共同ピーアールのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 共同ピーアール について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 52.4 29.7 41.0
平均給与(万円/年) 448.6 440.2 50.4
有給休暇消化率 45.9 50.1 48.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

共同ピーアールに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、共同ピーアールと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

キャリアアップした社員が辞めていくからだと思います。

voice

引退してからのここ数年、状況は変わってきているという。

voice

会社自体が男性優位の社会なので、能力に見合った給料が出ないとチームから解放され、引き取ってくれる人がいなくて辞めざるを得なかったケースもありました。

voice

今後は、そのような社員が辞めないような会社づくりが必要である。

voice

できる人とできない人の差は歴然としているのに、給与を含めた評価に結びつかない環境で、できる人だけが損をしていると感じたことが退職の最大の理由でした。

voice

大手のPR会社なので、ある意味仕方がないと思い、もっと小さくて柔軟な職場を求めて退職しました。

voice

私のチームでは、出産を機に復帰した人もいましたが、他のチームではそのまま辞めてしまった人が多かったように思います。

voice

上司に好かれる静かな部署にいれば、早く帰されたり、海外旅行に行ったり、好きなだけお金を使ったり。

voice

不当な評価制度を改善しようとする試みもなく、今後の改善も期待できず、辞任に至った。

voice

産休後に職場復帰するケースはごく最近のことですが、最近では当たり前のようになってきていて、辞める人も少なくなってきています。

voice

慣例では、退職者の数だけ経験者を採用していたが、最近の赤字を補うためにかろうじて採用しているようだ。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。共同ピーアールの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間をコントロールできるわけではないので、仕事が集中すると土日や夜遅くまで働くのが常態化していました。

voice

長時間の残業や無給休日出勤が当たり前になっていて、労働時間の管理をきちんとしないと辞めていく人が続出していました。

voice

定時で帰ってくる人もいれば、何日も夜遅くまで働いている人もいる。

voice

長時間の残業や休日出勤は当たり前なので、家族や子供がいる方は覚悟しておいた方がいいと思います。

voice

時期にもよりますが、どうしても難しい場合は、比較的残業が少ない部署に異動できると思います。

voice

残業は多いですが、裁量次第では早退も可能です。

voice

稀に、忙しいプロジェクトやクライアントにぶつかると、その時間帯はほとんど仕事が終わらず、土日も仕事をしなければならないことがありました。

voice

繁忙期には老若男女を問わず、月100時間以上の残業をする社員が多いが、産業医に積極的に相談し、職場環境の改善に努めている。

voice

長時間の残業は、女性にはちょっと大変そうでしたが...。

voice

あまり良い例ではないかもしれませんが、お昼に来て夜中までいる人もいます。

voice

ここ数年で社員数が100人ほど減った(当時の3分の1程度)にもかかわらず、会社全体の売上ノルマは社員数が減る前よりも高く、場合によっては長時間の残業を強いられています。(サービス残業はゼロではありませんが、出費の悪循環です)。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

個々の体調に合わせて生理休暇などを取得できると働きやすいと思います。

voice

部署やチームにもよりますが、精神的に休む人が一定数いました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。共同ピーアールの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

クオータ制のため、給料の高い上司のいるチームにいると下のものを上げるのが大変でした。

voice

人事制度の方針が何度か変更され、給与体系にはボーナス計算が含まれるようになりました。

voice

中途入社者は入社時に交渉された年俸がベースになっているので、中途入社者が保守的な給料で入社した場合、周りの社員よりも低い給料で働くことになり、頑張っても年俸の見直しがなかったので、それが原因で辞めていく社員もいました。

voice

若手社員は仕事量に比べて給料が低く、年収を上げるのが難しいために疲弊していた。

voice

同業他社に比べて給料が低い印象を受けました。

voice

競合するPR会社と比較しても、給料はかなり低いです。

voice

出勤時にタイムカードを押し忘れると文句なしに給料が減るなど、社員のモチベーションを下げるような融通の利かない点もありました。

voice

当時はノルマ制で、ノルマさえクリアすれば給料はどんどん上がっていきました。

voice

チームによって達成しやすさが違うので、どのチームに配属されるかによって、数年後の給料にも影響してきます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。共同ピーアールはどうでしょうか。

voice

私生活と仕事のバランスは何もなく、ライフワークバランスは最悪の部類に入ると思います。

voice

毎日何時に帰宅するのかわからないのがストレスでした。

voice

ワーカホリックで自己犠牲の精神が強い人には良い職場だと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

逆ギレや悪口は聞いたことがないので、まともな人が多いですね。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ノルマや目標が厳しい会社ではないので、そんなことでストレスを感じることはないと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。