レンタルのニッケンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに レンタルのニッケン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 46件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 36.9 29.7 47.1
平均給与(万円/年) 406.7 440.2 48.2
有給休暇消化率 38.3 50.1 46.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

レンタルのニッケンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、レンタルのニッケンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社の規模が大きいので、有給休暇が取りやすいです。

voice

有給休暇も契約社員になるとすぐに付与されました。

voice

やりたい人が積極的に知識を身につけられる環境があります。

voice

有給休暇の取得率を高めるために、間接部門でも土曜日出勤を行っています。

voice

本社の人は長期休暇と有給休暇が絡み合って、そのしわ寄せが営業所にくる。

voice

育児休暇は、申請すればほぼ必ず取得できます。

voice

営業職だったので、仕事の性質上、有給休暇が取りづらかった。

voice

休日については、週休2日制なので、土曜出勤があっても平日に振替休日を取ることができます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。レンタルのニッケンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業はあまりありませんが、オフィスの照明が何時に点灯しているのかを把握しなければならないので...。たまに毛布の国で働くこともあります。

voice

残業代は職場によっては申請できないと聞いたことがありますが、東京では月に45時間まで(年に5回?しかし、東京では月に45時間(年に5回?)まで申請でき、45時間で7万円以上の申請も可能だそうです。

voice

残業代を払いたくないということもあるのでしょうが、月末・月初の繁忙期以外は19時半には終わっていました。

voice

転勤、出張、サービス残業は当たり前。

voice

上司からの残業圧力が強すぎて、適当な残業をしていたらすぐに帰れと言われたので、残業代はそこまで稼げません。

voice

勤務先によって仕事量が大きく異なり、残業時間も事業所によって異なります。

voice

まず、私が働いていた頃は、コスト削減に力を入れていて、残業は30時間しか付いていませんでした。

voice

年間休日は115日しかありませんが、週休2日制が徹底されており、休日出勤はほとんどなく、残業代は15分単位で支給されます。

voice

職場環境を改善しようとしているのか、売上や成績を上げるために残業をしているのか、どちらにしても「遅くまで残業するのは仕方がない」というのが暗黙の了解でした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。レンタルのニッケンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

いくら給料が低くても、退職金を含めた生涯賃金を考えれば、どんなに甘くても高い評価はできない。

voice

業績が良ければ、春のボーナスと合わせてインセンティブがあります。

voice

入社時にはメンテナンスと営業の2つの部署があり、資格手当はありますが、基本給は事務職でも営業職とほぼ同じです。

voice

事務所の売上に応じてボーナスの額が変わることもあるので、仕事へのモチベーションも高いです。

voice

給料は非常に低く、インセンティブはあったが、あまりなかった。

voice

残業代については、申請すれば100%支給されるので、仕事の量や残業時間に応じて、結局はそれなりの金額になります。

voice

家賃手当はいいけど、手当が少なくて、手当があっても年収が低くて生活が削られる。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。レンタルのニッケンはどうでしょうか。

voice

点だけだと全体的にブラック企業になってしまいますが、仕事のフォローはしっかりしてくれますし、研修や資格取得もしっかりしてくれます。

voice

内勤の女性やメンテナンスの女性を除いて、定時退社はないと考えた方がいいと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

コンプライアンスを徹底することで、パワハラ、セクハラ、モラルハラスメントを未然に防ぐことができます。

voice

私が勤務していた地域では、サービス残業やパワハラなどの事例が少なくなく、それらの相談窓口はあまり使い勝手が良くなかった。

voice

日々の仕事に追われているせいか、上司が権力欲の強い部下に暴言を吐いているのかもしれません。

voice

セクハラ・パワハラ専用のホットラインを設置しており、問題があればすぐに本社に連絡することができ、実際に体験した人によると、すぐに対応してくれるとのことです。

voice

福利厚生、残業代、有給休暇は非常にしっかりしており、パワハラやセクハラへの対応も早く、社員を大切にしている会社です。

voice

人間関係でのパワハラはかなり多いです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

土木・建築業界の人たちと一緒に仕事をしているので、いわゆる元暴力団員が比較的多いです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ノルマはありませんので、自分の数字が十分ではないことを自覚していても、良くも悪くも何とかなります。

voice

機械の故障などで現場監督や職人さんに怒鳴られることも多々あり、体力や精神的な問題もあるので、よほど気の強い人でないと厳しい職場です。

voice

いわゆる「ノルマ」がないので、精神的なプレッシャーが少なくて良いですね。

voice

良くも悪くも配属先の営業所にもよりますが、基本的には上下関係なく自分の意見を言いやすい会社です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

今はわかりませんが、私が在籍していた頃は、従来の管理職が管理職に昇格し、事務職に昇格するのが当たり前のように行われていました。

voice

当時は資格を取るのが面倒でしたが、退職した今ではとても助かっています。

voice

個人的に合わない先輩がいたので退職しました。

voice

それでも事務員には苦労していたし、所長には評価されなかったし、60時間も残業しているのが馬鹿らしくなってきたので、辞めることにしました。

voice

退職金も会社独自の評価で決定しています。

voice

退職金は給与平均を桁違いに下回っており、先のことを考えると少し不安があります。

voice

会社は事務所に大きく依存しているので、下手をすると早期退職が多くなる。

voice

それも退職する5ヶ月前のことで、店長や先輩営業マンに売上が落ちることはありませんでした。

voice

やむを得ないとは思いますが、中途入社1年目の給料の安さを理由に退職した人も多いです。

voice

私の場合は、仕事に対するモチベーションが下がっているので辞めます。

voice

私の前職の営業マン3人全員がこの店員と揉めていて、この店員は部長とつながっていて、前職の営業マンは転勤や退職をしていました。

voice

女性の離職率は男性に比べて高くないので、改善すべきではないでしょうか?辞めていく理由を考えるべきだと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。