大和証券グループ本社のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 大和証券グループ本社 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 35件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.1 29.7 51.0
平均給与(万円/年) 510.3 440.2 53.8
有給休暇消化率 73.2 50.1 56.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

大和証券グループ本社に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、大和証券グループ本社と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。大和証券グループ本社の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

2年目は1日14時間程度の勤務だったので、残業代はかなりもらえました。

voice

でも、1年でそこまで残業できないので、残業代はあまりもらえません。

voice

本社では残業代をきちんと払うように言われています。

voice

残業は厳しく管理されていますので、無理な労働を強いられることはありません。

voice

残業時間は、本社の部署や総合職によって異なりますが、50.60時間程度です。

voice

案件の量や質よりも残業規制が優先される場合があり、手を挙げれば配属されない場合もあります。

voice

非管理職は、残業量に応じて手取りが変動するため、毎月一定時間の残業が発生する傾向にあります。

voice

そういう意味ではワークライフバランスはしっかりしていますが、会社としては残業代を節約したいというのが本音です。

voice

私はコールセンターで働いていましたが、早朝からの勤務で残業もほとんどなく、結婚して子供が生まれてからも働きやすい環境だったと思います。

voice

パソコンを落としてしまい、お客様のところに行くたびに残業の許可を取るのが面倒だった。

voice

最近の働き方改革や残業への目線の厳しさから、働き方にゆとりが出てきており、離職率も下がってきています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

比較的休みが取りやすく、会社の宣伝をしたいのに、無理やり取らされている。

voice

年収1,000万円以上、休暇や有給休暇の取りやすさなど、働きやすい会社でした。

voice

期間の初めに、支店長から「3日間は必ず申し込むように」との指示があります。

voice

取るなとは言われませんが、有給休暇を2日連続で申請できるか聞いたところ、それはちょっと違うと言われました。

voice

長期休暇は5日、年次休暇は7日と推奨されているので、それ以上の取得は難しいです。

voice

休みやすい雰囲気ではありませんが、休めないことはないですし、有給休暇も取りやすかったです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。大和証券グループ本社の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

入社1年目でも、1回のボーナスが50万、3年目にはその差が数百万になっていました。

voice

評判と年収が完全に一致しており、社長賞では額面通りのボーナスを手にすることができ、かなりの高額になります。

voice

良い時と悪い時の差が3倍以上になることもあるそうで、相場が悪い時はいくら成績が良くてもボーナスには届きにくいそうです。

voice

ボーナスは年収に占める割合が高く、会社の収益に大きく比重を置いています。

voice

証券会社なので、市況によってボーナスが10万単位で変動することも珍しくありません。

voice

凝ったフィードバックはなく、気に入らなければ上司が変わらない限り、ずっと低賃金のままである可能性が高い。

voice

給与に関しては、証券業である以上、ボーナスは業績に左右されます。

voice

差別はなく、男性の高卒者は大卒者よりもボーナスが多いことも珍しくありませんでした。

voice

給与体系はわかりやすく、平均以上の評価を得ていればしっかりと昇給し、何もしていなくても主任で年550前後、課長補佐で年800前後の収入が得られます。

voice

一般的に証券会社の社員は給料が高いと思われていますが、そうではありません。

voice

レポートを書くこととボーナスはほとんど関係ないので、そういった意味ではやりがいが足りないと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。大和証券グループ本社はどうでしょうか。

voice

若手社員は定時退社、上層部は19時までに退社するのが基本方針ですが、仕事は大変ですが、時間に追われることはないと思います。

voice

若手社員は定時出勤、先輩社員は19時退社と同業他社に比べて勤務時間が短い。

voice

会社全体でワークライフバランスに力を入れており、定時退社は必須でした。

voice

それだけでなく、子連れの女性社員も定時で帰宅できるようになっています。

voice

定時退社など労務管理がしっかりしているので、時間を有効に使うことができます。

voice

そこまで徹底して定時退社はやり過ぎだと思っていましたが、本当に定時退社は許されるべきですね。

voice

基本的には定時で帰れるのがありがたかったのですが、単身赴任の管理職が多かったせいか、そのまま強制的に飲み会になるパターンもあり、お財布にもお腹にも辛かったです。

voice

精神的にきつい部分もあるので、ワークライフバランスの満足度が高いのはありがたかったです。

voice

一番の問題は精神的なストレスで、休んでいる気がしません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

当時は、成績を上げるためにパワハラが横行していました。

voice

たとえでっち上げであっても、パワハラやセクハラであっても、経営者から罰せられる可能性が高い。

voice

パワハラなどは、厳しく対応されると、最近では現職にも来ています。

voice

パワハラなどにもかなり厳しくなっていて、人生はもっと充実していると思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

昔ながらの会社ですが、上下関係はそこまで厳しくなく、年齢差があっても和気あいあいとした雰囲気があります。

voice

会社に依存していると搾取されてしまうので、ストレスをストレスと認識しない強いメンタルを養いましょう。

voice

営利企業だから仕方がない...。やはり、自分の希望とは裏腹に、毎日のノルマをこなしていかなければならないことが多いような気がします。

voice

近年では、顧客の利益を無視したノルマ型営業から、真のコンサル型営業への転換を図っている。

voice

政治、企業、自然災害、外交など、あらゆる種類のニュースが市場に影響を与え、同じ状況が繰り返されることはないので、退屈することはありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

この時期の経営者は一度退職金をもらっているので、本当にお金を持っています。

voice

結婚生活を休ませたくて会社を辞めましたが、今思えば仕事を続けていた方が良かったのかもしれません。

voice

金融危機後、ボーナスが大幅に削減され、退職勧奨に近い人事異動が横行した。

voice

支店営業に異動になり、退職されました。

voice

産休・育休を取得し、そのまま退職する人も多い。

voice

本当は営業やマーケティングの仕事をしてほしいというのが本音なのですが、そうすると出産と同時に辞めてしまう可能性があるので、出産後にやりたい仕事を選べるようにしているような気がします。

voice

定年退職者は多いが、残った人を介したつながりは強い。

voice

地方の支店では、退職者が多いために過少申告となっている支店もあるが、目標数は変わらないため、一人の負担が大きい。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

完全にトップダウンの会社なので、会社に貢献できない人は犯罪者と言われたり、色々と酷い目に遭います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。