科研製薬のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 科研製薬 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 55件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 34.8 29.7 48.0
平均給与(万円/年) 580.6 440.2 57.5
有給休暇消化率 24.2 50.1 42.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

科研製薬に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、科研製薬と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。科研製薬の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

どこの会社でも同じだと思いますが、残業として認めてもらえないことが何度かありました。

voice

数年前から直行直帰を方針としていたが、高性能なパソコンやスマートフォンの提供やシステムの改善により、外出先から内勤業務を行うことができるようになったため、帰宅時間や残業時間が短縮された。

voice

給与面でも不満はなく、拘束時間も適切で、残業もなく、環境もとても良く、長く働くにはとても良い職場でした。

voice

営業部長はとにかく人件費をかけたくなかったので、残業しても残業代が出ないと言われて派遣会社に抗議したが、状況が変わらなかったので辞めた。

voice

会議や研修会以外の休日出勤はなく、頻度は2ヶ月に1回程度。

voice

営業所や担当エリアにもよると思いますが、講演会などでの休日出勤は比較的少ないように感じます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は比較的取りやすいですが、所属する部署にもよると思います。

voice

通常の平日に年休を取得するのは難しいので、改善してほしい。

voice

有給休暇などの取得のしやすさは上司によって異なりますが、私の上司は特に有給休暇については何も言わないので、良いと感じています。

voice

有給休暇は自由に取得できませんが、職場によって異なります。

voice

長期休暇は比較的取得しやすいとされています。

voice

最近は昔に比べて有給休暇が取りやすくなってきたような気がします。

voice

個人指導の仕事であるにもかかわらず、有給休暇のハードルが高い雰囲気。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。科研製薬の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

日当は給料とは別に支給されるので、実際の年収よりも高くなりますので、特別な贅沢をしなければ生活する必要はありません。

voice

同年代の女性よりもかなり給料が高いと思います。

voice

インセンティブ、ボーナス、月給が一定以上の低業績の場合は、非常に低い割合で確保されています。

voice

基本的には年功序列ですが、若くて営業成績が良ければそれなりの割合でボーナスや昇給があります。

voice

給与水準は比較的高く、主任以上の方は1,000万円程度の収入が得られるのも魅力の一つです。

voice

ボーナスの評価はあまり反映されていないし、高評価の人と低評価の人の差はそこまでの差が出ていない。

voice

非課税の事業日額は業界最安値で、事業手当として給与に含まれているからだそうです。

voice

いくら数字を出していても、ボーナスにはそんなに反映されないので、ある程度のラインに収まるように努力しています。

voice

安定したボーナスは出るが、成績の上位と下位の差がほとんどなく、やりがいがない。

voice

一時金は4月に支給されていましたが、会社の方針で夏冬ボーナスと同時に支給されるようになりました。

voice

転職した社員からは、「給料は上がったけど福利厚生が良くないから、お金が少なくなった」という声を聞いたことがあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。科研製薬はどうでしょうか。

voice

来る者拒まず、去る者追わずの精神で、コスト削減の一環である教育には全く力を入れていない。

voice

ジェネリックは、精神科や弱い内科でも全く関係のない製品を扱うのにかなり苦労している印象があります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

仕事量が多くて休めない人もいるでしょうし、地域によってはパワハラが残っていて、休めない雰囲気が残っているところもあります。

voice

役員になると、組合から出ているからパワハラという概念が消えて、支店長や本社からはそう呼ばれているようですが、役員になる人からすると、それが当たり前になっているのかもしれません。

voice

本社から営業部長へのパワハラが多く、能力の低い部長が多く、事務員に影響を与えている。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

能力のない上司が多いため、理不尽な上司命令が多い。

voice

二世の社員も多く、この店長もそれに倣い、特別扱いの結果、飲み会ではもっぱら社員とコミュニケーションを取り、気に入らない社員には罵声を浴びせて管理しようとしていました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

年功序列にはノルマがなく、電話交換機のオペレーターとして入社した勤続40年以上のおばあさんが残っていたり、理研からの会社分割ということで、非常にゆるい体制になっています。

voice

猪突猛進な社員が多く、精神的に鍛えられる。

voice

体育会系のノリで気持ちよく仕事ができると思います。

voice

ノルマは毎月あるので、それなりに覚悟しておいた方がいいかもしれません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を考えた理由の一つに、入社時からステップアップを考えていたことがあります。

voice

これを理由に退職する社員も一定数いると思います。

voice

転勤がほとんどなかったため、希望の勤務地が合わずに退職してしまった。

voice

早期退職をしないのは、毎月のように前倒しなどの非本質的な仕事をしているからだと断言していますが、若い社員や優秀な人がものすごい勢いで退職しています。

voice

前例がなく、産休を取ろうとした人を定年退職の方向に持っていくようです。

voice

就業環境は営業所によって大きく異なり、定年退職者が多く、約半数が入社5年以内の方(MR)となっています。

voice

管理職になればよほどのことがない限り降格はしないだろう。

voice

やる気のない社員でもクビにはならない。

voice

20代のうちに他社に転職したり、結婚や出産を機に退職する人が多い印象です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。