと思いますが、最初は時給制でボーナスはありませんでした。

voice

ボーナスは30万(そこから税金が引かれます)ですが、欠勤があればその分が引かれます。

voice

年1回の精査手当があるが、グループ内の他の会社では、契約上でも年2回の精査手当があった。

voice

おばさんとか本当にたくさんいて、結構な額のお金をもらって、有給休暇を全部使っています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本トランスオーシャン航空はどうでしょうか。

voice

どんなに理不尽なことでも、先輩の言うことは絶対で、契約社員の間の3年間は特に厳しい。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本トランスオーシャン航空ではどのような現状でしょうか

voice

JTAに限らず、どこの会社でもそうだと思いますが、この試験が原因でうつ病になったり、神経症になったり、離婚したりしたという話を聞きます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

家庭では、彼らが言うように、若い世代をいじめて楽しんでいる職場だ。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司とはいえ、適切なアドバイスをしてくれず、モチベーションを下げるような話ばかりで、会社が嫌いになってしまい、退職に至りました。

voice

先輩や後輩の中には、上司や課長とうまくいかずに辞めさせられ、退職を勧められて追い詰められた人もいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。