福井県のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 福井県 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 10件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 福井県平均 偏差値
平均残業時間(月) 44.3 26.8 43.0
平均給与(万円/年) 430.0 354.3 56.7
有給休暇消化率 21.7 42.8 44.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある福井県のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。福井県の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

早朝出勤を希望する社員が予定時間より1時間早く出社・帰宅できるサマータイム制度を試験的に導入しています。

voice

年4回の立法府と予算編成期間は、担当する事業によっては残業が多い。

voice

サービス残業は100時間以上が当たり前で、残業代は出ません。

voice

部署によっては定時で帰れるところもありますが、深夜まで残業するところもあります。

voice

正社員の残業時間の削減に取り組んでおり、ワークライフバランスが取りやすくなっていると思います。

voice

残業が多い部署であれば、少しは収入が増えるかもしれませんが、実際に残業寮の申請が認められるのは半分程度なので、残業で稼ぐのは難しいですね。

voice

残業をしたい場合は、上司に残業の申請をしなければならず、上司によっては残業代が出ない場合もあります。

voice

部署によっては残業が多く、配属先によって大きく異なるようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年末年始や夏期休暇を含めると比較的休日が多い。

voice

昇給あり、休日もしっかりあり、安定しています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。福井県の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

低すぎる給料を休みの量でカバーしていると考えればなんとかなるかもしれませんね。

voice

資格手当はありますが、大手企業ほど充実しておらず、金額も小さいので、あまり期待はできません。

voice

毎年6月と12月のボーナスシーズンには、上司から高い評価を受けた優秀な社員には、少し多めのボーナスが支給されます。

voice

ボーナスもちゃんと出るようなので楽しみです。

voice

幸いなことに、給与・休日・安定・昇給に恵まれているので、趣味や家族を大切にできると思います。

voice

給与は他の会社に比べて少し劣るし、残業や休日出勤はきつい。

voice

職員が産休に入った時には臨時職員が配属されますが、職員としての責任を背負わされているので、給料の責任はあると感じています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。福井県はどうでしょうか。

voice

部署によってはパワハラやサービス残業が多く、精神的に病んでいる人が多い。

voice

現在、ブラックな部署や人気のない部署に閉じ込められている人は、地方から引っ越した方が幸せになれるかもしれません。

voice

時期にもよりますが、基本的には定時で帰れることがほとんどで、その分自分の時間を楽しむことができます。

voice

非正規社員なので、定時で帰宅するので、ワークライフバランスがとても取りやすいです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。