産業経済新聞社のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 産業経済新聞社 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 37件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 51.9 29.7 41.2
平均給与(万円/年) 571.2 440.2 57.0
有給休暇消化率 27.5 50.1 43.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。産業経済新聞社の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

急な復帰で残業している人がちらほらいます。

voice

勤務時間が夕方から深夜までなので、家庭やプライベートを大切にしている人にとっては、ワークライフバランスを保つことは難しいでしょう。

voice

当時、残業が全社的に問題視されていたので、管理部門にはできるだけ残業をしないように働きかけました。

voice

残業になっても、仕事が終わるとみんな早く帰ってしまい、女性が一人で会社に残っていることもありました。

voice

1日の仕事量は自分の裁量で決めることができましたが、それができないと残業になることが多かったです。

voice

同業他社と比較して人手不足が深刻で、その人員ギャップを埋めるために長時間労働が慢性化しています。

voice

子育て中の女性記者は多いですが、部署によって勤務形態に違いがあり、社会科や政治科では、子育て中の女性が深夜まで第一線で働いていることはほとんどありません。

voice

内勤の場合は時短勤務の人もいますし、残業をさせないなど、周囲のサポートもしっかりしているので、両立も可能です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

部署にもあげますが、出勤はシフト制なので連休が取りにくいので、個人的な充実感という点では少し物足りないかなと思います。

voice

記者の中には休む人もいるが、ほとんどが役立たず)、事件があると2~3週間は休まないことも珍しくないが、特ダネが入ると不思議と疲れが消えていく。

voice

上にも書いたように、休日が保証されているので、このレベルでも時給換算すると不満は少ないです。

voice

慢性的な人手不足のため、休みが少なく激務。

voice

基本的にワークライフバランスという概念はなく、休みでも仕事があれば出てくるのが当たり前。

voice

仕事の効率などには個人差が大きく、仕事ができる社員はしっかりと仕事をこなし、休みもしっかりと取ることができます。

voice

残業時間は月100時間近くあり、有給休暇を取得したことがない人が多いほどです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。産業経済新聞社の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

夜勤などの福利厚生や、元々の給与水準から、他業種の同業者よりも年収が高くなっていました。

voice

固定残業代込みの高給与なので、早く仕事を終わらせたい方には特別な一面があります。

voice

成績はボーナスにわずかに反映されるだけで、基本的にはあまり影響がないので、モチベーションにはなりません。

voice

残業代や手当で年収アップもあり、他の新聞社と同じ構図です。

voice

編集部で最も多忙な担当(30歳前後)に所属していた人で、ボーナス額面30万円弱を手元に置いていた人。

voice

ボーナスが少なく、退職金が同業他社の3倍も少ないと言われました。

voice

堅実な会社なので、細かい規定があるので昇給の融通が利かない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。産業経済新聞社はどうでしょうか。

voice

月末だけ忙しいなど、駅によって異なりますが、定時から1時間以内に帰宅する人が多い印象です。

voice

年度末以外は定時で帰れたので、仕事が終わっても自分の時間を十分に確保できました。

voice

定時で帰れる部署は比較的多いと思います。

voice

家庭を持っている人には厳しい職場環境になることもあると思います。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、産業経済新聞社ではどのような現状でしょうか

voice

それに対して、仕事の量を減らすことができ、できるだけ休職を勧められたので、円満に退職することができ、感謝しています。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

懲戒的な理由で社員を監視したり、特定の人を常にターゲットにしていじめたりする陰湿な文化があります。

voice

指導と取るか、いじめと取るかは個人の自由ですが、コンプライアンス的には問題ないと思うことが多いです。

voice

会社の経営が苦しくなると、従業員が臆病になるため、いじめやパワハラが加速します。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

役員は古臭く、考え方が悪く、パワハラに気づかず、高圧的。

voice

30代以上の社員は、パワハラを含めた社員教育の遵守度が格段に低い。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

そもそも体育会系気質のため、「昔はこれが当たり前だった」「パワハラやセクハラが当たり前になっていることに加えて、罵倒的な言葉や暴力も当たり前になっており、近年加速している」という。

voice

組織としては、締めるべきところは締めるのですが、軍国主義ではなく、現場の声を聞こうという雰囲気になってきています。

voice

女性自身が強い心と精神力と声を持っているのであれば、何の問題もありません。

voice

モチベーションアップのための特別な取り組みはありませんが、体育会系の職場であり、他社に比べてミスに寛容なところもあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

希望退職ですが、年齢的にも退職金の上乗せ的にも悪くはありませんでした。

voice

退職金も含めてしっかりと支払われていたので、特に不満はありませんでした。

voice

入社前は新聞社で、退職直前まで。

voice

現在、希望退職を呼びかけ、100人に1人の割合でリストラを行っているが、一部の部署では人事方針がまとまらず、業務が滞っている。

voice

退職の際には、とても親身になって相談に乗ってくれました。

voice

大きな仕事を任されていたが、いわゆる退屈な仕事だったので辞めなかった。

voice

従業員(特に中堅社員)が早期退職制度でかなり辞めてしまい、経営に支障をきたしています。

voice

退職金は中小企業並みにしかなく、非常に低いので、文句を言う従業員が多い。

voice

希望退職をして高額な人件費を抑え、限られた人数で日々の仕事をこなし、様々なプロジェクトが花開くまで持ちこたえるかどうか。

voice

スマートフォンの普及や活字離れによる新聞の衰退で発行部数が大幅に減少し、局の統廃合や工場の閉鎖、希望退職を求める声が相次いでいる。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。