日本食研ホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本食研ホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 67件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛媛県平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.6 27.9 53.5
平均給与(万円/年) 397.9 362.6 52.7
有給休暇消化率 63.7 40.0 56.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛媛県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本食研ホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

水曜残業なし、水曜残業なしで年間9日以上の有給休暇を取得しなければならないため、労働条件は比較的高く、自分のための時間を多く確保することができます。

voice

残業代は何十時間分も事前に給与に含まれており、その金額は個人差があります。

voice

当時は早朝勤務や残業が当たり前でしたが、何度か労働力が入ってきて、今ではかなり改善されているようです。

voice

残業が多く、拠点長によって待遇が異なる。

voice

今では残業をさせないようにしていますが、労働時間は減ったものの、業績が大幅に向上しているのは驚きです。

voice

早朝7時半出勤で、その分は残業代に充当されなかったので、納得できませんでした。

voice

今はないと思いますが、残業や休日出勤が多く、お客様のお店の対応に追われることも多く、労働環境はあまり良くありませんでした。

voice

8月と12月を除いて、土日祝日はお休みで、多くの拠点では早出勤制度を設けており、19時までには退社するようにしています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得を奨励しているが、月に2日以上の休みを取るのは難しい。

voice

有給休暇の取得を奨励しており、土日祝日も休みなので、プライベートと仕事の両立もしやすい環境です。

voice

以前は特別有給休暇を取得することが難しかったのですが、現在は最大9日まで自由に取得できるシステムになっており、プライベートと仕事の両立がしやすくなっています。

voice

有給休暇も取りやすくなり、女性には働きやすい環境だと思います。

voice

もっと有給休暇を取得できるような雰囲気や制度が必要だと思います。

voice

有給休暇の取得に不満を持ったり、取得が難しいと感じることはほとんどありません。

voice

経営陣の後押しもあり、ノー残業デーの実施や有給休暇の取得促進が進んでいます。

voice

有給休暇も取得しやすく、月に1~2日取得することが多いです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本食研ホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

毎年昇給はありますが、月収は少なく、都会での一人暮らしは少し厳しいかもしれません。

voice

成績が良い時は、いつもよりボーナスが増える。

voice

給料が少ないので、社内では不満の声が聞こえてきます。

voice

給料については、元々安いのに7割程度しか払っていないようです。

voice

新卒の給料は悪くないが、ボーナスはあまりない。

voice

優秀な先輩がいたのですが、月々の支給額やボーナスにはほとんど反映されない理由で退職してしまい、給料が上がらなかったことがありました。

voice

数字が良ければ給料が上がると上司は言うが、実際にはほとんど差がない。

voice

今の時代、ボーナスは平均以上だと思います。

voice

私の意見としては、まとめると給料が安い。

voice

周りの社員も、なかなか給料が上がらないと不満を言っていました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本食研ホールディングスはどうでしょうか。

voice

時間的な制約が長そうですが、それは個人の工夫次第なので、何も考えずにブラックを名乗る人がいるだけだと思います。

voice

相変わらず残業が続き、給料も上がらず、精神的にも参っている営業マンが多い。

voice

労働時間や有給休暇はホワイトですが、現職の人たちはブラック時代に働いていた人たちです。

voice

今までブラックと言われていた部分を改善して、より働きやすい会社にしていきたいと思っています。

voice

何のための無借金経営なのか、ビジネスも成長しているようなので、以前のようなブラック企業ではないと思います。

voice

世間では「ブラック」と言われがちですが、自分で何かしらの仕事ができて、やる気があればかなり楽しい職場です。

voice

噂によると、ブラック企業のレッテルを剥がすためにかなり改善されたそうで、社員同士の仲も良く、一概に悪い雰囲気ではないそうです。

voice

会社には株式がありますが、これはほとんどがオーナー一族と役員が所有していて、ある役員は「自分は株の配当だけで年間1億もらっている」と自慢げに言っていて、社員を奴隷のように見ているのではないかと思います。

voice

女性の営業職は、結婚して子供を作るのは難しいと思います。というのも、OLの方は定時での復職は可能だと思いますが、営業職の方は定時での復職は不可能だと思うからです。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

地方の営業所では、本社で商談をするのではなく、各店舗に出向くことになり、担当するスーパーのチーフからの嫌がらせや嫌がらせが絶えないこともあります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラは企業文化の中では当たり前のことだと感じています。

voice

ハラスメント教育が行われるようになり、だいぶ改善されてきましたが、まだまだパワハラ上司が多いです。

voice

社内での飲み会が多く、幹部クラスとの距離が近く、パワハラやセクハラが多い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

各支店の雰囲気にもよると思いますが、私が勤務している職場では、マラソンや飲み会への参加が義務付けられていて、参加しないと所長が真っ先に悪口を言ってきます。

voice

理不尽な上司はいなかったようです。

voice

体育会系の会計を基本とした社風なので、社員の間ではゴルフの強要や無駄な飲み会が多い。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

かなり体育会系の会社ですが、ここ10年くらいでだいぶ変わってきて、ライフワークバランスが取れる会社になってきたと思います。

voice

直属の上司の考え方によっては、昔ながらの体育会系の仕事を強いられることもあります。

voice

体育会系なので、やる気次第でどこでも、どんな業界でも活躍できます。

voice

マイナスに考えれば、いきなり一人で営業を任されて、何も知らずに数字を出さなければならないので、その点では精神的にきつい環境ですね。

voice

入社して初めての新入社員研修での体育会系の挨拶が印象的でした。

voice

食品業界でも、本当に数字が厳しいところでは、前年比100%以上の売上目標の達成が求められるところもあり、数字が達成できない営業マンを使い捨てのように扱う企業もあるほどです。

voice

現在では、以前に比べれば比較的働きやすい環境になっているが、ノルマ(前年比)の評価は厳しい。

voice

成績のノルマはありませんが、全社員に一律の目標を設定しましょう。

voice

毎月のノルマ(前年比)はかなり厳しく、担当地域によって達成・不達成の頻度はかなり異なります。

voice

営業職だったので、ノルマや目標があり、達成するのは大変でしたが、営業所次第!?

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職後も先輩が飲みに誘ってくれたりして、今でもお付き合いがあるという環境に満足しています。

voice

10年前に退職していますが、現在の風潮が変わった可能性もあります。

voice

離職率が高く、3年後には約4割が転職を考え、3割が退職していました。

voice

会社で働きたい、もっと上を目指したいと思い、退職しました。

voice

何よりも辞めようと思ったのは、社長の話を聞いている時に上の人が手の位置で悩んでいたこと。

voice

退職を考えているのですが、理由は会社のつまらないイベントや飲み会が多く、会社の雰囲気についていけないからです。

voice

労働時間と給与が見合っていなかったため、退職を決意。

voice

家庭の事情と転勤命令が重なったため退職しましたが、同僚との関係は良好で、残っていればよかったかなと思うこともありました。残っていた方が良かったのではないかと思うこともあります。

voice

辞める理由は、メーカー営業ならではのルーティン営業がほとんど。

voice

驚くべきことに、この3年間で退職者が極端に減っています。

voice

退職理由。福利厚生は高いとは言えないものもありますが、ほとんどの営業マンが異なるエリアに配属され、中途半端な営業スタイルで常にそのエリアを回っています。

voice

定年まで働いても退職金は他の食品メーカーに比べてかなり少ない。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

開発の過程で様々な分野の人と関わることができるので、食のプロになれるのはとても魅力的だと思いました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。