ツーリストエキスパーツのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ツーリストエキスパーツ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 29件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 10.0 29.7 57.8
平均給与(万円/年) 300.0 440.2 42.5
有給休暇消化率 90.0 50.1 61.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

ツーリストエキスパーツに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ツーリストエキスパーツと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ツーリストエキスパーツの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

朝早くて夜遅くて月給は低いですが、働いていた頃よりは改善されているようです。

voice

残業は月100時間以上、休日出勤、繁忙期によっては徹夜もあります。

voice

残業代は出ませんのでご注意ください。

voice

電話応対や情報機器の準備など、仕事に慣れるまでは残業が多いので、慣れるのが楽しい人もいれば、慣れるまでの苦労に耐えられない人や残業の部分が楽しくない人もいるでしょう。

voice

仕事は早朝・深夜に終わりますが、長時間の割には苦になりません。

voice

当時は残業が多く、体力的にきつい時もありましたが、今はだいぶ改善されてきたようです。

voice

日帰りツアーが続くと、早朝や深夜に帰宅しなければならず、そのたびにそのツアーの日報を提出しなければならないので、体力的にはかなりきついです。

voice

会議や精算、残業代などは支給されますが、仕事の内容や大変さに比べれば......。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ツーリストエキスパーツの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

修学旅行シーズン以外では、付き添いの仕事はあまりなく、給料もそれに比例して低い。

voice

堅実だから毎月6万円くらい給料から天引きされてる←これが普通なんだろうな...。

voice

昇給は少し、ボーナスはほとんどありませんでしたが、有給よりも旅行が好きな方なら楽しめると思います。

voice

ボーナスについては、組合があり、その時に会社と交渉していますが、要求した金額を満額出してくれることはほとんどありません。

voice

ボーナスやその他の福利厚生は業績にあまり左右されません。

voice

年数や依頼数に応じてランクが上がるとお給料は上がりますが、ランクが上がると仕事が来なくなることもあるので、年数が増えたからといって良いことではないかもしれません。

voice

他の派遣会社と違い、基本給があり、経験に応じて昇給もありました。

voice

乗らないと給料がもらえないし、仕事が多いと家に帰る時間も寝る時間もない。

voice

海外の方が日給や福利厚生が充実しているので、日本よりも年収は高いと思います。

voice

以前はツアーオペレーターをしていましたが、繁忙期や閑散期はどうしても給料がバラバラになってしまうので、月収が安定しないのが悩みでした。

voice

昇給やボーナスはありませんでしたが、繁忙期(正月やGW)に働いた分だけ特別手当が出ました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

最近では、有給休暇も取得できるようになり、それなりの仕事をしてくれるようになりました。

voice

繁忙期にはほとんど休みを取らずに仕事をしていましたが、逆に閑散期には月単位で休暇を取ることができました。

voice

2ヶ月以上前に休みを申請しないといけないこともあるので、生活のことを考えると計画を立てるのは大変ですが、仕事(ツアー)のスケジュールは早くても1~2週間前にはわかるようになっています。

voice

早めの待機時間があれば前日の夜に泊まることもできますが、休みの日に入っても半日で終わってしまったり、移動時間の関係で休みがなくなってしまうことも多いので、確実に休みを確保したい場合は時間内に申請しないと予定が立てられないこともありました。

voice

休暇を申請しないと、空いている隙間を埋めるように仕事が入ってきて、全く休みがないこともあります。

voice

休日は繁忙期と閑散期で大きく異なります。

voice

オフシーズンには海外への長期休暇を一気に取る人も多いので、自由に働けます。

voice

添乗員なので、繁忙期以外は比較的自由に休みが取れます。

voice

地震や台風などでツアーが中止になった場合は、旅行中のため収入を得ることができません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ツーリストエキスパーツはどうでしょうか。

voice

若い添乗員を捨てやすい社風なのかな、といつも思っていました。

voice

メンタルヘルスは未熟な会社なので、自分たちで立ち上がるしかない。

voice

オフシーズンであれば、定時退社も可能なので、仕事帰りに友人と食事に行くこともできます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

個人的に気に入らないスタッフをあからさまにパワハラする上司もいます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

従業員なんて、退職届を出すときに目を合わせてくれないし、お礼も感謝の言葉も言わない人たちの集まりだからね。

voice

今は結婚して退職していますが、それまでは趣味と実益を兼ねたこの仕事を楽しんでいました。

voice

地方に住んでいて、集合場所や集合場所までタクシーで行かなければならなかったとしても、時間的な負担や経済的な負担を考えると、許可されずに帰ってしまった。

voice

旅行業界の低迷により、非正社員の中には若い世代を中心に条件が悪化している人も多く、退職の波に乗ることができました。

voice

退職を考えているときには、上司や同僚が話を聞いてくれて、今でも人とのつながりを強く感じています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。