HISホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに HISホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 8件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 北海道平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.3 29.4 49.3
平均給与(万円/年) 410.0 357.3 54.4
有給休暇消化率 39.5 42.2 49.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある北海道のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。HISホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

休日出勤はあまりないと思います。

voice

ほとんどのプロジェクトは残業が多く、土日以外は深夜になることがほとんどです。

voice

私も男性同様に残業や休日出勤が多かったので、体力がないと過重労働で体調を崩す可能性があります。

voice

残業代の支払いが遅れ、有給休暇(代休?2ヶ月前までの残業時間から8h×日数×8hを差し引かれているので、有給休暇は取得できませんでした。

voice

部署(プロジェクト)によるとしか言いようがありませんが、私が所属していた部署(プロジェクト)では、平均残業時間はそれほど多くなかった印象があります。

voice

子供がいるから家に帰ってくるのも、残業するのも、それだけでかなりのストレスになってしまうので、辞めてしまう人も多いようです。

voice

スキルアップができないまま、その場しのぎのプロジェクトに振り回されることが多く、残業もひどいものでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

一緒に働ける環境でやり直そうと思ったのが、退職を考えている大きな理由です。

voice

会社の方針として、常に海外旅行を奨励してくれていたので、短期の休暇であっても、機会があれば弾丸旅行をするようにしていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。HISホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

各種手当が充実していて総支給額は良さそうだが、ボーナスや残業代は少なめ。

voice

資格を取るか、上司に頑張っている姿を見せない限り、昇給やボーナスは期待できません...。

voice

総支給額はそれなりにあるが、基本給が低く、各種手当のフォローをしている印象を受ける。

voice

給料に関しては、もう少し上げてもいいのではないかと思うことが多いです。

voice

従業員の給料やボーナスは、結果的に利益を食いつぶしているので、挙げられません。

voice

勤続年数が長くてできない人も容赦なく減らすべきで、勤続年数が長い人だけが役立たず、諸事情で給料が高い人は役立たず。

voice

社内で評価されればある程度給料は上がりますが、年収1万でも最終的には年収12万になってしまうので、たくさん給料をもらいたい人には向かない会社です。

voice

世間体が良ければ、評価されて給料が上がるかもしれません。

voice

評価が昇給やボーナスにどのように反映されているのかよくわからない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。HISホールディングスはどうでしょうか。

voice

ライフワークバランスがとても整っているように感じました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

仕事を通じて、この国の人々の価値観を変える仕事をしたいと思うようになり、この会社ではそれが難しいと感じ、退職しました。

voice

基本的には結婚を理由に退職する必要はありませんが、出産を機に退職する人が多いです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。